bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com Mon, 29 Jun 2020 07:03:55 +0000 ja hourly 1 http://wordpress.org/?v=5.4.2 bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/13482/ http://i8house3g.com/news/13482/#respond Fri, 19 Jun 2020 14:09:44 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=13482 下記の通り、7月3日(金)に第36回総合防災セミナーを開催します。ご関心のある方は、奮ってご参加下さい。
 
日時:
2019年7月3日(金)15:00 – 17:30
事前参加登録
本セミナーはZoomを通して開催します。参加希望の方は、下記より事前参加登録を7月1日までに行ってください。
http://forms.gle/EtHU592Dd3jD9UEp9
 
Language: English
Speaker:Prof. Chiung-wen Julia HSU, College of Communication, National Chengchi University, Taiwan(國立政治大學傳播學院・京都大学防災研究所巨大災害研究センター客員教授)
 
Title “Living with it: Our Daily Life in the Post-COVID 19 Era in Taiwan.”
 
The abstract:
Taiwan was predicted to be one of the countries most affected by the Coronavirus due to its proximity to China and frequent interactions between the two ones. Because of the painful lessons from SARS in 2003, the Taiwan government and people have high alert early on. In addition, the democratic mechanism ensures transparency and honesty, with which Taiwan has implemented prevention measures in fighting disease successfully. Until 6/17, infection with COVID-19 was laboratory-confirmed in 445 cases in Taiwan, 354 imported and 55 indigenous. Of the confirmed cases, there have been 7 deaths. On 6/7, the restrictions of social distancing have been lifted and Taiwan is now entering the post-COVID19 era. This presentation will introduce the rapid responses of the government, community, and citizens as well as the life after loosening the restrictions. The implications of disaster risk reduction will be also provided.
 
Dr. Julia Chiung-wen HSU
bet988 Hsu is a professor at National Cheng Chi University, Taiwan. Hsu earned her Ph.D. degree in communication at SUNY-Buffalo in 2003. As a former TV journalist with the China Television Company, Hsu covered many earthquakes, typhoons, and traumatic accidents. Thus, her research interests span broadcasting journalism, trauma and journalism, disaster and communication interdisciplinary study. Dr. Hsu has published journal articles in Natural Hazards, Disaster Prevention and Management, Cyberpsychology, Behavior, and Social Networking, Hermes, Online Information Review, Mass Communication Research, etc. She is also awarded several fellowships, including Fulbright Senior Scholar, Japanese Studies Fellowship from Japan Foundation, Dart Academic Fellowship from Columbia University, and Research Fellowship, from Kyoto University and the University of Tokyo. Professor Hsu’s efforts do not focus on academic research only. She participates in community work with her research findings and puts the theory into practice.

]]>
http://i8house3g.com/news/13482/feed/ 0
bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/13033/ http://i8house3g.com/news/13033/#respond Wed, 13 Nov 2019 01:01:17 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=13033 ■研究集会名称:

bet988土地利用マネジメントに着目した洪水リスク管理の学際的検討

 

■開催日時:

2019年12月18日(水)10時00分 ~ 16時30分 (一般公開プログラム)

 

■開催場所:

京都大学宇治キャンパス http://i8house3g.com/maps/

全体会場:防災研究所 連携研究棟301号室(大セミナー室)【最大120名】

bet988ワークショップ会場:4会場:連携研究棟301号室(2グループ)、連携研究棟201号室、S-207号室

 

■参加申込:

準備の都合上、ご参加くださる方は12月10日までにメールでお知らせください(すでに出席をご連絡くださっている方を除く)。

risk_meeting@flood.dpri.kyoto-u.i8house3g.com

 

■研究集会の背景・目的

  • 気候変動への適応策として、土地利用マネジメント、つまり「土地利用計画にもとづき、土地の整備・開発・保全、土地利用の規制・誘導を総合的に管理・実施すること」により、洪水リスクの軽減を図ることが重要である。建築物の規制・誘導などを含む土地利用規制(以下、「土地利用・建築規制等」)の考え方そのものは、1970年代においてその重要性が指摘され、総合治水対策として、一部の河川流域で実施されている。しかし、近年頻発する大規模水害は、土地利用・建築規制等による洪水リスク管理の実効性が低い水準にあることを如実に示している。
  • 土地利用マネジメントは、本来、洪水リスク軽減のみを目的に導入されるものではない。多様な社会的価値をふまえ、洪水リスク管理の目標とそれ以外の社会的な目標をどのように調整して実現していくか、そのために都市・地域計画と洪水リスク管理はどのように連携したらよいのか。こういった視点での検討が十分になされていないことが、土地利用・建築規制等を含む土地利用マネジメントによる洪水リスク管理の実効性を阻害する本質的な要因であると考える。
  • 本研究集会の目的は、土地利用マネジメントによる洪水リスク管理の現状を学際的に検討し、研究面および実践面の課題を明確にすることである。

 

■研究集会の概要:

  • 河川工学、都市計画、公共政策、行政法など多様な専門分野の参加者が、多様な社会的価値を反映した洪水リスク管理の目標、都市・地域の総合的な将来ビジョンと洪水リスク管理の関係、土地利用マネジメントと連携した洪水リスク管理の方法などの視点で討議する。

 

■プログラムの概要:

9:30 受付開始

10:00~10:10 オープニング

bet98810:10~10:40 基調講演「立地適正化計画と洪水リスク管理(仮)」大沢 昌玄 氏(日本大学理工学部土木工学科 教授)

bet98810:40~10:50 質疑応答

bet98810:50~11:00 休憩

11:00~12:00 洪水リスク管理と土地利用マネジメントの連携:論点の提示

12:00~13:20 昼食休憩

13:20~13:30 ワークショップの説明

bet98813:30~15:00 ワークショップ「洪水リスク管理と土地利用マネジメントの連携:今後取り組むべき重点課題」(4グループに分かれて実施)

グループC:コミュニティベースでの対話と合意形成のプロセス

bet988グループD:地域の総合的なレジリエンスの向上

グループE:総合的なまちづくり・地域づくりとの連携

グループF:都市・地域計画における土地利用マネジメントのあり方

15:00~15:20 休憩

15:20~16:20 全体討議「洪水リスク管理と土地利用マネジメントの連携:まとめと提言」

16:20~16:30 クロージング

 

■実行コアメンバー:

中村 仁:  芝浦工業大学システム理工学部環境システム学科 教授

佐山 敬洋: 京都大学防災研究所 准教授

大西 正光: 京都大学防災研究所 准教授

清水 美香: 京都大学総合生存学館 特任准教授

Florence LAHOURNAT: 京都大学防災研究所 講師

bet988野原 大督: 京都大学防災研究所 助教

 

 

]]>
http://i8house3g.com/news/13033/feed/ 0
bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/13001/ http://i8house3g.com/news/13001/#respond Mon, 11 Nov 2019 23:51:08 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=13001 下記の通り、11月22日(金)に第33回総合防災セミナーを開催します。ご関心のある方は、奮ってご参加下さい。
 
日時:
2019年11月22日(金)15:00 – 17:30
場所:
宇治キャンパス本館・防災研究所S-519D
 

Speaker:
Dr. Hamilton Bean
Associate professor in the Department of Communication at the University of
Colorado Denver
 

Title: “Does Japan Have a Problem with Mobile Public Alert and Warning?”
 

Abstract:
Recent events in the United States have vaulted the issue of mobile public
alert and warning into the headlines. A false ballistic missile alert in
Hawaii in 2018, the absence of mobile messages during the devastating 2017
and 2018 wildfire seasons in California, and public confusion about the use
of new systems and technologies have led to changes in public policy and
organizational practice. This project therefore examines whether Japan also
has a problem with mobile public alert and warning. If so, is the problem
similar to or different from those that have confronted the United States
and other countries? If not, what does Japan do differently that allows it
to avoid such problems? The presentation discusses evidence for and against
the existence of a problem, charting a way forward for further
investigation and improved mobile public alert and warning globally.
 

About Prof. Hamilton Bean:
Hamilton Bean, Ph.D., is an associate professor in the Department of
Communication at the University of Colorado Denver specializing in
organizational communication. He is also the Director of the International
Studies Program. His research intersects the fields of organizational
discourse and security. From 2001 to 2005, he served in management
positions for a Washington, DC-based provider of analytical support
services to U.S. and international clients in government and industry.
Since 2005, he has been affiliated with the National Consortium for the
Study or Terrorism and Responses to Terrorism (START) – a U.S. Department
of Homeland Security Center of Excellence based at the University of
Maryland. His research has been published in Rhetoric & Public Affairs,
Intelligence and National Security, International Communication Gazette,
Southern Communication Journal, Homeland Security Affairs, Journal of
Homeland Security and Emergency Management, and the International Journal
of Intelligence and CounterIntelligence. He has won awards for scholarship
from the National Communication Association and the Western States
Communication Association. He earned the College of Liberal Arts & Sciences
Annual Award for Excellence in Service and Leadership in 2017 and the
College of Liberal Arts & Sciences Annual Award for Excellence in Research
and Creative Activities in 2018. He is currently a guest professor at the
bet988 Center for Disaster Reduction System at DPRI, Kyoto University.

]]>
http://i8house3g.com/news/13001/feed/ 0
bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/12904/ http://i8house3g.com/news/12904/#respond Fri, 25 Oct 2019 07:24:50 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=12904 本研究所の教員からも2つのテーマについて講演します。どなたでもご参加いただけますのでお気軽にお越しください。(第2部の懇親会は会費制)
 
日 時:令和元年11月22日(金) 14:00~19:00
場 所:宇治キャンパス 防災研究所連携研究棟3F 大セミナー室
 
主 催:京都大学宇治キャンパス産学交流企業連絡会・京都府中小企業技術センター・(公財)京都産業21
共 催:京都大学防災研究所・京都やましろ企業オンリーワン倶楽部
協 力:宇治市
 
定 員:60名(先着順・定員に達し次第、最終11月21日締め切り)   
事前申込が必要です。申込方法等詳細は、をご参照ください。
 
参加費:
 第1部:無料
 第2部:企業連絡会員 2,000円  会員外 5,000円(参加費は講演会場受付で徴収します。)
 

【 プログラム 】
<第1部> 講演会・施設見学 14:00~17:15
・研究シーズ
 「GNSS地殻変動観測データから見た南海トラフ巨大地震と内陸地震」
    西村卓也 准教授
 
 「街区スケール数値シミュレーションによる都市での暴風リスクの評価」
    竹見哲也 准教授 
 
・企業紹介
 「気象情報を活用したソリューションサービスの動向」            
    株式会社 気象工学研究所 取締役 高田 望 技術部長
 
 ・施設見学
  ・地震予知研究センターテレメーター室
  ・境界層風洞実験室
 
<第2部> 懇親会 17:30~19:00
bet988  場所:カフェレストランきはだ (要参加費)

]]>
http://i8house3g.com/news/12904/feed/ 0
bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/12769/ http://i8house3g.com/news/12769/#respond Tue, 01 Oct 2019 01:53:46 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=12769 開催日:2019年10月7日(月)11:00~18:00
場 所:京都大学宇治キャンパス
会 場:宇治おうばくプラザ きはだホール他
 
プログラム [敬称略、1話題/15分(但し*は10分)]
 
開会のあいさつ(東大・住先生)
 
0)温暖化関連プロジェクト進捗紹介 (11:00-12:00)
 テーマD:京大・中北
 テーマC:気象研・高薮
 テーマA:JAMSTEC・建部
 SI-CAT:JAMSTEC・石川

 
1)行政の動き (12:00-12:25)
 気候変動評価レポート2020 :気象庁・藤本
 風水害に関する行政の動き* :京大・中北
 
(お昼休憩) (12:25-13:20)
 
2)モデル開発・シナリオランの状況 (13:20-15:20)
 MRI-AGCM,CGCM:気象研・石井
 NHRCM:気象研・村田
 CReSS:名大・坪木
 MIROC6:JAMSTEC・建部
 河川影響評価モデル: 京大・田中智
 陸面モデル:京大・萬
 波浪・海洋:京大・志村
 バイアス補正:東大・渡部
 
(休憩) (15:20-15:35)
 
3)過去ハザード・影響評価、D/A、E/A研究 (15:35-17:05)
 H30年7月豪雨・洪水:気象研・川瀬
 H30年7月豪雨・洪水:京大・小坂田
 H30年台風21号強風・高潮:京大・竹見
 北海道地方における水分野の気候変動予測:北大・稲津
 H30年7月熱波:気象研・今田
 
4)IPCC AR6レポート情報 (17:05-17:25)
 WGI* :気象研・高薮
 WGII* :JAMSTEC・石川
 
閉会のあいさつ(東大・木本先生,元国環研 原澤先生)
 

]]>
http://i8house3g.com/news/12769/feed/ 0
bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/12732/ http://i8house3g.com/news/12732/#respond Wed, 18 Sep 2019 00:49:36 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=12732 日時:  10月5日(土) 15時~17時
場所:  宇治キャンパス 宇治地区研究所本館 S-519D [宇治キャンパス以外の所属学生のために、正門横のウッドデッキ(セブンイレブン上)から続く本館3階の自動扉を開錠してあります]
 
講演タイトル:
メキシコ・ゲレロ州の津波防災体制と防災教育の取り組み
Tsunami disaster prevention institutions and Tsunami disaster education in Guerrero, Mexico
 
講演者:
Rafael Valdovinos Soberanis
メキシコ合衆国・ゲレロ州シワタネホ・デ・アスエタ市防災局・危機管理部門長
 
Marco Cesar Mayares Salvador
メキシコ合衆国・ゲレロ州防災局・防災局長
 
使用言語:スペイン語(日本語への通訳あり)

 

]]>
http://i8house3g.com/news/12732/feed/ 0
bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/12795/ http://i8house3g.com/news/12795/#respond Mon, 02 Sep 2019 02:37:07 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=12795  施設公開ツアーでは、桜島島内の施設を巡ります。普段入れない坑道に入り、観測機器を見学し、観測室から山頂を望みます。火口が間近に見える観測室では、タイミングが合えば噴火を見ることができます。講演会では桜島火山の最新の研究成果を知ることができます。体験会では、火山観測を体験できます。

今年は講演会と体験会も開催しますので、是非ご参加ください。

bet988※ 「京大ウィークス2019」の関連イベントとして開催します。

開催日
  • 2019年10月26日 土曜日 〜 2019年10月27日 日曜日
時間 【施設公開ツアー】10月26日(土曜日)9時00分~12時30分、13時30分~17時00分
【講演会】10月26日(土曜日)14時30分~16時30分
【体験会】10月27日(日曜日)13時30分~17時00分
【観測所見学会】10月26日(土曜日)9時00分~17時00分、10月27日(日曜日)9時00分~12時30分
開催地 防災研究所 桜島火山観測所(鹿児島市桜島横山町1722-19)
【アクセス】
桜島フェリー桜島港ターミナルより徒歩10分
対象 どなたでも参加いただけます。
定員 【施設公開ツアー】午前の部、午後の部各40名
【体験会】20名
【講演会】、【見学会】定員なし
参加費 無料
申し込み 【施設公開ツアー】事前申し込み
【体験会】当日申し込み
【講演会】、【見学会】申し込み不要施設公開ツアーは、事前に電話、Faxまたはメールでお申し込みください。
【申し込み先】
Tel: 06-6535-8426(電話受付時間: 平日10時00分~17時00分(土曜・日曜・祝日は受付していません))
Fax: 06-6535-8648
E-mail: tour*svo.dpri.kyoto-u.i8house3g.com (*を@に変えてください)
施設公開ツアー専用の申し込み先です。問い合わせ先と異なりますのでご注意ください。ツアー内容については問い合わせ先にお願いします。
※ 申し込み開始: 2019年9月17日(火曜日)~
※ 体験会は、10月27日(日曜日)に桜島火山観測所にて直接お申し込みください。
申し込み締切日 2019年10月24日(木曜日)
※ 定員になり次第、締め切ります。
問い合わせ 防災研究所 桜島火山観測所
Tel: 099-293-2058
E-mail: weeks*svo.dpri.kyoto-u.i8house3g.com (*を@に変えてください)
関連リンク
]]>
http://i8house3g.com/news/12795/feed/ 0
bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/12789/ http://i8house3g.com/news/12789/#respond Mon, 02 Sep 2019 02:28:40 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=12789 地震・地殻変動に関する研究拠点である宮崎観測所で、ミニ講座と施設見学会を行います。教科書には載っていない地球科学の魅力を身近に感じることができるこの機会に参加してみませんか。大学院生との交流の場もあるので、大学生活などの話も聞くことができます。
 
※ 「京大ウィークス2019」の関連イベントとして開催します。

開催日
  • 2019年10月21日 月曜日 〜 2019年10月22日 火曜日(祝日)
時間 10月21日(月曜日)13時00分~16時30分
10月22日(火曜日・祝日)13時00分~16時30分 ※中高生のみ(引率者・保護者の同伴は可)
開催地 防災研究所 宮崎観測所(宮崎市加江田3884)
【アクセス】
無料送迎タクシーあり
往路:JR「木花」駅から宮崎観測所まで運行
復路:宮崎観測所からJR「南宮崎」駅まで運行(途中のJR各駅にて下車が可能です。)
※ 可能な限り送迎タクシーをご利用ください。
※ 観測所の駐車スペースが狭いため、車での来所を希望される場合は必ず申し込み時にご申告ください。
対象 中学生以上
定員 両日ともに25名(申し込み必要)
参加費 無料
申し込み 以下のURLよりお申し込みください.

