bet988

プロジェクト
Research Projects

bet988 防災研究所では、下記のプロジェクトに取り組んでおります。

GSS

博士課程教育リーディングプログラム

概要

本プログラムでは、寶馨教授をプログラムコーディネーターとして、9研究科(教、経、理、医、工、農、情、アジア・アフリカ、地球環境)と3研究所(防災、生存圏、東南ア)が連携し、 安全安心分野における国際的なリーダーの育成を目指しています。本研究所からは10人の教員がプログラム担当者として参画しています。  グローバル生存学は、巨大自然災害、人為災害・事故、地域環境変動、食料安全保障の4分野を含んでいる5年一貫のコースです。 独自の必修科目、各研究科からの提供科目のほか、インターン研修、フィールド実習、学際ゼミナール、国際スクールなどの学びの場とともに、産学連携プロジェクト、国際共同プロジェクトを学生自身が立案し、リーダーの経験も積む機会が用意されています。
>> 【】


bet988「グローバル生存学」5年一貫コースの概要

一覧に戻る

文部科学省受託研究「日本海地震・津波調査プロジェクト」

文部科学省「日本海地震・津波調査プロジェクト」では、2013年9月から8年に渡り日本海の沖合から沿岸域及び陸域にかけての領域で観測データを取得し、日本海の津波波源モデルや沿岸・陸域における震源断層モデルを構築します。また、これらのモデルを用いて津波・強震動シュミレーションを行い、防災対策をとる上での基礎資料を提供するとともに、地震調査研究推進本部の実施する長期評価・強震動評価・津波評価に資する基礎データを提供します。また、津波・地震災害予測に対する社会的要請の切迫性に鑑みて、調査・研究成果にもとづいた防災リテラシーの向上を目指して、地域研究会を立ち上げ、行政・研究者・ライフライン事業者などの間で、日本海とその沿岸の津波・地震災害予測に関する情報と問題意識の共有化を図ります。


>> 【】

文部科学省受託研究「南海トラフ広域地震防災研究プロジェクト」

bet988 将来発生が危惧される南海トラフ巨大地震へ備える研究を理学・工学・社会科学の連携で実施し、地震・津波の被害予測とその対策、発災後の現実的な復旧・復興対策を検討しています。特に内閣府による最大級の地震断層モデルを念頭に、南西諸島海域までの連動発生を考慮に入れて地下構造モデルを求め、津波履歴や地震の広帯域観測からプレート境界のすべり特性の時空間分布を明らかにしています。これらを用いて3次元不均質を含んだ高精度構造モデルから地震発生予測を行い、南西諸島海域まで含んだ震源モデルを構築、地震動と津波のハザードを評価し、防災・減災対策へ活かします。


>> 【】

文部科学省 統合的気候モデル高度化研究プログラム:領域テーマD「統合的ハザード予測」

本研究テーマでは、温暖化と自然災害との関連を科学的に示し、今後どこまで深刻化するのかについて、100年先まで見通すことを目的としています。


>> 【 文部科学省 統合的気候モデル高度化研究プログラム:領域テーマD「統合的ハザード予測」

文部科学省 次世代火山研究人材育成総合プロジェクト:火山災害対策技術の開発 課題D-2「リアルタイムの火山灰ハザード評価手法の開発」

火山灰のリモートセンシング観測と火山周辺の風の観測を、従来型の火山観測及び降灰観測と結合させることにより、火山灰ハザードの予報的及び即時的評価のための技術開発を行う。さらに、噴火発生前の確率的降灰予測の技術開発を目指します。


>> 【 文部科学省 次世代火山研究人材育成総合プロジェクト公式サイト

bet007足球比分 bet98_bet游戏_bet8 bet007足球即时比分 新2网址新2足球网址大全外围足球滚球bet开户bet36在线开户