※ 申し込み開始:2019年9月1日(日曜日)~

申し込み締切日 9月30日(月曜日)
※ 定員になり次第、締め切ります。
問い合わせ テレビ宮崎商事(運営委託先)
Tel: 0985-27-8980
Fax: 0985-27-8994
]]>
http://i8house3g.com/news/12789/feed/ 0
bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/12784/ http://i8house3g.com/news/12784/#respond Mon, 02 Sep 2019 02:28:21 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=12784  急峻な四国山地や、巨大地すべり(怒田・八畝)をはじめとする特徴的な三好市周辺の地質・地形がどのようにしてできたのかが理解できる地質学的な証拠となる場所(ジオサイト)を見学します。さらに研究の最前線で用いられている最先端の調査技術や、世界で発生するさまざまな地すべり災害を学ぶ講義も予定しています。移動はマイクロバスで行います。

※ 「京大ウィークス2019」の関連イベントとして開催します。

開催日
  • 2019年10月12日 土曜日
時間 9時00分~17時00分
開催地 徳島地すべり観測所(徳島県三好市池田町州津藤ノ井492-1)およびその周辺
【アクセス】
JR土讃線「阿波池田」から送迎バスを利用可(無料)
※ 観測所に駐車スペースはありませんのでご注意ください。
対象 小学生以上(小学生以下は保護者同伴。野外活動が主なので、軽いハイキングが可能な方。)
定員 20名(申し込み必要)
参加費 無料
申し込み 詳細は、下記「関連リンク」Webサイトにてご確認のうえ、メール、または電話でお申し込みください。
※ 申し込み開始: 2019年9月2日(月曜日)~
申し込み締切日 2019年10月7日(月曜日)
※定員になり次第、締め切ります。
問い合わせ 防災研究所 斜面災害研究センター(担当: 山崎)
Tel: 0883-72-1075
E-mail: yamasaki.shintaro.3m*kyoto-u.i8house3g.com (*を@に変えてください)
関連リンク
]]>
http://i8house3g.com/news/12784/feed/ 0
bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/12783/ http://i8house3g.com/news/12783/#respond Mon, 02 Sep 2019 02:25:12 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=12783 潮岬風力実験所と白浜海象観測所のイベントを合同開催します。

※ 「京大ウィークス2019」の関連イベントとして開催します。

開催日
  • 2019年10月05日 土曜日
時間 10時00分~12時00分
開催地 防災研究所 潮岬風力実験所(和歌山県東牟婁郡串本町潮岬3349-134)
【アクセス】

JR「串本」から串本町コミュニティバス「潮岬方面行き」乗車、「潮岬公民館前」下車 徒歩10分自動車でお越しの場合は、実験所Webページのアクセスマップをご参照ください。カーナビでは「潮岬幼稚園」を目的地にご入力ください。
対象 どなたでも参加いただけます。
定員 両イベント合わせて合計20名(申し込み必要)
詳細等

潮岬風力実験所

<大気観測の実体験>

bet988風船に取り付けたラジオゾンデによる上空の大気状態の観測を実体験します。潮岬風力実験所で観測している気象測器のデモンストレーションや過去の台風の観測事例の紹介もします。また、風力発電実験キットを作成して、身近な風計測を体験します。

白浜海象観測所

<温度計測機器の紹介>

現地観測で使用する「温度計測機器(気温、水温)」についての紹介、説明を行います。また、白浜海象観測所で展開している観測設備や観測結果、特に2018年の台風21号、24号による強風、高波浪の観測結果なども紹介します。

参加費 無料
申し込み 参加希望人数、連絡先を記入の上、下記アドレスまでメールにてお申し込みください。
【申し込み先】
E-mail: swel*uh31.dpri.kyoto-u.i8house3g.com (*を@に変えてください)
※ 申し込み開始: 2019年9月1日(日曜日)~
申し込み締切日 2019年9月7日(土曜日)
※ 定員になり次第、締め切ります。
問い合わせ 潮岬風力実験所
E-mail: swel*uh31.dpri.kyoto-u.i8house3g.com (*を@に変えてください)
関連リンク
]]>
http://i8house3g.com/news/12783/feed/ 0
bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/12780/ http://i8house3g.com/news/12780/#respond Mon, 02 Sep 2019 02:19:49 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=12780 特別講演シリーズでは、余震観測結果や地震によって見えてきた防災の課題など、地震学と防災学の両面から平成30年大阪府北部地震に迫ります。また、施設公開では、近代測量150周年を記念して、観測所が所有する歴史的な測量機器の展示等を行います。

※ 「京大ウィークス2019」の関連イベントとして開催します。

開催日
  • 2019年11月09日 土曜日 〜 2019年11月10日 日曜日
時間 10時00分~16時00分
開催地 防災研究所 阿武山観測所(大阪府高槻市奈佐原944)
【アクセス】
JR「摂津富田」より、高槻市営バス「公団阿武山」行き「大阪薬科大学」下車 徒歩30分
※ JR「高槻」より送迎車を運行
※ 自家用車での来所はご遠慮ください。
対象 【特別講演】中学生以上
【施設公開】どなたでも参加いただけます。
定員 【特別講演】各回80名
【施設公開】定員なし
詳細等

特別講演 「平成30年大阪北部地震その後」

11月9日 10時30分~11時20分 「地震を観測することの意義」
14時00分~14時50分 「大阪府北部地震の余震を観測する」
11月10日 10時30分~11時20分 「大阪府北部地震の被害の特徴と防災の課題」
14時00分~14時50分 「大阪府北部地震後の高槻における取り組み」

施設公開 11月9日(土曜日)、10日(日曜日) 10時00分~16時00分

bet988歴代の地震計や測地機器をはじめ、観測所で現有している各種の設備や機器をご覧いただけます。

参加費 無料
申し込み 不要
問い合わせ 防災研究所 阿武山観測所
E-mail: weeks*abuyama.com (*を@に変えてください)
関連リンク
]]>
http://i8house3g.com/news/12780/feed/ 0
bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/12677/ http://i8house3g.com/news/12677/#respond Thu, 22 Aug 2019 04:54:56 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=12677

気象水文リスク情報(日本気象協会)研究分野 第Ⅱ期
第1回 成果報告会


 
日時:令和元年10月8日(火) 14:00 – 17:05
場所:京都大学宇治キャンパス 防災研究所連携研究棟3F 大セミナー室
※事前参加申し込みが必要です(申込締切:9/20)。 
>> 申込方法等詳細は、こちらをご覧ください。
 
プログラム 
(司会進行) 竹之内 健介 特定准教授・志村 智也 特定助教

 
14:00-14:05 開会の挨拶
 防災研究所 所長 橋本 学 教授
 
14:05-14:15 寄附研究部門の研究計画について
 佐々木 寛介 特定准教授
 

14:15-14:45 豪雨災害のポテンシャル評価について
 本間 基寛 特任助教
 

14:45-15:15 気候変動と波浪の関係について
 志村 智也 特定助教
 

15:15-15:30    - 休憩  -(集合写真撮影)
 

15:30-16:00 ドローンによる大気環境観測の新展開
 佐々木 寛介 特定准教授
 

16:00-16:30 水害対応における「いつ」を巡る議論
 竹之内 健介 特定准教授
 

(特別講演)

16:30-17:00 気象×AI,気象×需要予測
 鈴木 靖 日本気象協会CTO
 

17:00-17:05 閉会の挨拶
 気象水象災害研究部門 部門長 中北 英一 教授
 

17:30-    交流会

]]>
http://i8house3g.com/news/12677/feed/ 0
bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/12570/ http://i8house3g.com/news/12570/#respond Mon, 08 Jul 2019 06:45:43 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=12570 10 月19 日(土)・20 日(日)に開催する、京都大学宇治キャンパス公開2019「探そう社会を科学で考える鍵」へ、当研究所からは、以下の特別講演・公開ラボが参加します。

 

 

◆特別講演会

10 月19 日(土)宇治おうばくプラザ1 階 きはだホール 15:15 ~ 15:55

 

「2018 年 台風21 号による強風被害」 教授丸 山 敬

 

 

◆公開ラボ

宇治キャンパス会場: 19 日(土)・20 日(日) 9:30 ~ 16:30 *実施時間帯はラボによ

り異なります

  • 防災スタンプラリー:サバQ
  • 斜面災害研究の最先端:地震時地すべり再現試験
  • 来て・みて・感じて 水資源
  • 切って編んで学ぶ:ペーパークラフト地震学
  • 地球儀を作ろう!~あの日のお天気は?~
  • 飛ばせ気球!見つめろ地球!-空を診察して豪雨の予測に役立てます-
  • ジオハザード:学んでわかる地形・地質・地下水と地すべり災害
  • 遠心力載荷装置を用いた液状化地盤の公開実験
  • 近畿の地震と活断層を探る

 

宇治川オープンラボラトリー会場: 20 日(日)10:00 ~ 16:00 *事前予約者のみ見学可

  • 災害を起こす自然現象を体験する

 

 

 

キャンパス公開全般、また詳細については、下記リンク先をご覧ください。

 

 

]]>
http://i8house3g.com/news/12570/feed/ 0
bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/12567/ http://i8house3g.com/news/12567/#respond Mon, 08 Jul 2019 04:32:58 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=12567 2019年度の研究発表講演会は、2020年2月20日(木)・21日(金)開催予定です。
 
詳細は、公式サイト http://i8house3g.com/hapyo/20/index.html をご覧ください。

]]>
http://i8house3g.com/news/12567/feed/ 0
bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/12549/ http://i8house3g.com/news/12549/#respond Mon, 08 Jul 2019 02:50:54 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=12549 京都大学防災研究所は、日本地震学会と共催で以下の一般公開セミナーを開催いたします。

一般市民向けに分かりやすくお話いただけると思いますので、ぜひお近くの方にもご案内いただければ幸いです。

なお、座席に余裕がある場合は当日受付も可能ですが、資料準備のため、事前にウェブサイトで登録していただけると助かります。

どうぞよろしくお願いします。

 

 

  • 日 時:2019年9月15日(日) 13:00 ~ 16:30
  • 場 所:キャンパスプラザ京都 5F第1講義室
  • テーマ:「平成の大被害地震を振り返る」
  • プログラム:
    • 「1995年兵庫県南部地震と西南日本の地震活動期」
      京都造形芸術大学 学長 尾池和夫
    • 「東日本大震災が地震学に与えた衝撃と教訓」
      東北大学大学院理学研究科 教授 松澤暢
    • 「西南日本の地殻変動と熊本地震」
      京都大学防災研究所 准教授 西村卓也
  • 申 込:以下のウェブサイトより9月8日(日)までにお申し込みください。
     ※先着250名で締め切りますが、座席に余裕がある場合は当日受付も可能です。
  • イベントHP:

 

 

]]>
http://i8house3g.com/news/12549/feed/ 0
bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/12544/ http://i8house3g.com/news/12544/#respond Fri, 05 Jul 2019 03:20:11 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=12544

京都大学防災研究所公開講座(第30回)
災害を事前に管理する――被災してもしなやかに生きるための備え

 

bet988平成の30年間に甚大化したように感じられる災害を振り返りながら、被災してもしなやかに生きるための備えとして、自助だけではなく共助をも考慮して災害の事前・事中・事後における対応を予め想定することや、被災する頻度とその影響を見据えて災害を事前に管理することの重要性についてお話しします。

【プログラム】

にて講演の録画映像をご覧になれます。

 

◆下記の講演タイトルのリンクから講演資料・講演映像をご覧になれます。

10:00~10:05 開会の挨拶(所長 橋本 学)
10:05~11:05 教授 釜井俊孝 「未災の地盤――それは想定外ではない」 【】
11:05~12:05 教授 池田芳樹 「建物側の自助努力――耐震・免震・制震(振)」 【】
12:05~13:20 (昼 休 み)
13:20~14:20 教授 中川 一 「最近の異常な水害について――発生のメカニズムと今後の防災・減災」 【】
14:20~15:20 准教授 大西正光 「予想通りに不合理――なぜ、ヒトはいつも後悔するのか?」 【】
15:20~15:40 (休  憩)
15:40~16:25 総合討論(司会:教授 松島信一)
16:25~16:30 閉会の挨拶(副所長 石川裕彦)

 

  


 

  • 日 時: 2019年9月24日(火) 10時~16時30分
  • 場 所: キャンパスプラザ京都 5階第1講義室(京都駅北側)
  • 入場料: 無料
  • 対 象: 高校生・一般・専門家
  • 定 員: 270名(要事前申込み)
  • 備 考: 本講座は、土木学会認定CPDプログラムです
  • 本公開講座チラシ: こちらからダウンロードください

【申込み】

電子メールまたは往復ハガキ、またはから、

  1. 氏名
  2. ふりがな
  3. 所属(勤務先または学校名)
  4. 今後のイベント案内(防災研メールマガジン配信)の要・不要

bet988を明記して下記へお送りください。9月17日(火)必着

  • ハガキ送付先: 〒611-0011京都府宇治市五ケ庄 京都大学宇治地区事務部 研究協力課拠点支援掛
  • 電子メール送付先: kokai01@dpri.kyoto-u.i8house3g.com

*受付は先着順とし、返信メールまたはハガキにて受講受付の通知をします。なお、定員を超えた場合は、受講をお断りすることがあります。

 


【問合せ】

京都大学宇治地区事務部 研究協力課拠点支援掛 kokai01@dpri.kyoto-u.i8house3g.combet988 0774-38-3350

 

 

]]>
http://i8house3g.com/news/12544/feed/ 0
bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/12523/ http://i8house3g.com/news/12523/#respond Wed, 03 Jul 2019 02:48:01 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=12523

第56回自然災害科学総合シンポジウム
― 頻発・甚大・広域化した 2018 年の自然災害を振り返って ―


 
主催: 京都大学防災研究所自然災害研究協議会
日時: 令和元年9月11日(水)11時00分~16時40分
場所:
参加費:無料
備考:本シンポジウムは、土木学会認定CPDプログラムです。
 
※プログラム等の詳細は、こちら
 
シンポジウムに参加をご希望の方は、お名前,ご所属を
 
「 shizensaigai@dpri.kyoto-u.i8house3g.com 」
  ※@は半角の@に置き換えて下さい。
 
までお知らせください。

 
(準備の都合上、事前申込にご協力ください。当日参加も可能です。)

]]>
http://i8house3g.com/news/12523/feed/ 0
bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/12423/ http://i8house3g.com/news/12423/#respond Mon, 03 Jun 2019 01:10:28 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=12423 日時:  6月7日(金) 15:30-17:00
場所:  宇治キャンパス 宇治地区研究所本館 巨大災害研究センター中会議室(N-441D)
 
講演タイトル/講演者:
「日本における災害ボランティアと組織論的課題 」/大門大朗(京都大学防災研究所 巨大災害研究センター 特別研究員)
 

使用言語:日本語
 

]]>
http://i8house3g.com/news/12423/feed/ 0
bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/12339/ http://i8house3g.com/news/12339/#respond Mon, 27 May 2019 03:22:50 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=12339 当研究所と医学部附属病院とが連携して、当研究所の社会防災研究部門に新たに地域医療BCP連携研究分野が発足、2019年5月1日付で教員が配置されました。これを記念してシンポジウムを開催します。

 

 

地域医療BCP連携研究分野 設置のねらい

災害時の医療機能の維持が現在、新たな課題となっています。熊本地震・大阪北部地震・北海道胆振東部地震では病院機能が停電・被災することにより、大規模な入院患者の転院が行われるという事態が発生しました。熊本地震の反省を踏まえ厚生労働省は災害拠点病院に対して病院BCP作成の義務化を行う等、災害時の医療機能の維持は非常に重要な課題となっています。

bet988総合防災学の共同利用・共同研究拠点である防災研究所、災害拠点病院である医学部附属病院が共同で地域医療BCP連携研究分野を設置しました。地域医療BCP連携研究分野では災害発生直後の超急性期の災害医療の確保、その後の地域単位での医療体制維持を可能とする医療システムの構築、地域医療BCPについて下記のような研究を行います。

  1. 災害時の医療機関における業務継続性に関する評価手法の開発
  2. 災害時の地域医療連携のための情報共有システムの開発
  3. 地域医療BCP構築手法の開発

 

地域医療BCP連携研究分野設立記念シンポジウム「地域医療BCP連携研究分野がめざすもの」

プログラム

 

  •  開会の挨拶(14:00-14:10)
    • 橋本学(京都大学防災研究所長)
    • 岩井一宏(京都大学大学院医学研究科長)
    • 平井豊博(京都大学医学部附属病院 副病院長)

第1部

  • 新分野がめざすもの(14:10-14:20)
    • 牧紀男・小池薫(京都大学防災研究所地域医療BCP連携研究分野 教授)
  • 基調講演(14:20-15:10)「新たな災害医療の姿」
    • 茅野龍馬 先生(WHO神戸センターテクニカル・オフィサー )

第2部

  • パネルディスカッション(15:20-16:55)「災害時の医療継続のために〈災害医療から医療機能継続へ〉」
    • コーディネーター
      • 倉田真宏・大鶴繁(京都大学防災研究所地域医療BCP連携研究分野 准教授)
    • パネリスト
      • 矢口正宏(株式会社内藤建築設計事務所 執行役員)
      • 森元正純(京都市行財政局防災危機管理室 危機管理監)
      • 池内淳子(摂南大学理工学部建築学科 教授)
      • 黒田知宏(京都大学医学部附属病院医療情報企画部 教授)
      • 鈴木教雄(NTTデータ経営研究所 シニアマネージャー)

 

  • 閉会の挨拶(16:55-17:00)
    • 牧紀男(京都大学防災研究所地域医療BCP連携研究分野 教授)

 

]]>
http://i8house3g.com/news/12339/feed/ 0
bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/12300/ http://i8house3g.com/news/12300/#respond Tue, 21 May 2019 01:54:24 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=12300 京都大学理学研究科地球惑星科学専攻修士課程入試説明会(京都会場)を、以下の要領で行います。

 

◆京都会場
  • 2019年6月8日(土)10:30-12:30
  • 京都大学理学研究科6号館3階301号室
  • 午後(14:00-16:00)には、宇治キャンパスでの見学会・説明会も行います。

詳しくは、案内ページ(下記リンク先)をご覧ください。

bet9885月26日(日)12:30-13:30には、幕張会場でも説明会を実施します。

]]>
http://i8house3g.com/news/12300/feed/ 0
bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/12297/ http://i8house3g.com/news/12297/#respond Tue, 21 May 2019 01:47:58 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=12297 京都大学理学研究科地球惑星科学専攻修士課程入試説明会を、以下の要領で行います。
◆幕張会場
  • 2019年5月26日(日)12:30-13:30
  • 幕張メッセ国際会議場2階201B号室

詳しくは、案内ページ(下記リンク先)をご覧ください。

なお、6月8日(土)10:30-12:30には京都会場(京都大学理学研究科6号館3階301号室)にて説明会を実施します。午後(14:00-16:00)には、宇治キャンパスでの見学会・説明会も行います。

]]>
http://i8house3g.com/news/12297/feed/ 0
bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/12197/ http://i8house3g.com/news/12197/#respond Wed, 08 May 2019 00:37:41 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=12197 社会防災研究部門・地震リスク評価高度化(阪神コンサルタンツ)寄附研究分野では、下記の要領で研究室の平成30年度の成果報告と最新の関連研究動向に関する招待講演で構成されたワークショップを開催します。奮ってご参加ください。

bet988なお終了後に懇談会を予定しておりますのでそちらも是非ご参加ください。懇談会につきましては参加いただける場合には事前に川瀬までご連絡いただけると幸いです(下記問合先参照)。

bet988関連研究者や研究室の学生さんにもご周知ください。

 

 

第2回 地震リスク評価高度化研究ワークショップ

bet988■日 時: 2019年5月17日(金)13:30~18:00

 

 

bet988■場 所: 京都大学防災研究所 大会議室S-519D(京都大学宇治キャンパス本館S棟5階)

 

 

■式次第:

 13:30~15:00     成果報告3題

 15:00~15:15     休憩

 15:15~15:45     成果報告1題

bet988 15:45~16:30     [招待講演]震源インバージョン結果に基づくスケーリング則の再検討(宮腰研、GRI)

 16:30~17:15     [招待講演]動的シミュレーションに基づく断層破壊プロセスと生成強震動(Luis Dalguer, 3Q-Lab.)

bet988 17:15~17:45     討論

 18:00~19:45     レストラン「きはだ」にて懇談会

 

■問合先:

bet988社会防災研究部門地震 リスク評価高度化(阪神コンサルタンツ)寄附研究分野

特定教授 川瀬 博 kawase@sere.dpri.kyoto-u.i8house3g.com

]]>
http://i8house3g.com/news/12197/feed/ 0
bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/11784/ http://i8house3g.com/news/11784/#respond Mon, 25 Mar 2019 04:21:07 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=11784 日時:  4月5日(金) 15:00-18:00 14:00~17:00
場所:  京都大学 宇治キャンパス 宇治地区研究所本館 S-519D
 
講演タイトル/講演者:
「今後の河川防災対策に関する考察」/ 湧川 勝己(京都大学巨大災害研究センター客員教授/東京建設コンサルタント株式会社)

「災害緊急復旧工事契約スキーム効率性分析」/石 磊 (京都大学巨大災害研究センター客員准教授/大連理工大学 准教授)
 

使用言語:日本語
 

]]>
http://i8house3g.com/news/11784/feed/ 0
bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/11772/ http://i8house3g.com/news/11772/#respond Thu, 21 Mar 2019 23:30:53 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=11772 日時:  3月29日(金) 13:30-15:00
場所:  京都大学 宇治キャンパス 宇治地区研究所本館 S-519D
 
講演タイトル:
 時空間情報を活用した統計的データ分析方法と事例:データサイエンス入門
 
講演者:
 和泉志津恵(滋賀大学データサイエンス学部/京都大学巨大災害研究センター非常勤講師)
 広島大学 大学院医学系研究科 博士課程修了。専門は統計科学、統計教育。
 医療、交通、行政、災害のデータを中心に、時空間情報を活用した統計的データ分析方法の研究や教育を行なっている。
 
講演概要:
 データサイエンスは、複数の組み合わせたデータを分析し、その結果に基づき新たな価値を創造する学問です。
本講演では、時空間情報を活用した統計的なデータ分析方法の概要について解説します。
加えて、リスク評価や要因探索における医療、交通、行政、災害などのデータ分析事例を紹介します。
キーワード:一般化線形モデル、構造方程式モデリング、集団の不均一性、scan統計量、変化係数、疫学調査
 
使用言語:日本語
 

]]>
http://i8house3g.com/news/11772/feed/ 0
bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/11756/ http://i8house3g.com/news/11756/#respond Wed, 13 Mar 2019 08:07:43 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=11756  

記録的な豪雨、強烈な台風、巨大地震や津波など、自然災害が頻発する昨今、日常の延長線上でいつ災害に遭遇するかはわかりません。そのような中で、災害発生時における企業や各種法人団体の社会的責任はますます重くなっています。形だけの防災訓練や見た目だけのBCPではなく、自然災害にどう対処するのか、実態を想定したシミュレーションとそれに伴う具体策の実行が必要とされています。
そのような中で今回、京都大学防災研究所では災害をより身近に体験し、自社・自団体の避難計画の再検討の参考にしていただくための「宇治川オープンラボ体験による防災を考える特別講座」を実施いたします。

宇治川オープンラボは多くの観測・実験装置群を擁し、世界有数の規模を誇る総合実験施設です。多種多様な研究が実施されているだけでなく、実験施設を用いた教育をはじめ、社会に開かれた活動が積極的に展開されています。現状、実験施設に関して、企業や各種法人団体の方からの施設体験のお問い合わせに対する個別対応は受け付けておりませんが、今回は特別に企業や各種法人団体の方がご参加いただけるような特別講座を開催いたします。
総務や人事内のBCPや避難計画関連のご担当者様、または防災関連のご担当者様など、多くの方のご参加をお待ちしております。

 

○対象:総務や人事内のBCPや避難計画関連のご担当者様、または防災関連のご担当者様など

 

 

bet988★申込み・詳細は下記リンク先をご覧ください。

]]>
http://i8house3g.com/news/11756/feed/ 0
bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/11751/ http://i8house3g.com/news/11751/#respond Fri, 08 Mar 2019 10:15:38 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=11751 気候変動の適応策の研究推進が求められているが、影響評価と比較して適応研究が十分に進んでいるとは言いがたい。そのような中で昨年は西日本豪雨や台風21号による高潮災害などの大きな水災害が発生している。そこで、国が考える適応の方向や先進事例を学び、気候変動で激甚化する水災害に対する適応の研究や技術開発のあり方を考える。

 

 

【日時】2019年4月13日(土) 13:00-17:30
【会場】京都大学宇治キャンパス きはだホール
【対象】市民

bet988【主催/Organizer】土木学会・水工学委員会 グローカル気候変動適応研究推進小委員会

【連絡先/Contact】担当 : 中北英一(京都大学防災研究所気象・水象災害研究部門)E-mail: nakakita◎hmd.dpri.kyoto-u.i8house3g.com

 

 

★本行事は、京都大学IPCCウィークス2019関連イベントです。

 

]]>
http://i8house3g.com/news/11751/feed/ 0
bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/11743/ http://i8house3g.com/news/11743/#respond Thu, 14 Feb 2019 10:17:13 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=11743 2月28日(木)開催の第24回総合防災セミナーにおいて、巨大災害研究センターの客員准教授である荒木裕子先生 (名古屋大学)より、下記の通りご講演をいただきます。
ご関心のある方は、奮ってご参加下さい。
 
日時:2月28日(木曜日)15:30-17:00
場所 : S-519D (宇治キャンパス 宇治地区研究所本館5F)
講演者: 荒木裕子先生 (名古屋大学)
 
Title : Evacuation Activity after the Explosion of aluminum factory caused by 2018.7 Japan Flood
 
Abstract:
Industrial accidents may occur due to natural disasters, but there are few reports of the process and response. I report a case of explosion accident occurred at the aluminum factory in Okayama prefecture Sojya city in July 2018 due to heavy rain flooding. The residents of Shimohara area in the vicinity of the factory carried out evacuation actions in cooperation with the local organization and the administrative agencies based on the local disaster prevention efforts that had been undertaken before the disaster. However, there were issues such as providing information from the factory and collaboration among local governments

]]>
http://i8house3g.com/news/11743/feed/ 0
bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/11739/ http://i8house3g.com/news/11739/#respond Thu, 14 Feb 2019 10:05:59 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=11739 平成30年度 京都大学防災研究所 拠点研究(一般推進研究) 30A-03 研究集会
「活断層周辺で発生する大地震による強震動とその予測に関する研究集会」

 
日時:2019年3月7日(木)13時~17時30分
会場:京都大学宇治おうばくプラザ セミナー室4&5
※主たる対象は研究者及び大学院生です。
 
bet988 プログラム等、詳細はをご覧ください。

]]>
http://i8house3g.com/news/11739/feed/ 0
bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/11729/ http://i8house3g.com/news/11729/#respond Thu, 14 Feb 2019 00:22:17 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=11729 平成30年度科学研究費助成事業‐科研費‐特別研究促進費研究

「平成30年台風21号による強風・高潮災害の総合研究」成果報告会のご案内

 

 

平成30年9月4日に「非常に強い」勢力を保ったまま徳島県南部に上陸し、その後兵庫県神戸市付近に再上陸した台風21号は、四国や近畿地方に記録的な暴風もたらした。この台風はまた記録的な高潮ももたらし、接近・上陸に伴って近畿や四国の沿岸部では急激に潮位が上昇し、大阪では1961年の第2室戸台風の時に観測した過去の最高潮位を瞬間的に上回る値を観測した。さらに、四国や近畿、北陸周辺に台風本体の活発な雨雲がかかった。これにより、樹木の転倒、建物屋根の飛散、床上・下浸水などの住宅被害、トラックの横転、建設現場の足場やクレーン、さらには、港のガントリークレーンの倒壊など、多大な被害をもたらし、大規模な停電も発生した。大阪湾沿岸では、強風に伴う高潮被害、関西空港では浸水および漂流したタンカーの衝突による連絡橋の破損など、公共インフラ設備、土木構造物などにも多大な被害をもたらした。

 

今回の台風被害は、都市域において強風災害、高潮災害という複合的な災害が突発的に発生したものとして、今後の防災・減災のあり方に関する多くの課題や教訓を有しており、わが国の防災・減災のあり方に及ぼすインパクトが極めて大きい。さらに、地球温暖化による将来気候のもとで強大な台風の発生頻度の増大が示唆されている今日、日本において繰り返されることが予想される複合的な災害の典型であり、将来の強大な台風に伴う複合災害に備えるための資料を得るまたとない機会と考えられる。

 

* * *

 

そこで、平成30年度科学研究費助成事業‐科研費‐特別研究促進費研究「平成30年台風21号による強風・高潮災害の総合研究」では、災害発生のメカニズムの解明や人的・物的被害の実態解析のための総合調査を実施しましたので、その成果報告会を以下のように開催させていただきます。

 

  • 日時: 平成31年3月25日(月)13:00~16:00
  • 場所: 京都大学宇治キャンパス 宇治おうばくプラザきはだホール
  • 報告会講演内容:
    •  はじめに; 研究代表者挨拶
    •  気象状況; 強風および豪雨の気象要素
    •  強風被害; 強風災害の原因・メカニズム
    •  高潮被害; 高潮(浸水)災害の原因・メカニズム
    •  リスク評価; 都市部における強風リスクの空間分布
    •  防災・減災; 災害対応、復旧・復興体制の検証
    •  討論・質疑応答
    •  おわりに
  • 連絡先(研究代表者):
    • 京都大学防災研究所 丸山 敬
    • 〒611-0011 宇治市五ケ庄
    • E-mail: maruyama.takashi.8w◎kyoto-u.i8house3g.com
]]>
http://i8house3g.com/news/11729/feed/ 0
bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/11673/ http://i8house3g.com/news/11673/#respond Fri, 11 Jan 2019 08:30:55 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=11673 日時:2019年1月15日(火)16:00-17:30
場所:宇治地区研究所本館 N-441D(巨大災害研究センター中会議室 )
 
宇治キャンパス:
http://i8house3g.com/maps/
N-441D:宇治地区研究所本館N棟4F:

 

講演タイトル:
 ドローンと個人が作る新しい世界地図
 
講演者:
 古橋大地(青山学院大学/京都大学巨大災害研究センター客員教授)
 東京大学大学院 新領域創成科学研究科 環境学修士。専門は森林リモートセンシング。
 地理空間情報の利活用を軸に、Googleジオサービス、オープンソースGIS(FOSS4G)、オープンデータ(OpenStreetMap)の技術コンサルティングや教育指導を行なっている。
 
最近の主なプロジェクト:
 JICA Project / ブラジル国アマゾン森林保全・違法伐採防止のためのALOS衛星画像の
 利用プロジェクト(Alos4Amazon: http://alos4amazon.com/)
 世界防災減災ハッカソン Race for Resilience / Code for Resilience
 
講演概要:
 2016年に活動を開始し、日本全国の自治体と防災協定を結ぶなど、実効性のある仕組みづくりを着実に進めている災害ドローン救援隊DRONEBIRDの現在の状況とこれからの展開について解説します。

]]>
http://i8house3g.com/news/11673/feed/ 0
bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/11623/ http://i8house3g.com/news/11623/#respond Fri, 14 Dec 2018 02:08:15 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=11623 bet988京都大学では、伝統的に蓄積してきた高度な学術および知的資源に加え、最先端の教育・研究成果等を広く社会に還元するため、全国で地域講演会を開催しています。

bet988詳細・申込は、からどうぞ。

 

  • 講師 井口 正人 防災研究所教授
  • 講演概要 桜島は日本で最も噴火活動が活発な火山で、世界でも有数の活動度をもちます。桜島で起こる噴火は決して南岳山頂の爆発だけでなく、様々な大きさと様式があるのです。したがって、桜島で起こっていることをみれば、多くの場合、他の火山で起こっていることを理解することができます。まず、マグマとは、火山噴火とは何かを解説します。そして、最高水準の観測機器を用いて、火山噴火の発生をどのようにして予測するのかをお話しします。
  • 主催 京都大学
  • 後援 鹿児島県、鹿児島県教育委員会、鹿児島市
]]>
http://i8house3g.com/news/11623/feed/ 0
bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/11629/ http://i8house3g.com/news/11629/#respond Fri, 14 Dec 2018 01:17:57 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=11629  
日時:2019年1月10日(木)~11日(金)
場所:京都大学宇治キャンパスおうばくプラザ ()
アクセス: ()
 
bet988  研究会では、通常の地球内部電気伝導度諸問題の他に、電磁気学的手法による研究をどのように災害軽減につなげるかを議論する特別セッションを企画しています。 当日のプログラム等の詳細は、をご覧ください。

]]>
http://i8house3g.com/news/11629/feed/ 0
bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/11566/ http://i8house3g.com/news/11566/#respond Tue, 04 Dec 2018 07:59:21 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=11566 本年相次いで発生した複数の豪雨災害、台風災害、大阪府北部地震などを踏まえて、また、地球規模の環境変動に伴う風水害、土砂災害の激甚化、想定南海トラフ地震などを展望して、防災研究所として、今後、国内外の防災研究を中核として牽引する役割を担っていく上で重要となる課題・トピックについて議論したいと考えております。また、共同研究・共同利用拠点としての役割を念頭に、来年度以降の概算要求の内容とも関連させたいと思っています。

 

bet988今年のワークショップでは、近年の災害の経験を踏まえ、ハザードのリアルタイムモニタリングの重要性に焦点を当てます。具体的に想定する研究課題としては、リアルタイム予測の困難の克服、リアルタイムモニタリングの重要性、予測情報と避難意識、情報の受け手のリスク認識、複数のハザード間の連関や相互作用、ハザードごとに異なる不確実性のレンジへの対応、などを想定しています。

 

bet988当日は、各研究領域から、関連する話題提供を求めたあと、メインテーマであるリアルタイムモニタリングに関する技術的課題と展望、その防災・減災面への応用・活用に関わる課題と展望について議論を深めたいと思います。

 

みなさまのご参加をお待ち申し上げております。

 

本ワークショップの趣旨

  • 防災研究所として、今後、国内外の防災研究を中核として牽引する役割を担っていくトピックについて議論します。
  • 共同研究・共同利用拠点としての役割を念頭に、来年度以降の概算要求も関連させたいと思います。
  • 近年の災害の経験を踏まえ、ハザードのリアルタイムモニタリングの重要性を認識しています。

 

想定する研究課題

  • リアルタイム予測の難しさの克服
    • リアルタイムモニタリングの重要性
  • 予測情報と避難意識
    • 予報の不確実性,情報のやり取り,受け手の認識
  • ハザードの連関
    • ハザードの相互作用
    • ハザード毎に異なる不確実性のレンジ

 

プログラム(予定)

  • 9:30~ 9:35 所長挨拶
  • 9:35~ 9:40 趣旨説明(矢守克也)
  • 9:40~10:00 話題提供1:降雨(中北英一)
  • 10:00~10:20 話題提供2:河川(佐山敬洋)
  • 10:20~10:40 話題提供3:地盤(松四雄騎)
  • 10:40~11:00 話題提供4:地震(山田真澄)
  • 11:00~11:20 話題提供5:情報(畑山満則)
  • 11:20~12:00 総合討論(コーディネータ:澁谷拓郎(研究企画推進室長))
]]>
http://i8house3g.com/news/11566/feed/ 0
bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/11586/ http://i8house3g.com/news/11586/#respond Tue, 04 Dec 2018 06:39:48 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=11586 京都大学ワークショップ「不確実性を考慮した実践的地震災害リスクマネジメントに向けて 〜科学者×実践者の対話〜」を下記の要領で開催いたします。
 
日時:2019年1月19日(土) 10時00分〜16時45分
場所:京都リサーチパーク9号館5F 京都大学デザインイノベーション拠点(JR丹波口駅西へ徒歩7分)
 
参加費無料:事前参加申込が必要です。
参加申込方法や当日のプログラムはをご覧ください。
 

]]>
http://i8house3g.com/news/11586/feed/ 0
bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/11415/ http://i8house3g.com/news/11415/#respond Tue, 13 Nov 2018 02:22:02 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=11415
  • 準備の都合上、発表者、コメンテーター、司会者以外でご参加くださる方は、事前にメールでお知らせください risk_meeting@flood.dpri.kyoto-u.i8house3g.com
  • プログラムの詳細はこちらからダウンロードできます

  • 研究集会名称: 

    土地利用・建築規制等の対策に着目した洪水リスク管理の学際的検討

     

    開催日時: 

    2018年12月4日(火)13時30分 ~ 12月5日(水)16時30分

     

    開催場所: 

    京都大学宇治キャンパス (宇治キャンパスへのアクセス

    bet988総合研究実験棟1号4館階 HW401号室 ()

    研究代表者: 

    芝浦工業大学:中村 仁(教授)

    京都大学防災研究所(担当):佐山敬洋(准教授)、大西正光(准教授)

     

    研究集会の概要: 

    bet988本研究集会の目的は、土地利用・建築規制等の対策を含む洪水リスク管理の現状を学際的に分析・評価し、研究面および実践面での課題を明確にすることである。

    河川工学、都市計画、公共政策など多様な専門分野の参加者が、以下の視点で討議する。

    bet988①多様な社会的価値を反映した洪水リスク管理の目標

    ②土地利用・建築規制等による洪水リスク軽減策と他の治水対策との関係

    bet988③洪水リスク軽減以外の目的を含めた都市・地域計画との連携 ~公共政策の観点から~

     

    プログラム概要:

    12月4日(火)

    13:00 受付開始

    bet98813:30~13:50 オープニング

    14:00~15:30 洪水リスク管理と土地利用・建築規制

    bet98815:45~17:15 国内の事例:現状と課題

    18:00~20:00 懇親会

     

    12月5日(水)

    9:30 受付開始

    bet98810:00~10:10 オープニング

    bet98810:10~11:40 国外の事例:現状と課題

    13:00~14:30 洪水リスク管理の目標と公共政策的連携

    bet98815:00~16:20 今後の研究と実践に向けて

    bet98816:20~16:30 クロージング

     

     

    ]]>
    http://i8house3g.com/news/11415/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/11377/ http://i8house3g.com/news/11377/#respond Mon, 05 Nov 2018 04:39:12 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=11377 日時:2018年12月20日 午前10時~午後5時
    場所:宇治おうばくプラザきはだホール
     
    プログラム:

    10時-10時10分 所長挨拶
     
    大阪北部地震(20分報告、10分議論)
    司会:牧紀男
    10時10分ー10時40分 地震 西上欽也
    10時40分ー11時10分 構造物被害 松島信一
    11時10分-11時40分 地盤災害 釜井俊孝、土井一生
    11時40分ー12時10分 情報・避難・災害対応 畑山満則
     
    2018西日本豪雨災害(30分報告、10分議論)
    司会:竹林洋史
    14時ー14時40分 情報・避難・災害対応 矢守克也、竹之内健介
    14時40分―15時10分 気象・水文 石川裕彦(変更予定あり)
    15時10分―15時50分 地表変動 千木良雅弘
    15時50分ー16時30分 治水 角哲也
     
    16時30-17時 全体議論 司会:川池健司

    ]]>
    http://i8house3g.com/news/11377/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/11366/ http://i8house3g.com/news/11366/#respond Fri, 02 Nov 2018 04:34:35 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=11366 平成30年度 京都大学防災研究所研究発表講演会

    開催日:2019 年2 月19 日(火曜日)~ 20 日(水曜日)
    場 所:宇治おうばくプラザ、京都大学宇治地区研究所本館(宇治市五ヶ庄) 【入場無料】
    bet988 (JR 奈良線黄檗駅から徒歩約5 分 京阪宇治線黄檗駅から徒歩約6 分)

     

    ★詳細はこちらから→ http://i8house3g.com/hapyo/19/

     

    当研究所の研究者が、今年度の研究成果を一堂に会して発表します。防災研究の最前線に触れていただく絶好の機会です。
    入場無料、どなたでも聴講できます。

    19日(火)午前には、第5回DPRI Award授賞式および今年度発生した災害に焦点を当てた速報「災害調査報告」を行います。
    続く19・20両日の一般講演では「西日本豪雨・台風21号」「大阪北部地震・北海道胆振東部地震」「火山と航空」を特集したセッションも予定しています。


    【1日目 2/19(火)】

    ※2.19 9:30 ~ 14:00 します。
     
    配信サイトは

    ※19 February from 9:30 to 14:00 Stream live on youtube is available at the following link:
    「」
    ※ライブ配信URLが変更になっていますので、ご注意ください。


    ◆9:30 ~ 9:35 中川 一/開会挨拶

    ◆9:35 ~ 10:45 第5回DPRI Award 授賞式・受賞記念講演
    ジョン・G・アンダーソン教授(ネバダ大学リノ校)
    「この30年間に渡る地震ハザード解析に関する研究
    ――特に定量的強震動予測の重要性に着目して」

    ◆11:00 ~ 14:00 災害調査報告
    中北英一/平成30年7月豪雨の特性と地球温暖化
    竹林洋史/平成30年7月豪雨時に広島で発生した土砂災害
    角 哲也 /平成30年7月豪雨時のダムの洪水調節操作と今後の課題
    丸山 敬 /平成30年台風第21号による強風・高潮災害について
    松島信一/平成30年大阪府北部の地震の概要と被害の特徴
    bet988 王 功輝 /平成30年北海道胆振東部地震による土砂災害の特徴

    ◆14:15 ~ 19:00 一般講演
    (「西日本豪雨・台風21号」「火山と航空」特集セッションも開催)
    ◆9:30 ~ 19:00 ポスターセッション

     


    【2日目 2/20(水)】
    ◆9:15 ~ 17:15 一般講演・オーガナイズドセッション
    (「大阪北部地震・北海道胆振東部地震」特集セッションも開催)
    bet988 ◆9:15 ~ 15:00 ポスターセッション(12:00 ~ 14:00コアタイム)


    ★各講演の要旨など詳細がご覧になれます→ http://i8house3g.com/hapyo/19/

    ]]>
    http://i8house3g.com/news/11366/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/11259/ http://i8house3g.com/news/11259/#respond Tue, 25 Sep 2018 01:38:47 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=11259
    ※ 定員に達したため、申し込みを締め切りました。(2018年10月11日)
    地震・地殻変動に関する研究拠点である宮崎観測所で、ミニ講座と施設見学会、マグマ実験などを行います。教科書には載っていない地球科学の魅力を身近に感じることができるこの機会に参加してみませんか。大学院生との交流の場もあるので、大学生活などの話も聞くことができます。

    開催日
    • 2018年11月04日 日曜日
    時間 13時30分~16時00分(時間帯は、多少変更の可能性あり)
    開催地 防災研究所 宮崎観測所(宮崎市加江田3884)
    【アクセス】
    近隣の駅等からの送迎(無料)を予定しています。
    ※ 観測所の駐車スペースが狭いため、やむを得ず車での来所を希望される場合は事前にご相談ください。
    対象 中学生以上
    定員 30名(申し込み必要、人数により午前・午後に実施も検討)
    参加費 無料
    申し込み ※ 定員に達したため、申し込みを締め切りました。

    申し込みは以下のURLからお願いします。

    • 参加申込フォーム
    申し込み締切日 ※ 定員に達したため、申し込みを締め切りました。
    問い合わせ 防災研究所 宮崎観測所
    E-mail: myzobs*rcep.dpri.kyoto-u.i8house3g.com (*を@に変えてください)
    備考(その他)

    防災研究所 宮崎観測所とは?

    宮崎観測所は宮崎市南部の青島の近くに位置しており、主にひずみ計と傾斜計を用いた地殻変動連続観測を行ってきました。現在では、地震観測(陸・海)や電磁気観測、GNSS観測など、九州内陸および日向灘における地殻活動についての研究を進めており、特に「スロー地震」に関する研究の前線基地として全国の研究者と連携しながら研究を行っています。

    京大ウィークス2018

    2018年10月6日(土曜日)~11月25日(日曜日)を「京大ウィークス2018」とし、この期間に、全国各地の京都大学の教育研究施設が公開イベントを実施します。
    詳細・その他のイベントについては、以下のページをご確認ください。

    ]]>
    http://i8house3g.com/news/11259/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/11256/ http://i8house3g.com/news/11256/#respond Tue, 25 Sep 2018 01:34:08 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=11256

     施設探検ツアーでは、桜島島内の施設を巡ります。普段入れない坑道に入り、観測機器を見学し、観測室から山頂を望みます。火口が間近に見える観測室では、タイミングが合えば噴火を見ることができます。施設公開では、最新のレーダー噴煙観測装置と火山灰観測装置と日本で唯一稼働している煤書き記録装置を見学できます。昨年から施設探検ツアーと施設公開を二日間で計4回にしましたので、是非ご参加ください。

    bet988※ 「京大ウィークス2018」の関連イベントとして開催します。

    開催日
    • 2018年10月27日 土曜日 〜 2018年10月28日 日曜日
    時間 午前の部: 9時00分〜12時30分
    午後の部: 13時30分~17時00分
    ※ 両日とも
    開催地 防災研究所 桜島火山観測所(鹿児島市桜島横山町1722-19)
    【アクセス】
    桜島フェリー桜島港ターミナルより徒歩10分
    対象 どなたでも参加いただけます。
    定員 各日午前の部40名、午後の部40名(申し込み必要)
    参加費 無料
    申し込み 詳細は、下記「関連リンク」Webサイトにてご確認のうえ、電話、Faxまたはメールでお申し込みください。

    【申し込み先】
    Tel: 06-6535-8604(電話受付時間: 平日10時00分~17時00分(土曜・日曜・祝日は受付していません))
    Fax: 06-6535-8648
    E-mail: kyodaiweekstour*or.kntk.co.jp (*を@に変えてください)
    施設探検ツアー専用の申し込み先です。問い合わせ先と異なりますのでご注意ください。ツアー内容については問い合わせ先にお願いします。

    ※ 申し込み開始: 2018年9月10日(月曜日)~

    申し込み締切日 2018年10月25日(木曜日)
    ※ 定員になり次第、締め切ります。
    問い合わせ 防災研究所 桜島火山観測所
    Tel: 099-293-2058
    E-mail: weeks*svo.dpri.kyoto-u.i8house3g.com (*を@に変えてください)
    関連リンク
    備考(その他)

    防災研究所 桜島火山観測所とは?

    桜島火山観測所は桜島の西部、大正溶岩原にあります。大正溶岩は104年前の大正3年(1914年)の大噴火で流出しました。現在繰り返されている噴火の観測基地となるばかりではなく、今後予想される大規模噴火をターゲットとした基礎研究の基地にもなっています。

    京大ウィークス2018

    2018年10月6日(土曜日)~11月25日(日曜日)を「京大ウィークス2018」とし、この期間に、全国各地の京都大学の教育研究施設が公開イベントを実施します。
    詳細・その他のイベントについては、以下のページをご確認ください。

    2017年度開催の様子

    桜島火山観測所 施設探検ツアー・施設公開

    ]]>
    http://i8house3g.com/news/11256/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/11253/ http://i8house3g.com/news/11253/#respond Tue, 25 Sep 2018 01:00:18 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=11253

     急峻な四国山地や、中央構造線をはじめとする特徴的な三好市周辺の地質・地形がどのようにしてできたのかが理解できる地質学的な証拠となる場所(ジオサイト)を見学します。さらに研究の最前線で用いられている最先端の調査技術や、世界で発生するさまざまな地すべり災害を学ぶ講義も予定しています。移動はマイクロバスで行います。

    ※ 「京大ウィークス2018」の関連イベントとして開催します。

    開催日
    • 2018年10月13日 土曜日
    時間 9時00分~15時00分
    開催地 徳島地すべり観測所(徳島県三好市池田町州津藤ノ井492-1)およびその周辺
    【アクセス】
    JR土讃線「阿波池田」から送迎バスを利用可(無料)
    ※ 観測所に駐車スペースはありませんのでご注意ください。
    対象 小学生以上(野外活動が主なので、軽いハイキングが可能な方)
    定員 30名(申し込み必要)
    参加費 無料
    申し込み 詳細は、下記「関連リンク」Webサイトにてご確認のうえ、メール、または電話でお申し込みください。
    ※ 申し込み開始: 2018年9月3日(月曜日)~
    申し込み締切日 定員になり次第、締め切ります。
    問い合わせ 防災研究所 斜面災害研究センター(担当: 山崎)
    Tel: 0883-72-1075
    E-mail: yamasaki.shintaro.3m*kyoto-u.i8house3g.com (*を@に変えてください)
    関連リンク
    備考(その他)

    防災研究所 徳島地すべり観測所とは?

    徳島地すべり観測所が位置する三好市は、四国山地の玄関口にあたり、四国山地のみならず世界の山岳地域に広く分布する結晶片岩の地すべりの研究には最適の場所です。1960年代から、国内唯一の大学が所有する地すべりの専門研究機関としてさまざまな調査・研究が実施されています。

    京大ウィークス2018

    2018年10月6日(土曜日)~11月25日(日曜日)を「京大ウィークス2018」とし、この期間に、全国各地の京都大学の教育研究施設が公開イベントを実施します。
    詳細・その他のイベントについては、以下のページをご確認ください。

    2017年度開催の様子

    徳島地すべり観測所 施設公開と地すべり・活断層の野外見学

    ]]>
    http://i8house3g.com/news/11253/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/11250/ http://i8house3g.com/news/11250/#respond Tue, 25 Sep 2018 00:57:35 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=11250

     白浜海象観測所と潮岬風力実験所のイベントを合同開催します。

    bet988※ 「京大ウィークス2018」の関連イベントとして開催します。

    開催日
    • 2018年10月27日 土曜日
    時間 10時00分~12時00分(前半は白浜海象観測所、後半は潮岬風力実験所)
    開催地 防災研究所 白浜海象観測所(和歌山県西牟婁郡白浜町堅田2500-106)
    【アクセス】

    JR紀勢本線「白浜」下車、タクシーで約10分
    ※ 両イベントとも白浜海象観測所での開催になります。
    ※ 観測所の駐車スペースは空きがございませんので、公共交通機関のご利用をお願いいたします。
    対象 中学生以上
    定員 両イベント合わせて合計20名(申し込み必要)
    詳細等

    白浜海象観測所

    温度計測機器の紹介とデモンストレーション

    現地観測で使用する「温度計測(気温、水温)」について、温度を計測するメカニズムの紹介、説明を行います。複数の計測機器を用いた温度計測のデモ、温度計測モジュールを使った計測体験を予定しています。

    潮岬風力実験所

    大気観測の実体験

    bet988白浜海象観測所で、潮岬風力実験所で観測している気象測器のデモンストレーションを行います。また、風力発電実験キットを作成して、身近な風計測を体験します。

    参加費 無料
    申し込み 参加希望人数、連絡先を記入の上、下記アドレスまでメールにてお申し込みください。
    【申し込み先】
    E-mail: shirahama*uh31.dpri.kyoto-u.i8house3g.com (*を@に変えてください)
    ※ 申し込み開始: 2018年10月1日(月曜日)~
    申し込み締切日 2018年10月6日(土曜日)
    ※ 定員になり次第、締め切ります。
    問い合わせ
    • 白浜海象観測所
      E-mail: shirahama*uh31.dpri.kyoto-u.i8house3g.com (*を@に変えてください)
    • 潮岬風力実験所
      E-mail: swel*uh31.dpri.kyoto-u.i8house3g.com (*を@に変えてください)
    関連リンク

    備考(その他)

    防災研究所 白浜海象観測所とは?

    定点観測施設である「田辺中島高潮観測塔」および観測船「海象」を用いて、田辺湾を中心とした沿岸域における気象(気圧、気温、日射、風向・風速など)および海象(水温、潮位、波浪、流向・流速など)に関する項目を観測し、沿岸域の現象の理解、海洋・陸面および大気の相互作用の解明に取り組んでいます。また、海岸・沿岸海洋災害の防止・軽減の観点から、波浪、高潮の発生・発達機構、津波、海況変動などに関する研究を進めています。

    防災研究所 潮岬風力実験所とは?

    台風や竜巻、豪雨など異常気象に対する、最前線の観測施設として、1969年に本州最南端の潮岬に設立しました。気象観測に加えて、台風や竜巻の発生時に、建物などの構造物に対する強風の影響を研究し被害の軽減を目指しています。

    京大ウィークス2018

    2018年10月6日(土曜日)~11月25日(日曜日)を「京大ウィークス2018」とし、この期間に、全国各地の京都大学の教育研究施設が公開イベントを実施します。
    詳細・その他のイベントについては、以下のページをご確認ください。

    過去の開催の様子

    • 白浜海象観測所 観測船を使った海象観測の実体験(2016年)
    • 潮岬風力実験所 大気観測の実体験(2017年)
    • ザッツ・京大「防災研究所 潮岬風力実験所って?」(2017年)
    ]]>
    http://i8house3g.com/news/11250/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/11245/ http://i8house3g.com/news/11245/#respond Tue, 25 Sep 2018 00:51:31 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=11245  「地殻変動連続観測」に焦点を当て、観測機器等の展示を増設し、特別レクチャーを実施します。また地震観測「満点計画」の最新成果、サイエンスミュージアム活動の最新動向の紹介とこの意義についてもレクチャーを設けます。所内自由見学の時間も拡張しました。

    bet988※ 「京大ウィークス2018」の関連イベントとして開催します。

    開催日
    • 2018年11月03日 土曜日(祝日) 〜 2018年11月04日 日曜日
    時間 イベントにより開催日時が異なります。詳しくは詳細等をご覧ください。
    開催地 防災研究所 阿武山観測所(大阪府高槻市奈佐原944)
    【アクセス】
    JR「摂津富田」より、高槻市営バス「公団阿武山」行き「大阪薬科大学」下車 徒歩30分
    ※JR「高槻」より送迎バスを運行
    対象 中学生以上
    定員 【レクチャー】各回60名(申し込み必要)
    【自由観覧】定員なし(申し込み不要)
    詳細等

    レクチャー

    11月3日 11時00分~11時50分 「満点計画 山陰地方の地震帯における最新の成果」
    14時00分~14時50分 「地面のわずかな伸び縮みをはかる ~地殻変動連続観測の歴史と現在~」
    11月4日 11時00分~11時50分 「サイエンスミュージアムプロジェクトの最前線 ~地震学×減災学への市民参画~」
    14時00分~14時50分 「防災教育の視点から見る阿武山 ~市民参画がつくる地震学×減災学~」

    展示ゾーン(公開エリア)は、10時00分~16時00分の間、自由に観覧できます。(両日とも)

    参加費 無料
    申し込み 詳細は、下記「関連リンク」Webサイトにてご確認のうえ、お申し込みください。
    ※ 申し込み開始: 2018年9月28日(金曜日)10時00分~
    申し込み締切日 2018年10月29日(月曜日)17時00分
    ※ 定員になり次第、締め切ります
    問い合わせ 防災研究所 阿武山観測所
    E-mail: info*abuyama.com (*を@に変えてください)
    関連リンク
    備考(その他)

    防災研究所 阿武山観測所とは?

    設立から80年以上、さまざまな観測機器で地震観測を行い、地震学の発展をリードしてきた歴史ある観測所です。観測で使われてきた歴代の地震計などを活用したサイエンスミュージアム構想を進め、市民サポーター活動による一般公開や、市民講座などを積極的に行っています。ぜひ一度、お越しください。

    京大ウィークス2018

    2018年10月6日(土曜日)~11月25日(日曜日)を「京大ウィークス2018」とし、この期間に、全国各地の京都大学の教育研究施設が公開イベントを実施します。
    詳細・その他のイベントについては、以下のページをご確認ください。

    過去の開催の様子

    阿武山観測所 地震サイエンスミュージアムDAY2017(2017年)

    ザッツ・京大「阿武山観測所 一般公開[地震の解明、地震学の発展に貢献]」(2016年)

    ]]>
    http://i8house3g.com/news/11245/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/11239/ http://i8house3g.com/news/11239/#respond Tue, 25 Sep 2018 00:20:04 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=11239 京都大学宇治キャンパス公開は、学外の皆様にキャンパス内の様子や、大学で行っている活動の一端を知っていただき、さらには科学に興味をお持ちいただく一つのきっかけになればと思い、毎年開催しております。 幼児から大人までが「科学」を楽しめるよう、工夫を凝らしておりますので、皆様のお越しをお待ちしております。

    bet988公式サイトは、【  】

     


    ]]>
    http://i8house3g.com/news/11239/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/11098/ http://i8house3g.com/news/11098/#respond Tue, 11 Sep 2018 01:56:03 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=11098
  • 【開催日時】2018年10月5日(金)15:00~17:00
  • 【開催場所】連携研究棟3F大会議室
  • 【講演】
  •  

    15:00-16:00

    「災害医療の現場から~京大防災研と京大病院とのコラボレーションによる新しい取り組み~」

    大鶴 繁(京都大学医学部附属病院 初期診療・救急科 准教授)

    要旨:  京都大学では全国に先駆けて、災害拠点病院である医学部附属病院と防災研究所とが共同して、多職種からなる京都iMED防災研究会(Kyoto informatics-Medicine- Engineering research against Disaster)を組織し、被災地の現地調査をはじめ、医療機関に向けた新しい防災対策の構築に取り組んでいます。新潟中越地震、東日本大震災への災害医療チーム派遣の経験から、また京都iMED設立に至る経緯とその活動内容など、ご紹介致します。

     

    16:00-17:00

    「地域医療BCPの必要性」

    bet988鈴木教雄(株式会社NTTデータ経営研究所 先端技術戦略センター・産業戦略グループ・ヘルスケアストラテジーチームリーダー・シニアマネージャー)

    要旨:  近年、自然災害をはじめとしたクライシスの発生が、多大な人命の損失や甚大な経済的損失へ繋がる可能性が問題視されている。本問題を解決するために実効的なBCPを策定するには、医療機関だけではなく、防災の専門研究機関、自治体、企業等と連携をし、地域単位での医療BCP策定・体制構築が必要である。

    ]]>
    http://i8house3g.com/news/11098/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/11140/ http://i8house3g.com/news/11140/#respond Mon, 10 Sep 2018 23:45:23 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=11140 9月28日(金)の14時から、第20回総合防災セミナーとして,ドイツ・ポツダムにあるIASS(Institute for Advanced Sustainability Studies)のFranz Mauelshagen教授の講演会を開催します。
    場所は、宇治キャンパス 宇治地区研究所本館E-417になります。
    bet988 ぜひ多くの方にご参加いただけますと幸いです。

    ]]>
    http://i8house3g.com/news/11140/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/11088/ http://i8house3g.com/news/11088/#respond Mon, 10 Sep 2018 04:49:24 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=11088 9月14日(金)の17時から、19総合防災セミナーとして,巨大災害研究センター客員教授のJames Goltz教授の講演会を開催します。

    講演タイトルは、Using Citizen Science to Analyze Behavioral Response to Large Earthquakes: A Study Based on Data from the USGS “Did you feel it?” System です。

    ぜひ多くの方にご参加いただけますと幸いです。

    ]]>
    http://i8house3g.com/news/11088/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/11072/ http://i8house3g.com/news/11072/#respond Sun, 09 Sep 2018 23:59:44 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=11072 日時:2018年9月21日~23日
    場所:アクロス福岡(福岡県福岡市)
    主催:平成28-32年度 文部科学省・日本学術振興会 科学研究費助成事業 新学術領域研究「スロー地震学」
     
    合同開催:
    東京大学地震研究所 地震・火山噴火予知研究協議会「海溝型地震」研究推進部会
    東京大学地震研究所共同利用研究集会「スロー地震の発生メカニズムを探る:観測・調査・実験・理論・モデリングからの情報の統合化と巨大地震との関連性の解明を目指して」
    京都大学防災研究所共同利用研究集会「スロー地震の発生メカニズムを探る:観測・調査・実験・理論・モデリングからの情報の統合化と南海トラフ巨大地震巨大地震との関連性の解明に向けて」
     

    研究集会サイト:
     

    ポスター:

    ]]>
    http://i8house3g.com/news/11072/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/11004/ http://i8house3g.com/news/11004/#respond Mon, 30 Jul 2018 01:36:18 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=11004 仮設住宅研究会(特定研究集会 30C-03)

    日時:2018年9月1日 14時~17時15分、9月2日 10時~15時30分
    会場:bet988   (宇治キャンパス内奥の77番の建物になります)

    入場無料・申込不要 ※一般参加歓迎です。

    プログラム等の詳細は、下記ちらしをご参照ください。

    ]]>
    http://i8house3g.com/news/11004/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/10934/ http://i8house3g.com/news/10934/#respond Mon, 23 Jul 2018 08:55:51 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=10934 「地学教育の展望-来たるべき南海トラフ地震に備えて-」
     

    日時:2018年8月25日(土)~26日(日) 2日間

    場所:bet988京都大学宇治キャンパス 防災研究所連携研究棟3階大セミナー室

     
    ※要事前参加申込(8月22日まで)

    プログラムの詳細、事前参加申込方法につきましてはをご覧ください。

     

    ]]>
    http://i8house3g.com/news/10934/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/10924/ http://i8house3g.com/news/10924/#respond Sun, 22 Jul 2018 23:53:13 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=10924 「気象水文リスク情報(日本気象協会)研究分野 第2期最終成果報告会」
     
    ■日時: 平成30年9月6日(木) 13時-17時 (受付開始 12:30)
      (交流会 17:30-20:00)
     
    ■場所: 宇治キャンパス 宇治おうばくプラザ きはだホール
     
    ■参加費: 無料 (資料準備のため前日までにお申し込みください)
     
     *報告会終了後、宇治キャンパス レストラン「きはだ」にて交流会を行います。
      会費: 一般2,000円 学生1,000円 (当日受付にてお支払いください)
      <申し込み締め切り: 8/21(火)>
     
    ■主催: 京都大学防災研究所 気象・水象災害研究部門
     
    ■プログラム詳細・申し込みはこちらをご覧ください
     



    ]]>
    http://i8house3g.com/news/10924/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/10891/ http://i8house3g.com/news/10891/#respond Wed, 18 Jul 2018 05:05:23 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=10891 第55 回自然災害科学総合シンポジウム

     
    主催:京都大学防災研究所自然災害研究協議会
    日程:平成30 年9 月18 日(火)10 時20 分~16 時50 分(終了予定)
    場所:京都大学宇治おうばくプラザきはだホール(〒611−0011 宇治市五ヶ庄)
    参加費:無料
    プログラム
    10:00~受付
    10:20~12:30(10 分+40 分×3)
     
    ・開会の挨拶
    【科学研究費補助金・特別研究促進費による突発災害調査研究平成29 年度報告】
    「那須雪崩災害2017 年3 月27 日に栃木県那須町で発生した雪崩災害に関する調査研究」
      上石勲(防災科学技術研究所)
     
    「平成29 年7 月九州北部豪雨災害に関する総合的研究」
      重枝未玲(九州工業大学大学院工学研究院)
     
    「2018 年草津白根山噴火に関する総合調査」
      小川康雄(東京工業大学理学院火山流体研究センター)
     
    12:30 昼食
     
    13:20~14:20(30 分×2)
    【自然災害研究協議会突発災害調査報告】
    「2017 年台風18 号により大分県中南部で発生した豪雨の特徴と浸水被害の概要」
      山本晴彦(山口大学大学院創成科学研究科)
     
    「北陸地方を中心とした広域雪氷災害に関する調査研究」
      河島克久(新潟大学災害・復興科学研究所)
     
    14:20~14:50
    【防災研究所共同研究・地域防災実践型共同研究】
    「レーダーネットワークを活用した統合防災システムの構築」
      佐々浩司(高知大学自然科学系)
    14:50〜15:20(15 分×2)
    【2018 年自然災害調査】
    「2018 年6 月大阪府北部の地震時の強震動」
      岩田知孝(京都大学防災研究所)
     
    「ICT 技術によって生み出される情報を活用した竜巻被害調査ー2018 年6 月29 日に米原で発生した竜巻を例にとってー」
      西嶋一欽(京都大学防災研究所)
     
    15:20 休憩
     
    15:40~16:30(25 分×2)
    【特別講演】災害資料データベースについて
    「集めた災害資料を防災に活かす―自然災害情報室の取り組み―」
      鈴木比奈子(防災科学技術研究所)
     「データベースSAIGAI の改革-防災研の災害資料を有効に使ってもらうために-」
      大西正光(京都大学防災研究所)
     
    16:30~16:50
    ・総合討論
    ・閉会挨拶

    ]]>
    http://i8house3g.com/news/10891/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/10737/ http://i8house3g.com/news/10737/#respond Thu, 21 Jun 2018 08:03:09 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=10737 2018年6月18日大阪府北部の地震(Mj6.1)に関する情報交換会
     
    日時:6月22日(金) 14:10~14:50
    場所:宇治おうばくプラザ セミナー室4・5
     
    1.高感度余震観測(臨時観測) 飯尾能久
    2.被害調査・余震観測(強震動)後藤浩之
    3.被害調査 山田真澄
    4.余震観測(強震動)松島信一
    5.強震動分析 浅野公之
    6.地殻変動関係 西村卓也
    7.討論
     
    司会:岩田知孝
    ※1~6は各5分、7は10分
     
    なお、15時からは2018年度第2回地震・火山グループ研究会bet988を開催しますので、14:50になったら速やかに終了します。

    ]]>
    http://i8house3g.com/news/10737/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/10724/ http://i8house3g.com/news/10724/#respond Thu, 21 Jun 2018 04:15:48 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=10724 【日時】2018年7月6日(金) 16:00~17:30
    【題目】Integrated Management of Disaster Risks
    【講演者】Chang Donghan 韓国建国大学教授
    【場所】宇治キャンパス 宇治地区研究所本館 S-519D

    ]]>
    http://i8house3g.com/news/10724/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/10700/ http://i8house3g.com/news/10700/#respond Thu, 14 Jun 2018 05:57:50 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=10700 本研究集会は,異常気象の実態把握,およびメカニズムや予測可能性の解明,さらに地球温暖化や気候変動と異常気象との関連を明らかにすることなどを目的にしています。そのため,広く異常気象や長期変動のメカニズム,データ同化やモデルに関する発表も歓迎します。多数のご参加をお待ちしております。
     
    講演者には,後日4ページほどの講演要旨の提出をお願いします。
     
    目的: 季節予測は,防災・減災のためのみならず,産業や社会経済に対して大きなメリットがある。季節予測の基盤となる大気海洋結合モデルやデータ同化は急速に進展している。一方,エルニーニョ等大気海洋結合現象がもたらす年々変動や,大雨,豪雪,旱魃,冷夏,熱波などの様々な異常気象のメカニズムや予測可能性,異常気象と地球温暖化との関係には依然として課題が残されている。本研究集会では,季節予測システムや異常気象に関する最新の研究成果について討論する。
     
    主催: 小林ちあき(気象庁気象研究所 主任研究官)
    共催: 向川 均(京都大学大学院 教授),余田成男(京都大学大学院 教授),
    木本昌秀(東京大学大気海洋研究所 教授),榎本 剛(京都大学防災研究所 准教授)
     
    日時: 2018年11月21日(水)午後〜22日(火)(懇親会: 11/21 セッション終了後)
    場所: 京都大学 宇治キャンパス 連携研究棟3F大セミナー室(301号室)

    ]]>
    http://i8house3g.com/news/10700/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/10587/ http://i8house3g.com/news/10587/#respond Thu, 31 May 2018 00:46:36 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=10587 プログラム

    リンクから、配布資料および講演映像をご覧になれます

    10:00~10:10 開会挨拶 所長 中川 一  

    10:10~10:25 来賓挨拶bet988  国土交通省九州地方整備局/福岡県

    10:25~12:25 九州北部豪雨

    准教授 竹見哲也「停滞する線状降水帯と平成29年7月九州北部豪雨」 配布資料

    教授  千木良雅弘「九州北部豪雨によって発生した斜面災害の実態とその原因について」 配布資料

    教授  角 哲也「近年の流木災害と寺内ダムが果たした役割」 配布資料

    准教授 佐山敬洋「中小河川の豪雨災害に関する情報と避難について」 配布資料

    12:25~13:30 (昼休み)

    13:30~14:30 気候変動

    教授  中北英一「気候変動予測と災害環境への影響」 配布資料

    准教授 田中賢治「気候変動で水資源はどうなる?」 配布資料

    14:30~15:15 熊本地震

    准教授 浅野公之「2016年熊本地震の震源断層と地表地震断層、活断層」 配布資料

    教授  松島信一「2016年熊本地震による地震動と建物被害」 配布資料

    15:15~16:00 火山災害

    教授  井口正人「九州地方の火山活動と広域火山災害--特に桜島大規模噴火を想定して」 配布資料

    16:00~16:20 (休 憩)

    16:20~17:25 総合討論 bet988司会:教授 渦岡良介 

    17:25~17:30 閉会挨拶 副所長 牧 紀男

     

     

     

     


    2018年7月豪雨災害についても速報的に取り上げます。

     

     

    2018年度京都大学防災研究所公開講座(第29回)「災害を知り、災害に備える 九州の近年の災害とこれから」を、10月2日(火)に、福岡市中央区のアクロス福岡で開催します。 当研究所がとくに力を入れて調査に取り組んでいる九州における課題――2017年九州北部豪雨災害、気候変動(福岡の渇水問題)、2016年熊本地震、桜島火山――についてお話しします。また、本年7月に西日本を中心に発生した豪雨災害に

    bet988ついても速報的に取り上げます。

    bet988本公開講座は、当研究所の最新の取り組みを分かりやすくお伝えするとともに、皆様との意見交換の大切な機会として1990年から毎年1回開催しています。今回は九州における近年の災害などを特集し福岡で開催します。防災研究に関心をお持ちの方々のご参加を心よりお待ち申し上げます。

     


    概  要
    • 日 時: 2018年10月2日(火)10:00~17:30
    • 会 場: アクロス福岡 4階 国際会議場(福岡県福岡市中央区天神1-1-1   )地下鉄空港線天神駅16番出口から徒歩5分
    • 入場料: 無料
    • 後 援: 国土交通省九州地方整備局、福岡県、一般社団法人防災研究協会
    • 備 考: 本講座は、土木学会認定CPDプログラムです。
    • チラシ: こちらからダウンロードください(PDF)
    •  

    申込み

    bet988電子メールまたは往復ハガキに、お名前、年齢、ご所属(勤務先または学校名)を明記して下記へお送りください。9月10日(月)必着

    • ハガキ送付先: 〒611-0011京都府宇治市五ケ庄 京都大学宇治地区事務部 研究協力課拠点支援掛
    • 電子メール送付先: kokai30@dpri.kyoto-u.i8house3g.com

    申込みは先着順に受付、返信メールまたは返信ハガキにて申込み結果をお知らせします。なお、定員を超えた場合は、受講をお引き受けできないことがあります。

    bet988ご記入いただいた個人情報は、当公開講座以外の目的で使用することはありません。

     

    インターネットでのライブ配信

    bet988開催時間中(10月2日10:00~17:30)に、下記サイトまでアクセスください。

      • 京都大学防災研究所ライブ配信:  

     


    問合せ先

     

    ]]>
    http://i8house3g.com/news/10587/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/10582/ http://i8house3g.com/news/10582/#respond Mon, 28 May 2018 08:05:48 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=10582 2018年度第2回地震火山グループ研究会
     

    日時:平成30年6月22日(金) 15:00~17:10
    場所:宇治おうばくプラザセミナー室4・5
     
    スケジュール:
    15:00~16:00
    南海トラフ付加体の三次元速度構造とその地震波動場への影響
     郭 雨佳 研究員(地域地盤環境研究所)
     
    16:10~17:10
    地震被害軽減のための強震動予測 -近年の大・巨・超巨大地震の知見等を反映して-
    bet988  釜江克宏 特任教授(京都大学複合原子力科学研究所)

    ]]>
    http://i8house3g.com/news/10582/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/10564/ http://i8house3g.com/news/10564/#respond Tue, 22 May 2018 00:37:32 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=10564 2018年4月1日付けで、社会防災研究部門に寄附講座「地震リスク評価高度化(阪神コンサルタンツ)研究分野」が発足しました。

    つきましては、その研究計画やその方向性について披露し、広く内外の専門家のご意見・ご批判を賜る機会として、キックオフ・ワークショップを開催します。内容は下記のとおりです。多数のご参加をお待ちしております。

     

    プログラム(予定)
    13:00~ 開会あいさつ 川瀬博(京大防災研)
    13:05~ 地震リスク評価高度化研究分野に期待するもの 堀家正則(阪神コンサルタンツ)
    13:30~ 地震リスク評価高度化研究分野の主要タスク 川瀬博(京大防災研)
    14:00~ 拡散波動場理論に基づく地盤構造同定と基盤入射波の逆算  長嶋史明(京大防災研)
    14:30~ ———(休憩20分)———
    14:50~ アスペリティとランダム変動を考慮した震源の動的破壊シミュレーション 川瀬博(京大防災研)
    15:30~ 強震動評価の工学的応用とその課題 佐藤智美(大崎総合研究所)
    16:15 ~ 強震動予測レシピの現状と課題 入倉孝次郎(愛知工業大学)
    17:00 閉会

     

    懇親会: ワークショップ終了後、レストラン「きはだ」bet988にて簡単な懇親会を開催します。参加費は1000円です。参加くださる方は下記「参加申込」を参照のうえ、事前にお知らせください。

     

    参加申込: 参加者数の事前把握のため、下記の情報をito★sere.dpri.kyoto-bet988u.i8house3g.com(★を@に変えてください)まで送付くださいますと幸いです。

    • 氏名:
    • 所属:
    • e-mail:
    • ワークショップの出欠:○×
    • 懇親会の出欠:○×
    ]]>
    http://i8house3g.com/news/10564/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/10509/ http://i8house3g.com/news/10509/#respond Sun, 06 May 2018 23:48:41 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=10509 平成31年度入学 修士課程入学試験は、平成30年8月6日(月)~7日(火)に実施予定です。地球惑星科学専攻の研究内容や入学試験についての説明会を下記のように開催しますので、受験希望者は奮ってご参加ください。
     
    京都会場:
    開催場所:京都大学吉田キャンパス・北部構内 理学研究科6号館301号室
    日時:平成30年6月2日(土)10:30-12:30
    ※午後は宇治キャンパスでも各分野の説明が開催されます。
     
    幕張会場:
    開催場所:日本地球惑星科学連合2018年大会 幕張メッセ国際会議場 201B号室
    日時:平成30年5月20日(日)12:30-13:30
     


     

    ]]>
    http://i8house3g.com/news/10509/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/10505/ http://i8house3g.com/news/10505/#respond Sun, 06 May 2018 23:47:15 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=10505 平成31年度入学修士課程入学試験は、平成30年8月6日(月)~7日(火)に実施予定です。地球惑星科学専攻の研究内容や入学試験についての説明会を下記のように開催しますので、受験希望者は奮ってご参加ください。
     

    幕張会場:
    開催場所:日本地球惑星科学連合2018年大会 幕張メッセ国際会議場 201B号室
    日時:平成30年5月20日(日)12:30-13:30
     
    京都会場:
    開催場所:京都大学吉田キャンパス・北部構内 理学研究科6号館301号室
    日時:平成30年6月2日(土)10:30-12:30
    ※午後は宇治キャンパスでも各分野の説明が開催されます。
     

     

    ]]>
    http://i8house3g.com/news/10505/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/10575/ http://i8house3g.com/news/10575/#respond Tue, 01 May 2018 06:16:34 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=10575 Date and Time :June 1, 16:00-17:30
    Room :S-519D, Uji Campus Main Bldg.
    Lecturer :Professor John Anderson (University of Nevada)
    Title :A Puzzle About Intensity IX (Modified Mercalli) Ground Motions
     
    We are pleased to announce the 1st Sogo Bosai Seminar by Prof. John Anderson, who stayed at DPRI as a visiting professor, from University of Nevada.
    He will be talking about one large challenge of Intensity IX. The problem is that according to many seismic hazard analyses, it is predicted to happen too often at several locations in the United States where it can be tested. He plans to talk about the scientific challenges this introduces, and some thoughts that he hopes will be useful contributions towards a resolution.

    ]]>
    http://i8house3g.com/news/10575/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/10501/ http://i8house3g.com/news/10501/#respond Fri, 27 Apr 2018 07:00:59 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=10501 日時:2018年5月25日(金)13:00-15:00
    場所:宇治地区研究所本館S-519D

    (構内マップ中の27番の建物です。)
     
    13:00-14:00
    講演者:大邑潤三 博士 (地震予知研究センター)
    タイトル:1830年文政京都地震の被害と震央の推定
     

    14:00-15:00
    講演者:西川友章 博士 (地震予知研究センター )
    タイトル:地震活動から明らかにする大地震発生メカニズム

    ]]>
    http://i8house3g.com/news/10501/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/10466/ http://i8house3g.com/news/10466/#respond Mon, 23 Apr 2018 00:31:17 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=10466 非常勤講師による講義を下記のとおり、行います。
    演題:ハザード評価のための地震学入門
    講師:John Anderson ネバダ州立大学リノ校教授
    言語:英語
    対象:学生および若手研究者
    日時:

    1. April 26(Thu) 15:00~16:30 E-517D Seminar room III
    2. May 10(Thu) 15:00~16:30 E-517D Seminar room III
    3. May 17(Thu) 15:00~16:30 E-517D Seminar room III
    4. May 24(Thu) 15:00~16:30 E-517D Seminar room III
    5. May 31(Thu) 15:00~16:30 E-517D Seminar room III
    6. June 6 (Wed) 15:00~16:30 S-207D International seminar room

    場所:宇治地区研究所本館 E-517D および S-207D
    概要:

    強震動地震学と地震工学の基本の基をゆっくりとした英語でご解説いただきます。

    bet988なお6月の最後の1回だけ場所と曜日が異なりますのでご注意ください。

    bet988Basic Seismology for Seismic Hazard Analysis

    1. Plate tectonics
    2. Fault physics
    3. Earthquake magnitude and statistics
    4. Seismic waves
    5. Strong motion on rock
    6. Synthetic seismograms
    ]]>
    http://i8house3g.com/news/10466/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/10451/ http://i8house3g.com/news/10451/#respond Mon, 16 Apr 2018 04:45:30 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=10451 平成30年度 京都大学防災研究所 一般研究集会「台風研究会」
    -大規模・広域・複合台風災害の発生要因の理解と減災に向けて-

     
    開催日時: 2018年9月27日(木)、28日(金)
    開催場所: 京都大学宇治キャンパス 連携研究棟3階大セミナー室
    (の77番の建物)
     
     台風による災害は広域的かつ複合的に発生します。例えば、2017年の台風3号通過後に九州北部豪雨が発生しました。また、台風5号の外縁部のレインバンドにより竜巻が発生しました。また、超大型の台風21号により太平洋岸の広域にわたり高潮が発生しました。本研究集会では、異分野の研究者が一同に集い、それぞれの視点からの研究成果を交わすことで、大規模化する台風災害の発生メカニズムを解明しその減災対策を提案することを目的とします。
     本研究集会では、「台風」を共通のキーワードとして、気象学、海洋学、風工学、土木工学、情報学、生態学といった様々な分野の研究者、予報実務者、土木技術者、施策担当者、報道関係者などが産・官・学の垣根を越えて交流し、過去・現在・未来の顕著台風に伴う災害について分野横断的に多角的に議論します。特に、次世代の台風災害研究を担う大学院生の皆さんの積極的なご参加ご発表を期待しています。興味と関心のある方は是非ご参加下さい。
     

    詳細は以下のホームページをご覧ください。

    ]]>
    http://i8house3g.com/news/10451/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/10245/ http://i8house3g.com/news/10245/#respond Wed, 07 Mar 2018 00:42:29 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=10245 【日時】2018年3月30日(金) 16:00~17:30
    【題目】「防災研究所における24年を振り返って」
    【講演者】寶 馨 社会防災研究部門教授
    【場所】宇治おうばくプラザ きはだホール

    ]]>
    http://i8house3g.com/news/10245/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/10241/ http://i8house3g.com/news/10241/#respond Tue, 06 Mar 2018 07:58:02 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=10241 平成29年度 京都大学防災研究所 拠点研究(一般推進研究) 29A-02 研究集会
    「活断層で発生する大地震による地表地震断層近傍地域の強震動予測と地震被害想定の高度化に関する研究集会」
    日時:2018年3月8日(木)11時~17時30分
    会場:京都大学宇治キャンパス 宇治おうばくプラザ セミナー室4&5
     
    プログラム案は下記をご参照ください。

    ]]>
    http://i8house3g.com/news/10241/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/10228/ http://i8house3g.com/news/10228/#respond Tue, 06 Mar 2018 02:05:06 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=10228 【日時】2018年3月30日(金) 13:30~15:30
    【場所】連携研究棟3階大セミナー室
       
    (77番の建物です。)
     
    【スケジュール】
    時間:13:30-14:00
    講演者:森井 亙(京都大学防災研究所 地震予知研究センター 助教)
    タイトル:宮崎観測所の思い出
    要旨:寺石さんとの思い出は、もっぱら宮崎観測所での事になります。初めて宮崎を訪れたのは、新設されたテレメータの配線を寺石さんの代役で仕上げる作業のためでした。その後桜島の井口氏の下請けで、北浦町・椎葉村・木城町で地震計設置のための人足仕事に励みましたが、この時は寺石さんと一緒に行動することが多かったと記憶しています。寺石さんは1歳年上ですが、助手としての経歴では10年ほど先輩になります。そのため随分お世話になり、感謝しています。
     

    時間:14:00-14:30
    講演者:山崎 健一(京都大学防災研究所 地震予知研究センター 助教)
    タイトル:宮崎観測所と観測研究についてー新参者の雑感ー
    要旨:宮崎観測所は地震予知研究センターの遠隔地施設のひとつであり、設立以降40年以上にわたって地殻変動等の地球物理学的観測を続けている。講演者は約8年前に宮崎観測所に着任したのだが、それまでは、学生としても職員としても観測所に常駐した経験はなく、いわば新参者として遠隔地施設に赴任した。その新参者が、着任以降に観測研究や施設維持管理等に関わってきたなかで感じた諸々のことを、今年度退職される寺石さんとのエピソードを絡めながら紹介したい。
     
    時間:14:30-15:30
    講演者:寺石 眞弘(京都大学防災研究所 地震予知研究センター 助教)
    タイトル:宮崎観測所と共に40年
    要旨:宮崎観測所での定常観測は1976年11月(設立1974年4月)からで,主に横穴式観測坑の伸縮計・傾斜計による地殻変動連続観測と短周期地震計による地震観測であった。さらに1986年から3年計画で衛星観測点5点が増設され,宮崎観測所において集中記録・解析が行われてきた。本講演では観測当初からの観測・解析成果について述べる。ちなみに歪記録については,宮崎観測所では6成分41年間,宿毛観測点5成分31年間,伊佐観測点6成分31年間,高城・串間・大隅の各観測点では1成分のみ,各28年,25年21年間の記録に及ぶ。

    bet988※研究会の後に懇親会を予定しています。

    ]]>
    http://i8house3g.com/news/10228/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/10185/ http://i8house3g.com/news/10185/#respond Tue, 27 Feb 2018 06:24:51 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=10185 【日時】2018年3月26日(月) 10:00~12:00
    【題目】「ここまでの研究者人生を振り返って:15年間の準備、3年間の栄光、20年間の挫折ー同じ轍を踏まないために」
    【講演者】川瀬 博 社会防災研究部門教授
    【場所】宇治おうばくプラザ きはだホール

    ]]>
    http://i8house3g.com/news/10185/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/10174/ http://i8house3g.com/news/10174/#respond Fri, 23 Feb 2018 09:00:20 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=10174 非常勤講師による講義を下記のとおり、行います。
    演題:性能設計化における照査技術から新たな市場開拓に向けての解析技術
    講師:飯塚敦 神戸大学都市安全研究センター教授/地盤災害研究部門非常勤講師
    言語:日本語
    日時:2月27日(火)15:00~
    場所:防災研究所 E-417D セミナー室
    概要:
     

    bet988解析技術は,施工リスクの定量的評価に有力な技術である.しかし,特に,地盤構造物に対しては,施工の選択によって土構造物の品質が変化するため,解析だけでは信頼できる予測につながらない.計測・観測技術との一体的運用が求められる.この解析技術と計測・観測技術の高度化は,施工法の合理化につながり,競争力を高める手段ともなり得る.さらに,今後,両者の一体的運用によってもたらされるデータの蓄積は,国交省が進めるi-constructionと相俟って,デジタル経験知のビッグデータを形成するだろう.そのような環境下でどのような技術展開が可能かを考えてみたい.今や巨大シミュレーションの実施が目前の現実となってきており,コンピュータの仮想空間内での先行施工が可能となる.建設業のDMU(デジタルモックアップ)である.その先には,その構造物完工後の人や物流やエネルギ供給などの変化予測も含むことができるであろう.そうなると,このような「情報」は投資家に対する市場を形成する.将来のゼネコンは,投資家などに「情報」を提供する情報企業としての役割も担うものになるかもしれない.

    ]]>
    http://i8house3g.com/news/10174/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/10165/ http://i8house3g.com/news/10165/#respond Fri, 23 Feb 2018 08:03:06 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=10165 文部科学省委託事業「統合的気候モデル高度化研究プログラム」において、本研究所は領域テーマD「統合的ハザード予測」を担当しています(領域代表者 中北英一 気象・水象災害研究部門 教授)。
     
    統合的気候モデル高度化研究プログラム 公開シンポジウム「温暖化対策を気候モデルでどう理解するか」
     
    日 時:2018年3月8日(木)13:00~16:40(12:30開場)
    場 所:一橋大学一橋講堂(東京都千代田区一ツ橋2-1-2 学術総合センター2F)

    主 催:文部科学省
    入場料:無料(自由席)
    申 込:事前登録(以下のホームページよりお申し込みください)
        

    ]]>
    http://i8house3g.com/news/10165/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/10163/ http://i8house3g.com/news/10163/#respond Fri, 23 Feb 2018 07:36:04 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=10163 日時:3月3日(土) 14時~17時
    場所:
     
    プログラム:
    基調講演1 「熊本地震の経験 ~まさかに備える~」
    bet988  熊本赤十字病院救急科 加藤陽一 副部長

    基調講演2「大規模災害時における精神科病院支援 ~熊本地*震の経験から~」
     益城病院 犬飼邦明 理事長 (日本精神科病院協会災害対策委員長 )

    パネルディスカッション 「地域医療BCPをめざして」
     コーディネーター
      牧 紀男 巨大災害研究センター教授
    パネリスト
      熊本赤十字病院 救急科 加藤陽一 副部長
      益城病院 犬飼邦明 理事長 (日本精神科病院協会災害対策委員長 )
      医療法人藤田病院 藤田 宗 院長
      倉田真宏 地震防災研究部門 准教授
      下戸 学 京都大学医学研究科 助教
      杉山 治 京都大学医学部附属病院 特定講師
      相田伸二 京都大学医学部附属病院 臨床工学技士長
     
    bet988 事前申し込みは  から。

    ]]>
    http://i8house3g.com/news/10163/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/10161/ http://i8house3g.com/news/10161/#respond Fri, 23 Feb 2018 07:30:18 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=10161 日時:2018年3月1日 13:30〜15:00
    場所:宇治地区研究所本館 水資源環境研究センター演習室(S217D)
     

    講演 13:30〜14:30
    講師: 川崎昭如  東京大学大学院工学系研究科 特任教授
    題目:「発展途上国政府の水害対応能力の向上を目指した国際科学技術協力 」
     
    概要:多くの発展途上国では、気象・水文に関する観測網や解析スキル等を
    持ち合わせておらず、水害に対して十分な対応を取ることが難しい。本発表
    では、JST/JICA SATREPSプログラムの一環として、ミャンマーを対象に進
    めている研究開発や社会実装の取り組みを紹介させていただく。縦割り行政
    が激しい同国政府での部局間連携に向けて、観測施設の共同設置やデータ統
    合解析のプラットフォーム開発、能力開発、体制づくりなどの活動も併せて
    紹介する。
     

    総合討論 14:30〜15:00

    ]]>
    http://i8house3g.com/news/10161/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/10152/ http://i8house3g.com/news/10152/#respond Fri, 16 Feb 2018 08:30:28 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=10152 We are pleased to announce the special guest lecture by Dr. Emmanuel
    Garnier, PhD, CNRS Director of Research, Research Professor, University
    of Besancon, France as follows. We would like to welcome all of you to
    bet988 the lecture.

     

    場所/Venue: 京都大学宇治キャンパス S-519D / DPRI, Kyoto University, Uji Campus (S-519 D)
    開催日時/Date:2018年2月28日 15:30 – 17:00/ 28 February 2018 15:30 – 17:00
     

    LECTURE:
    “Learning from the past: A historical approach for better resilience?”
    SPEAKER:
    Emmanuel Garnier, PhD, CNRS Director of Research, Research Professor, University of Besancon, France
     

    ABSTRACT:
    In the aftermath of a new disaster, it is usual in the West to affirm the novelty of such an extreme event. Thus, catastrophe would be a new phenomenon and, consequently, our societies and their governments would be condemned to adapt by promoting new strategies and policies.
    The presentation will demonstrate the value of a historical approach to better understanding and preventing disasters. Initially, we will give concrete examples of collaborations with public and private companies in France in the fields of nuclear and insurance. In the second part, we will focus on methods for using historical data in order to improve the statistical knowledge of risks in terms of frequency and intensity, but also to estimate the cost of a historical event today (Paris flood in 1910 v 2017). Finally, we will show how by maintaining knowledge of the risks experienced in the past, current societies and their elected representatives can better anticipate human occupation errors.
     
    ABOUT THE SPEAKER:
    Prof. Emmanuel Garnier is CNRS Director of Research and Research Professor at University of Besancon, and Honorary Member of the Institut Universitaire de France. His research focuses on the history of extreme events (climate, health, seismology and geology) and disasters over the past 500 years. In addition to their frequency and intensity, these historical hazards are explored as indicators of social vulnerabilities and to determine adaptation strategies.
     
    Prof. Garnier uses a wide range of historical sources in Europe, China, Africa, the Indian Ocean and the Caribbean. Dr. Garnier investigates written records as well as all kinds of images, paintings, and so on, that capture historical extreme events and their impacts. Thanks to these historical records he takes part in multi-disciplinary French and international projects to strengthen and improve climate, hydro meteorological or seismic models. In the case of hurricanes and floods, historical series can considerably reduce the return periods ? the number of years between two extreme events- calculated by models. Prof. Garnier has published extensively, and with his collaborators established a historical database of extreme events in France (http://www.unicaen.fr/histclime/).

    ]]>
    http://i8house3g.com/news/10152/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/10138/ http://i8house3g.com/news/10138/#respond Fri, 16 Feb 2018 08:18:59 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=10138 Inter-Graduate School Program for Sustainable Development and Survivable Societies
     

    Interdisciplinary Seminar (1 session course)
     

    Roundtable for Risk and Uncertainty: Comparative Schemes for Risk Communication in Japan and United States
     

    Speakers:
    James Goltz (Former Branch Chief of the California Office Of Emergency Services / DPRI Visiting Professor)
    Manabu Hashimoto (DPRI Professor)
    Steven Brantley (U.S. Geological Survey Hawaiian Volcano Observatory)
     

    Discussant:
    Ana Maria (DPRI Professor)
     

    Moderator:
    Mika Shimizu (GSS Associate Professor)
     

    Date: 2018年3月6日 15時-16時30分/March 6, 2018 15:00-16:30
    Venue: 京都大学吉田キャンパス 総合生存学館(思修館)/Shishukan Hall (Kyoto University HIGASHI ICHIJOKAN, basement floor)
     

    Note: Open to Students and Faculties in Any School
     

    [Summary]
    Today’s modern risk society is increasingly complex, uncertain and interconnected. One of the key policy measures in addressing the modern risk society is risk information disclosure and communication which correlates with substantial risk reduction. Risk communication is not a one time or technical issue, but an overarching, multidisciplinary, national to global issue.
    It is recognized that there are different cases where disaster risk information is not disclosed to the public for several reasons including: (a) information is not available, (b) information is incomplete or (c) information has a high level of uncertainties. The non-disclosure of risk information and/or inappropriate risk communication often results in tragic disaster consequences. Specifically it is to note that the issue of “uncertainty” of risk is a major barrier to risk information disclosure and communication among government, communities, industry and other stakeholders including the public, although the reasons vary depending on disaster risks and situations.
    Given the above common understanding, interdisciplinary researchers and practitioners beyond individual research disciplines will come together in this seminar to seek for how to address risk and uncertainty issues through schemes of risk communication. Especially with the focus on earthquake and volcano risk cases, the speakers will:
     

    1) comparatively share relevant schemes, including current policies, systems and related processes with specific cases (lecture/presentation),
    2) discuss about challenges or good practices and better schemes of risk communication for better understandings of uncertainties and disaster preparedness among multi-stakeholders (roundtable discussions).
     

    This seminar is made possible as a part of collaborative efforts among researchers and practitioners for risk communication research in Japan and the United States who have been in collaborations for the past years. Please join in our collaborative efforts in better risk communication regardless of your discipline.
     

    [Active type] Lecture/ Discussion
     

    [Obligation of attendee ]
    Active participation in discussion

    ]]>
    http://i8house3g.com/news/10138/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/10131/ http://i8house3g.com/news/10131/#respond Tue, 13 Feb 2018 23:57:25 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=10131 Sogo-Bosai Seminar : “Challenges in risk information disclosure and risk communication.”
    Convener: Prof. Ana Maria Cruz

     
    日時: 2018.3.7 9:00 – 13:00
    場所:連携研究棟301大セミナー室
     

    8:30-9:00
     Registration
    9:00-9:10
     Welcome and introduction
      Ana Maria Cruz
     
    Session 1. Part 1.
    Risk communication and uncertainties: The case of volcanic hazards
    Chair: Masamitsu Onishi

    9:10-10:10
     Volcano predictions and evacuation from two case studies
      Jim Mori, Kyoto University (TBC)
     Discussion
     
    10:10-10:30 Coffee break
     
    Session 1. Part 2.
    Chair: Ana Maria Cruz

     
    10:30-11:00
     Disaster Planning and Risk Communication with a Small
     Community in a Volcanic Island: Lessons from the 2015
     Kuchinoerabujima Volcano Eruption.
      Mayumi Sakamoto, University of Hyogo
     
    11:00-11:30
     A methodology for normative decision making on
     evacuation order from volcDnic disasters with the
     consideration of unforeseen risks
      Masamitsu Onishi, Kyoto University
     
    11:30-12:00
     Mt. Sakurajima: Uncertainties and Risk Communication for
     Short- and Long-term Hazards
      Alexandros Poulidis, Kyoto University
     
    12:00-12:10 Break
     
    Session 2. Panel Discussion
    Uncertainties in earthquake prediction and forecasting
    Moderator and chair: Mika Shimizu

    12:10 -12:50
     Introduction: Setting the stage
      Mika Shimizu
      Panelists:
      James Goltz, Manabu Hashimoto, Masumi Yamada,
      Jim Mori, Hirokazu Tatano
     
    bet988 12:50-13:00 Wrap-up and closing

     

    For questions and to confirm your participation please email Ms. Marina Hamidzada at:marina.hamidzada.42x[at]st.kyoto-u.i8house3g.com
    当日参加も可能ですが、参加ご希望の方は
    marina.hamidzada.42x[at]st.kyoto-u.i8house3g.comまで事前にメールにて連絡いただけますと幸いです。

    ]]>
    http://i8house3g.com/news/10131/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/10125/ http://i8house3g.com/news/10125/#respond Thu, 08 Feb 2018 09:10:07 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=10125 京大ユネスコチェア(WENDI)が開設されることに伴い、特別講演会及び協定締結式を行います。京都大学にユネスコ・チェアを設立し、 水・エネルギー・災害に関する大学院共通・横断教育を展開します。

     

    プログラム
    ■ 9:10-9:20  開会挨拶  寶 馨(大学院総合生存学館長/防災研究所教授)
    ■ 9:20-10:00 水と持続可能開発
    ユネスコ国際水文学計画(IHP)政府間理事会議長 Andras Szollosi-Nagy(アンドラス・ソロジ-ナギ)
    ■ 10:00-10:30  山極壽一総長の署名と歓迎の辞
    ■ 10:40-11:20  IHPとそのイニシアティブ
    ユネスコ水科学部長 Blanca Jimenes-Cisneros(ブランカ・ヒメネス-シスネロス)
    ■ 11:20-11:30  討議

     

     

    登録不要/参加費無料/使用言語:英語

     

     

    問い合わせ:京大ユネスコチェア事務局
    E-mail:secretariat_wendi*mail2.adm.kyoto-u.i8house3g.com(*を@に変えて送信してください)

    ]]>
    http://i8house3g.com/news/10125/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/10077/ http://i8house3g.com/news/10077/#respond Wed, 31 Jan 2018 02:53:41 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=10077 Date and time: 15:00-17:30, 2nd, February.
    Room: S-519D
     
    Lecuture one
    Speaker: Dr. Asthildur Elva Bernhardsdottir
     

    Title: Cultural theory to risk- and disaster management
     

    Abstract: Dr. Bernhardsdottir will discuss her research on the relationship between cultural values and decision-makers’ approach to risk- and disaster management. Her research shows that decision-makers’ cultural values influence the way in which they perceive various risks and how they process risk information.

     

    Lecture two
    Speaker: Dr. Hideyuki Shiroshita
     

    Title: How can we recognize a black swan as a special bird? :The importance of co-learning for DRR
     

    Abstract: The 2011 Tohoku earthquake was described as an unimaginable event. After the disaster, it has been pointed out that preparedness for unimaginable events is important. However, it is impossible to find any unimaginable events before it happens if the events are unimaginable for all people. Rather, the situations that some people think it is an unimaginable event but others do not think so should be avoided. In other words, the situations some people see a black swan, but they do not recognize it as a special one should be prevented. In this talk, a solution of this issue will be proposed from pedagogical perspective.

     

    ※対象:大学生、研究者
    ※本セミナーは、事前の申し込みなしでご参加いただけます。

    ]]>
    http://i8house3g.com/news/10077/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/9974/ http://i8house3g.com/news/9974/#respond Tue, 28 Nov 2017 02:32:25 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=9974 【日時】2017年12月22日(金) 15時~17時
    【場所】宇治地区研究所本館 S-519D

    bet988 (構内マップ中の27番の建物です)

    【スケジュール】
    時間:15:00-16:00
    講演者:山下 裕亮(京都大学防災研究所 附属地震予知研究センター 宮崎観測所 助教)
    bet988 タイトル:九州東方・日向灘〜南西諸島海溝におけるスロー地震の海底観測

    要旨:東北地方太平洋沖地震以降、プレート境界浅部域における従来の考え方の見直しが迫られたこともあり、プレート境界浅部での海底観測が日本周辺を始め、環太平洋沿いの沈み込み帯で行われている。本発表では,2013年に九州東方の日向灘で行った海底地震観測により明らかとなった浅部低周波微動活動について紹介する.一方で,2013年の観測はわずか3ヶ月の観測による成果であり,活動の普遍性や地域性などの有無については不明であった.そこで,2014年度より複数のプロジェクトで実施している日向灘から南西諸島海溝にかけての長期連続海底観測研究について紹介するとともに,これらの観測データの解析から明らかとなりつつある浅部低周波微動活動について報告する.

    時間:16:00-17:00
    講演者:上田 圭一(電力中央研究所)
    タイトル:2016年熊本地震(Mw 7.0)時に出現した2系統の地表地震断層群の活動履歴と形成過程 –
    トレンチ調査および断層模型実験による予察的検討-

    bet988要旨:2016年熊本地震(Mw7.0)では、布田川-日奈久断層沿いに地表地震断層群が出現した。このうち益城町寺迫~下陳地区の平野部では、右横ずれ変位主体のENE-WSW系の断層群と,左横ずれ変位主体のNW-SE系の断層群が認められた。両断層群の活動履歴と形成過程の解明を目的として,トレンチ調査と断層模型実験による予察的検討を実施した。トレンチ調査については、今後,詳細な年代測定結果による検討を行う必要があるが,現時点のデータから,右横ずれ変位主体のENE-WSW系断層群は,最近の時代において,約2000~3000年間隔で活動していると考えられる。また当断層群と左横ずれ変位主体のNW-SE系の断層群とが同時に活動する古地震イベントの可能性も示唆される。このような断層挙動は,Riedel shear群の変位に伴い,それらのステップ部に生じる歪を解消するためantithetic Riedel shear が変位するモデルに整合的と考えられる。

    ]]>
    http://i8house3g.com/news/9974/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/8623/ http://i8house3g.com/news/8623/#respond Mon, 27 Nov 2017 01:25:24 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=8623 平成29年度 京都大学防災研究所研究発表講演会

    開催日:2018 年2 月20 日 火曜日~ 21 日 水曜日
    場 所:宇治おうばくプラザ、京都大学宇治地区研究所本館(宇治市五ヶ庄) 【入場無料】
    bet988 JR 奈良線黄檗駅から徒歩約5 分 京阪宇治線黄檗駅から徒歩約6 分

    公式サイト: http://i8house3g.com/hapyo/18/
     

    ポスター発表や口頭発表による本研究所の最新の研究成果や災害調査結果を報告するための研究発表会です。皆様のお越しをお待ちしています。

    開催期間 2018.02.20 ~ 2018.02.21
    場所 宇治おうばくプラザ、京都大学宇治地区研究所本館

    ※20日の 9:30 ~ 12:30 Ustream 配信します。配信サイトは、「」

    講演会プログラム
    講演会ポスター

     



    ]]>
    http://i8house3g.com/news/8623/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/9938/ http://i8house3g.com/news/9938/#respond Wed, 15 Nov 2017 00:54:09 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=9938 bet988平成29年度第4回の水資源セミナー

     

    日 時: 2017年11月20日(月) 15時~17時15分
    場 所: 宇治おうばくプラザセミナー室4+5

    話 題:
    1)「水防活動における人的公用負担法制の現状と課題」
    重本 達哉 水資源環境研究センター客員准教授
    (大阪市立大学大学院法学研究科 准教授)

    概要:行政代執行をはじめとする行政上の義務履行確保手段という観点から、水防法24条(居住者等の水防義務)、災害対策基本法65条(応急公用負担等)の役割について、関係する判決を踏まえて検討する。

    2)「日韓のため池灌漑の始まりとその発展」
    小山田 宏一 水資源環境研究センター非常勤講師
    (奈良大学文学部文化財学科 教授)

    概要:アジア・モンスーン地帯の中でため池灌漑が発達している地域の中から韓国と日本を取り上げ、ため池灌漑の始まりと発展を概観し、最後に話題提供としてアジア・モンスーン地帯のため池ネットワークの類型化を行う。

    ]]>
    http://i8house3g.com/news/9938/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/9873/ http://i8house3g.com/news/9873/#respond Tue, 07 Nov 2017 07:54:41 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=9873 本研究所の教員から2つのテーマについて講演し、実際に産学連携に取り組まれた企業様からも講演いただきます。
    大変興味深い内容になっており、どなたでもご参加いただけますのでお気軽にお越しください。(第2部の懇親会は会費制)
    事前申込みが必要です(定員60名)。「  」からお申込みください。
     
    日時: 平成29年 11月 28日(火) 14時~19時
    場所: 連携研究棟3階 大セミナー室
    主催: 京都大学・京都大学宇治キャンパス産学交流企業連絡会・京都府中小企業技術センター・(公財)京都産業21
    共催: 京都やましろ企業オンリーワン倶楽部

    ]]>
    http://i8house3g.com/news/9873/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/9867/ http://i8house3g.com/news/9867/#respond Thu, 02 Nov 2017 10:02:38 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=9867 日時:平成29年11月30日(木)14時-17時30分
    会場:連携研究棟3階大会議室
     
    <プログラム>
    14時00分-14時05分 開会挨拶:所長 中川 一
    14時05分-14時10分 調査全体像:副所長 牧 紀男
    14時10分-14時40分(気象・水文)「九州北部豪雨の特徴」 石川 裕彦
    14時40分-15時10分(地形変動) 「地表変動」 釜井 俊孝
    15時10分-15時40分(治水)「九州北部豪雨による水・土砂・流木の氾濫」 竹林 洋史
    <休憩>
    16時00分-16時30分 (情報・避難・災害対応)「地域の災害対応を支える防災文化の今」 竹之内 健介
    16時30分-17時00分 (AI・IT技術)「先端的な情報技術の災害対応への適用に関する考察」 畑山 満則
    17時00分-17時30分(全体ディスカッション)進行:牧 紀男、川池 健司

    ]]>
    http://i8house3g.com/news/9867/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/9844/ http://i8house3g.com/news/9844/#respond Mon, 16 Oct 2017 00:57:44 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=9844  上宝観測所と穂高砂防観測所の共通の研究対象である焼岳火山に関する展示や公開講座を行います。午前中は、奥飛騨総合文化センターにて当日開催される高山市主催の焼岳火山防災訓練に参加し、焼岳の火山防災への取り組み等の展示等を行います。午後は、中尾公民館に場所を移し、焼岳火山に関する公開講座を行います。

    bet988※ 「京大ウィークス2017」の関連イベントとして開催します。

    開催日
    • 2017年11月11日 土曜日
    時間 【防災訓練展示】10時00分~12時00分
    【公開講座】13時00分~15時30分
    開催地 奥飛騨総合文化センターおよび中尾公民館(岐阜県高山市奥飛騨温泉郷村上1689-3 および同中尾429-2)
    【アクセス】
    JR「高山」から、公開講座会場の中尾公民館までの送迎バスあり(必要な方は電話にてお申し込みください。)
    自家用車の場合、中尾公民館の駐車場をご利用ください。
    対象 小学生以上
    定員 【防災訓練展示】定員なし(申し込み不要)
    【公開講座】40名(申し込み必要)
    参加費 無料
    申し込み 公開講座のみ、下記「関連リンク」Webサイトにてご確認のうえ、電話でお申し込みください。
    ※ 申し込み開始: 2017年10月16日(月曜日)~
    申し込み締切日 2017年11月9日(木曜日)
    ※ 定員になり次第、締め切ります。
    問い合わせ 防災研究所 上宝観測所
    Tel: 0578-86-2350
    関連リンク

     

    ]]>
    http://i8house3g.com/news/9844/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/9800/ http://i8house3g.com/news/9800/#respond Thu, 28 Sep 2017 07:45:52 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=9800  近年衛星観測や数値シミュレーションの充実により、温暖化の影響の定量化が可能になるとともに、海洋・海氷が循環異常に与える影響や年々変動や季節内振動と異常天候との関係が明らかになりつつあります。
    bet988  本研究集会では、対流圏・成層圏結合過程、北極海海氷融解やエルニーニョの天候への影響、台風や熱帯季節内振動の予測可能性に関して、最新の成果について討論し多様な研究分野・手法の交流を図ります。

     
    詳細は、「  」をご参照ください。
     

    主催: 廣岡俊彦(九州大学大学院 教授)
    共催: 向川 均(京都大学防災研究所 教授)、余田成男(京都大学大学院 教授)、木本昌秀(東京大学大気海洋研究所 教授)、榎本 剛(京都大学防災研究所 准教授)
     
    日時: 2017年11月20日(月)14時〜21日(火)12時
       (懇親会: 11/20 セッション終了後予定)
    bet988 場所: 京都大学 宇治キャンパス 防災研究所連携研究棟3F大セミナー室(301号室)

     
    ご参加される方は、からお申込みください。

    ]]>
    http://i8house3g.com/news/9800/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/9793/ http://i8house3g.com/news/9793/#respond Thu, 28 Sep 2017 06:17:22 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=9793  スリランカでは、2000年以上の歴史を有する伝統的な灌漑水利施設群(ため池)が存在し、個々の施設はもとより、連珠式と呼ばれる親子構造のため池ネットワークによる水資源管理システムに先進性があり、日本の代表的な古代水利施設であり大阪の狭山池にも影響を与えたとされます。インフラの長寿命化が求められる中、これら伝統的な水利施設が今日まで受け継がれてきた歴史と、今日に通じる設計・管理上の鍵を明らかにします。
     
    詳細は、「 」をご参照ください。
     

    日時 平成29年10月31日(火) 10時ー17時
    場所 京都大学宇治キャンパス 宇治おうばくプラザ きはだホール
    参加 無料 (ただし、交流会参加は 4,000円) 参加者100人程度予定
    ※参加ご希望の方は、
    参加者氏名、所属、連絡先、交流会参加の有無(4,000円)を本セミナー事務局(kyoto.ecohydro@gmail.com)までお知らせください。
    言語 日本語
     
    講演者と講演タイトル
     
    ・基調講演

     小山田 宏一 (奈良大学文学部文化財学科 教授)
      「日韓のため池灌漑の始まりとその発展」
     Thavakkumar VALLIPURAM (Irrigation Engineer, Irrigation Department of Sri Lanka)
      「スリランカの水資源管理1」
     Kirushnarupan NAVARATHINAM (Irrigation Engineer, Irrigation Department of Sri Lanka)
      「スリランカの水資源管理2」
     
    ・事例講演

     大川 裕子 (日本女子大学 学術研究員)
      「中国古代のため池灌漑-南陽・ 淮域における連珠式灌漑を中心に-」
     下村 良希 (大阪府 都市整備部 河川室長)
      「狭山池、平成の大改修と今後の利活用の展望」
     小田 哲也 (兵庫県農政環境部農林水産局 農村環境室 ため池水利班班長)
      「東播磨のため池」
     
    パネルディスカッション
     
    bet988 交流会(きはだレストラン)

    ]]>
    http://i8house3g.com/news/9793/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/9778/ http://i8house3g.com/news/9778/#respond Wed, 27 Sep 2017 00:16:24 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=9778 フランス大使館主催のFrench-Japanese Week on Disaster Risk Reduction(日仏防災イベント週間)の中で、SEISM、IFSTTAR、CEREMA、DPRI共同ワークショップを開催します。
    詳細は、[ ]
    をご参照ください。
     
    日時:2017年10月5日 9時~16時45分
    場所:

    ]]>
    http://i8house3g.com/news/9778/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/9862/ http://i8house3g.com/news/9862/#respond Mon, 25 Sep 2017 01:56:23 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=9862 bet988京都大学宇治キャンパス公開は、学外の皆様にキャンパス内の様子や、大学で行っている活動の一端を知っていただき、さらには科学に興味をお持ちいただく一つのきっかけになればと思い、毎年開催しております。 幼児から大人までが「科学」を楽しめるよう、工夫を凝らしておりますので、皆様のお越しをお待ちしております。

    bet988公式サイトは、【  】

     

    ]]>
    http://i8house3g.com/news/9862/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/9765/ http://i8house3g.com/news/9765/#respond Fri, 22 Sep 2017 08:30:38 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=9765 フランス大使館主催のFrench-Japanese Week on Disaster Risk Reduction(日仏防災イベント週間)の中で、BRGM-DPRI共同ワークショップを開催します。
    詳細は、[ ]
    をご参照ください。
     
    日時:2017年10月3日 11時~17時30分
    場所:

    ]]>
    http://i8house3g.com/news/9765/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/9738/ http://i8house3g.com/news/9738/#respond Thu, 14 Sep 2017 00:27:18 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=9738 日時:2017年10月6日(金) 15時00分-16時15分
    場所:宇治地区研究所本館 巨大災害研究センター中会議室 N-441D
    対象:大学院生、研究者
     
    話題提供者:Douglas S. Lownsbery氏 (National Science Foundation Graduate
    Research Fellow Science Education, College of Education, Oregon State University)
     

    タイトル:Earthquake and Tsunami Education for Conceptual and Behavioral
    bet988 Change: Applying Theory and Developing Practice

    ]]>
    http://i8house3g.com/news/9738/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/9731/ http://i8house3g.com/news/9731/#respond Thu, 14 Sep 2017 00:12:26 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=9731

    南海トラフ巨大地震総合研究グループ第3回研究集会

    日時:平成29年10月10日(火)13時~17時 場所:京都大学宇治キャンパス 防災研究所 連携研究棟3階大セミナー室 地図:(番号77番の建物です。) 第1部 趣旨説明(13:00~13:10)  澁谷拓郎(京大防災研) 史料地震学でみた南海トラフ巨大地震の発生履歴の問題点(13:10~13:40)  石橋克彦(神戸大) 南海トラフ地震の規則性・不規則性とその課題(13:40~14:10)  古村孝志(東大地震研) 巨大地震による強振動予測のための強振動生成領域に対する距離減衰式の適用(14:10~14:40)  宮澤理稔(京大防災研)   休憩(14:40~14:50)   第2部 固着の剥がれ方の多様性と大地震の発生(14:50~15:20)  加藤愛太郎(東大地震研) 南海トラフ域でのモニタリングと推移予測のための不均質構造モデル構築と解析手法の高度化(15:20~15:50)  堀 高峰(海洋研究開発機構) 次の南海トラフ巨大地震発生前・後に何が起きるのかをモニタリングする調査観測(15:50~16:20)  平原和朗(京大理) 総合討論(16:20~16:50)  澁谷拓郎(京大防災研) ]]>
    http://i8house3g.com/news/9731/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/9711/ http://i8house3g.com/news/9711/#respond Mon, 11 Sep 2017 01:14:03 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=9711 中国、台湾、韓国から研究者を招へいして、おもに30~40代の若手で自らモデリングやその適用を行っている人たちに話題提供を依頼しています。
    事前申し込み等は必要ありませんので、当日は直接会場にお越しください。

     

    ★内容およびプログラムについては Program をご覧ください。

     

    • 13:00 – 13:05 Opening address
    • 13:05 – 13:50 Dynamic mechanisms of people and vehicle instability in urban floods and risk estimation modelling
      Prof. Junqiang XIA (Wuhan Univ., China)
    • 13:50 – 14:20 Introduction of inundation-nowcast warning system in Tainan City
      Mr. Chihwei HUANG (National Cheng Kung Univ., Taiwan)
    • 14:20 – 14:50 Application of seamlessly integrated river flood-, sewerage network-, and coastal hydraulic- models for compound inundation in coastal urbanized area
      Dr. Yoshihiro SHIBUO (ICHARM PWRI, Japan)
    • 14:50 – 15:00 ———– Break ———–
    • 15:00 – 15:30 Detailed numerical simulation of hydraulic processes in urban inundations
      Prof. Hong XIAO (Sichuan Univ., China)
    • 15:30 – 16:00 Why Hybrid Parallel Computing is Essential for 1D-2D Coupled Urban Inundation Modelling
      Dr. Seungsoo LEE (APEC Climate Center, Korea)
    • 16:00 – 16:15 Collaborative study of floodplain and sewerage system in Kochi
      Mr. Takumi SAWATANI (Kyoto Univ., Japan)
    • 16:15 – 16:35 Combining Science and Stakeholder Involvement for Decision Making
      Dr. Hsiaowen WANG (National Cheng Kung Univ., Taiwan)
    • 16:35 – 16:50 Report of activity for high school students using the flood hazard map
      Dr. Kenji KAWAIKE (Kyoto Univ., Japan)
    • 16:50 – 17:00 Closing remarks
    • 18:00 – 20:00 Exchange party at Restaurant KIHADA
    ]]>
    http://i8house3g.com/news/9711/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/9816/ http://i8house3g.com/news/9816/#respond Sun, 03 Sep 2017 23:45:38 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=9816

    申込方法の詳細はこちら

    開催日
      2017年10月29日 日曜日
    時間 13時30分~15時30分
    開催地 防災研究所 宮崎観測所(宮崎市加江田3884)
    【アクセス】
    JR日南線「木花」から送迎タクシーを利用可(無料)
    ※ 観測所の駐車スペースが狭いため、やむを得ず車での来所を希望される場合は事前にご相談ください。
    対象 中学生以上
    定員 20名(申し込み必要)
    参加費 無料
    申し込み 以下の項目を記入の上、ハガキもしくはe-mail にてお申し込みください。

    • 申込者名
    • 住所
    • 年齢
    • 性別
    • 電話番号(できれば当日連絡がつく番号)
    • メールを利用可能な方はそのアドレス
    • JR日南線「木花」からの送迎タクシー(無料)利用の有無

    【申し込み先】
    住所:〒889-2161 宮崎県宮崎市加江田3884
    防災研究所 宮崎観測所
    ※ 申し込み開始: 2017年9月1日(金曜日)~

    申し込み締切日 2017年9月30日(土曜日)必着bet988→10月21日(土) ※募集定員になり次第締め切り

    ※ 申し込み多数の場合は抽選となります。なお、中学生・高校生を優先させていただきます。

    問い合わせ・申込先 防災研究所 宮崎観測所
    E-mail:myzobs*rcep.dpri.kyoto-u.i8house3g.com(*を@に変えてください)
    ]]>
    http://i8house3g.com/news/9816/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/9652/ http://i8house3g.com/news/9652/#respond Wed, 23 Aug 2017 04:24:32 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=9652 日時:2017年9月1日(金) 16:00-18:00
    場所:宇治地区研究所本館 S-519D
    対象:大学生、研究者向け
     
    講師1:Irasema Alcantara Ayala 教授 (巨大災害研究センター客員教授/メキシコ自治大学教授)
    タイトル:Civil Protection in Mexico: a brief history and challenges ahead
    講師2:Liping Fang教授 (社会防災研究部門客員教授/Ryerson大学教授)
    タイトル:Risk Management of Extreme Events: A System of Systems
    Engineering Methodology

    ※本セミナーは、事前の申し込みなしでご参加いただけます。

    ]]>
    http://i8house3g.com/news/9652/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/9633/ http://i8house3g.com/news/9633/#respond Mon, 21 Aug 2017 08:36:30 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=9633 全国から集まった宇宙地球科学の研究者たちが、宇宙のさまざまな現象を展示や実験によってわかりやすくお伝えするイベントです。お子様からシニアの方まで、みなさまのご来場をお待ちしています。

     

    ★2017年9月1日から参加申込み受付します。詳しくはこちらのページをご覧ください。

     

     

    地球電磁気・地球惑星圏学会 2017 一般公開イベント

    京都で体験!キミの知らない宇宙と地球の物語

    日時: 2017年10月15日(日)11:00〜16:00
     
    場所: 京都大学宇治キャンパス(京都府宇治市五ヶ庄)
    交通: JR奈良線・京阪宇治線「黄檗」駅より徒歩8分(お車での来場はできません)
     
    主催: 地球電磁気・地球惑星圏学会
    共催: 防災研究所・生存圏研究所・学術情報メディアセンター
    協賛: 理学研究科
    bet988 後援: 宇治市教育委員会・京都市教育委員会

     

    <講演会「宇宙をめざせ」>

    講師: 土井 隆雄 先生

    (京都大学宇宙総合学研究ユニット特定教授・宇宙飛行士)

    日時: 10月15日(日)13:00~14:00
    場所: 宇治キャンパス内 化学研究所
    対象: 小学〜高校生、一般

     

    <はかせと実験>

    場所: 宇治キャンパス内 生存圏研究所木質ホール3階

    • 「手作りラジオで電波星をめざせ」
    • 「ピンポン球惑星工作」

    (事前申込みが必要です)

     

    <おしえて☆はかせ>

    最先端で活躍するはかせが、趣向をこらした展示を用意しています. はかせにいろいろ聞いてみよう!

    登場予定はかせ:

    • 惑星はかせ
    • 宇宙天気はかせ
    • 海はかせ
    • 南極・北極はかせ
    • ほかにも…
    ]]>
    http://i8house3g.com/news/9633/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/9673/ http://i8house3g.com/news/9673/#respond Fri, 18 Aug 2017 00:35:16 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=9673 第 54 回自然災害科学総合シンポジウム

     
    主 催 : 京都大学防災研究所自然災害研究協議会
    日 程 : 平 成 29 年 9 月 14 日 ( 木 ) 11 時 〜 16 時 30 分(終了予定)
    場 所 : 化学研究所 共同研究棟1階大セミナー室
    〒 611-0011 宇治市五ヶ庄 京都大学宇治キャンパス内
    参加費 : 無 料
     
    (準備の都合上、事前申込にご協力ください。当日参加は可能です。)
    お名前・ご所属を
    「 saigai-jimudrs.dpri.kyoto-u.i8house3g.com 」
    にお送りください
     

    プログラム

    10:30〜 受付開始
    11: 00-12:40

    ・開会の挨拶

    ・【 科 学 研 究 費 補 助 金 ・ 特 別 研 究 促 進 費 に よ る 突 発 災 害 調 査 研 究 平 成 28 年度報告】
     「 2016 年熊本地震と関連する活動に関する総合調査」
    bet988    研究代表者 清 水 洋 (九州大学大学院理学研究院)

    ・【 科 学 研 究 費 補 助 金 ・ 特 別 研 究 促 進 費 に よ る 突 発 災 害 調 査 研 究 平 成 29 年度中間報告】
    「 2017 年 3 月 27 日に栃木県那須町で発生した雪崩災害に関する調査研究」
       研究代表者 上 石 勲(防災科学技術研究所)

    [昼食休憩]

    bet98813:40-15:10

    【自然災害研究協議会突発災害調査報告】
    ・北海道知床半島羅臼町における海岸斜面の変動について
      山田真澄(京都大学防災研究所)
    ・ 2016 年 8 月東北豪雨による岩手県内の河川災害調査結果
      松林由里子(岩手大学理工学部)
    ・ 熊本城の被災地盤構造物の調査報告
    bet988   杉本知史(長崎大学大学院工学研究科)

    [休憩]

    15:30-16:30

    ・【防災研究所共同研究・地域防災実践型共同研究】
      28R-01「レーダーネットワークを活用した統合防災システムの構築」
       佐々浩司(高知大学自然科学系理学部門)

    ・総合討論

    ・閉会の挨拶

    ]]>
    http://i8house3g.com/news/9673/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/9576/ http://i8house3g.com/news/9576/#respond Fri, 04 Aug 2017 05:00:37 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=9576
    京都大学防災研究所 公開講座 (第 28 回) -災害を知り,災害に備える-

     

    日時:bet988 2017年10月11日(水) 10時 ~ 16時30分

     
    【会場での受講】
    場所: 
    *京都市営地下鉄烏丸線、近鉄京都線、JR各線「京都駅」下車。徒歩5分
    入場料:  無料
    定員:  200名

    会場での受講申し込み方法は、【こちら】をご参照のうえ、お申込みください。

     
    インターネットでの受講:当日インターネット生中継を行いますので、時間になりましたら、下記までアクセスください。
    [防災研究所 Live中継サイト] 【http://www.ustream.tv/channel/dpri】
     

    京都大学防災研究所は、1951 年の創設以来、わが国や諸外国を襲う様々な自然災害を軽減することを目的に、「災害学理の追求と防災に関する総合的・実践的な研究の推進」をミッションとした研究と教育を展開しています。また、防災に関する我が国唯一の共同利用・共同研究拠点として、共同研究や研究集会を実施し、大型研究プロジェクト等の遂行に中核的役割を果たしています。
    本公開講座は、防災研究所の最新の取り組みを分かりやすくお伝えするとともに、皆様との意見交換の大切な機会として開催し、第 28 回を迎えました。防災研究に関心をお持ちの方々のご参加を心よりお待ち申し上げます。



     

    【プログラム】
    10:00~10:05 所長 中川 一 開会の挨拶 

    10:05~11:05 准教授 西村卓也 西南日本のひずみ集中帯と内陸地震
    11:05~12:05 助教 宮田秀介 多様な形態をとった熊本地震での土砂災害
    12:05~13:20  ― 昼休み ―
    13:20~14:20 教授 渦岡良介 近年の地震における地盤の液状化災害 
    14:20~15:20 准教授 佐山敬洋 洪水予測の先端技術とリアルタイム浸水ハザードマッピング 
    15:20~15:40  ― 休憩 ―
    15:40~16:25 総合討論(司会:教授 角 哲也) 

    16:25~16:30 教授 角 哲也 閉会の挨拶 
     

    ]]>
    http://i8house3g.com/news/9576/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/9521/ http://i8house3g.com/news/9521/#respond Tue, 25 Jul 2017 08:58:12 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=9521
    ひらめき☆ときめきサイエンス
    「古文書を読んでむかしの災害を調べよう」

    対象:中学生
    日時:2017年8月21日(月)10時10分から16時まで(予定)
    会場:京都大学宇治キャンパス内 宇治おうばくプラザ

    詳細は、をご参照ください。

     

    ]]>
    http://i8house3g.com/news/9521/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/9471/ http://i8house3g.com/news/9471/#respond Wed, 12 Jul 2017 07:00:18 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=9471 日時:2017年7月27日 16時-18時
    場所: 京都大学宇治キャンパス 研究所本館S-519

    講師: Prof. Pavel Kabat, Director General, International Institute of Applied Systems Analysis (IIASA) based in Laxemburg, Austria. (Short bio)

    ]]>
    http://i8house3g.com/news/9471/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/9354/ http://i8house3g.com/news/9354/#respond Mon, 12 Jun 2017 04:38:40 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=9354 第12回 防災計画研究発表会
    -防災・減災の総合化に向けて-

    日 時:2017年9月15日(金)、16日(土)
    場 所:京都大学宇治キャンパス
    【アクセスマップ】http://i8house3g.com/maps/
    研究発表申し込み締め切り:2017年8月10日(木)
    申込みは下記の公式ホームページよりお願いします。

    主 催 :NPO法人 国際総合防災学会(IDRiM Society)、京都大学防災研究所,土木学会土木計画学研究委員会 減災計画研究小員会
    発表件数:30件程度
    参加費 :無料

    ]]>
    http://i8house3g.com/news/9354/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/9324/ http://i8house3g.com/news/9324/#respond Thu, 08 Jun 2017 00:53:08 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=9324 京都大学防災研究所平成29年度一般研究集会「リモートセンシング技術の進展と活断層・内陸地震研究」
    日時:2017年7月7日(金)13時~17時30分、7月8日(土)9時~13時
    場所:京都大学宇治おうばくプラザ きはだホール(京都府宇治市五ヶ庄)
    入場無料
    詳細は下記のURLをご参照下さい。

    ]]>
    http://i8house3g.com/news/9324/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/9135/ http://i8house3g.com/news/9135/#respond Fri, 28 Apr 2017 04:16:14 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=9135 第8回総合防災セミナー

    日時:2017年5月26日(金曜日) 13時~18時
    場所:

     
    ※本セミナーは、事前の申し込みなしで、直接ご参加いただけます。
     

    プログラム:
    13時00分 – 13時10分 Opening Address by Prof. Takara
    13時10分 – 14時40分 Invited Talk by Prof. McDonnell
    14時50分 – 16時20分 Invited Talk by Prof. Sivapalan
    16時30分 – 17時30分 Invited Talk by Prof. Tachikawa
    17時30分 – 18時00分 Free Discussions

     
    詳細は、こちら。

    ]]>
    http://i8house3g.com/news/9135/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/9030/ http://i8house3g.com/news/9030/#respond Wed, 12 Apr 2017 03:31:07 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=9030

    第2回排砂バイパストンネルに関する国際ワークショップ

    2nd International Workshop on Sediment Bypass Tunnels

    開催日時:2017年5月9日(火)~ 12日(金)
    開催場所:京都大学宇治キャンパス 宇治おうばくプラザきはだホール(9日、10日)
    主催:京都大学防災研究所(DPRI-KU)
    共催:スイス連邦工科大学チューリッヒ校水理水文氷河学研究所(VAW-ETH) 国立台湾大学
    後援:国土交通省 長野県 関西電力
    公式サイト:

     
    <詳細な内容・プログラム>

    • (9日夜 京都市伏見区 黄桜伏水蔵)
    • (10日午後、11日、12日 長野県 松川ダム・小渋ダム・美和ダム)

     
    <参加申し込みについて>

     事前登録制(登録は、締切4月30日)
                         ※4/7以降のご登録の方へ
             スタディーツアーの定員の残席が少なくなっています。
             申し込みは受け付けますが、参加費のお支払いはしばらくお待ちください。
             お支払い時期に関しましてはこちらから連絡させていただきます。
           ※講演・発表はCPD対象(11.1単位)
      
     
    ]]>
    http://i8house3g.com/news/9030/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/8903/ http://i8house3g.com/news/8903/#respond Thu, 06 Apr 2017 05:18:27 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=8903
    平成29年度 京都大学防災研究所 一般研究集会「台風研究会」
    -激甚化する台風災害の要因解明と減災へ向けて-

     
    公式サイト
     
     

    研究会の趣旨
     2016年に6つの台風が日本に上陸し、上陸数は2004年以来最大となりました。 また多くの台風が全国に接近し、特に北日本では台風の接近・上陸による自然災害が相次ぐなど、地域社会は甚大な被害を受けました。本集会では気象学、海洋学、風工学、土木工学、情報学、生態学といった様々な分野の研究者が一堂に会し、それぞれの視点からの台風に関する研究成果を提示し、議論を交わすことで、激甚化する台風災害の要因を解明し、対策を提案することを目的とします。興味と関心のある方は是非御参加下さい。

     

    運営組織
    研究代表者 :和田章義(気象研究所台風研究部)
    bet988 防災研担当者:竹見哲也(京都大学防災研究所気象・水象災害研究部門)

     

    日時と場所
    開催日時: 2017年9月28日(木曜日)、 29日(金曜日)
    開催場所: 京都大学宇治キャンパス
    防災研究所連携研究棟3階大会議室
    bet988 (JR奈良線黄檗駅、京阪電車黄檗駅より徒歩約10分)

     

    講演・参加申し込み
    bet988  講演をご希望の方は、以下の参加フォームを使用して、 講演題目や講演者名などの情報を合わせて電子メールでお申し込みください。 旅費の支給をご希望の方は、その旨もお知らせください。 参加のみご希望の方も、同様にご連絡ください。 原則として講演者を優先させて頂きますが、若手研究者や大学院生、民間にも支給することを考えています。 支給できる旅費には限りがあるため、希望者数によっては完全にご希望に添えるとは限りませんので、ご了承ください。 また、観光シーズンで混み合う時期ですので、早めに宿泊先を各自でご用意下さい。

    締 切: 2017年7月31日(月曜日)
    申込先: tcws2017 [あっと] storm.dpri.kyoto-u.i8house3g.com

     

     

    ========参加フォーム(講演希望の場合)======================
    講演者:     和田章義(*)・竹見哲也 (発表者に*をつける)
    講演タイトル:  台風について
    講演希望時間帯: いつでも可 / 9月28日午後、29日午前・午後
    懇親会: 参加 / 不参加
    講演希望者氏名・所属機関・勤務先住所・メールアドレス:
    (所属部局、部課名などまでご記入ください)
    旅費希望: 希望する (あるいは、希望しない)
    旅費区間(旅費希望者のみ):
    職名:   主任研究官
    旅行区間: つくば-京都
    旅行期間: 平成28年9月28-29日
    出張依頼状の有無:有り / 無し
    (「有り」の場合、依頼状の宛名および依頼状の送付先氏名・住所も記載してください)

    ※講演プログラム作成上、必ずしもご希望に沿えない可能性がありますので、ご了承ください。
      
    ========参加フォーム(参加のみ場合)======================
    氏名:  竹見哲也
    懇親会: 参加 / 不参加
    所属機関:京都大学防災研究所気象・水象災害研究部門
    勤務先住所:〒2611-0011 宇治市 五ケ庄
    メールアドレス:typh00n@tenki.dpr1.kyotodaigaku.i8house3g.com
    旅費希望: 希望しない
    旅費区間(旅費希望者のみ):
     
    問い合わせ先:
    bet988 和田章義 tcws2017 [あっと] storm.dpri.kyoto-u.i8house3g.com

    ]]> http://i8house3g.com/news/8903/feed/ 0 bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/8843/ http://i8house3g.com/news/8843/#respond Wed, 15 Mar 2017 01:33:05 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=8843

    Symposium of the “Cooperative Research by Liaison between Hub Institutes”, 2017 “Construction of a New Paradigm for Improving Accuracy of Risk Evaluation for Large Magnitude Earthquakes”
     

    Day 1 :3月27日 13時~17時30分

    13:00 Opening address and introduction of the project and the symposium
    13:10 Progress report for FY
    – Seung Han LEE (Program-Specific Researcher, DPRI, Kyoto University, Japan)
    Issues and challenges in risk evaluation and its uncertainty reduction at Osaka and Kochi prefectures against Nankai trough earthquakes
    14:10 Invited presentation
    – Philippe GUÉGUEN (Senior Researcher, Insitut des Sciences de la Terre, France)
    Urban Seismology: cross-coupling of nonlinear site response with buildings in cities like environment
    15:10 Coffee break
    15:30 Invited presentation
    – Danijel SCHORLEMMER (Professor, GFZ Potsdam, Germany)
    What have we learned and what are the consequences? — Approach to a data- and test-driven global dynamic seismic hazard and risk model
    16:30 Progress report for FY2016
    – Hiroshi KAWASE (Professor, DPRI, Kyoto University, Japan)
    The damage survey report of AIJ and observed strong ground motions in downtown Mashiki during the 2016 Kumamoto earthquake: Implications for quantitative prediction of building damage
    17:30 End of day 1
    17:45 Reception

     

    Day:2 3月28日  9時30分~17時30分
    9:30 Invited presentation
    – Dun WANG (Professor, China University of Geosciences at Wuhan, China)
    High frequency energy radiation of recent large earthquakes as revealed by tele-seismic observations
    10:30 Progress report for FY2016
    – Hongjun SI (Research Fellow, ERI, University of Tokyo, Japan)
    On ground motion evaluation using ground motion prediction equation (GMPE) for subduction-zone earthquakes in Japan
    11:30 Lunch
    13:00 Invited presentations
    – Jean-Paul PINELLI (Visiting Professor, DPRI; Professor, Florida Institute of Technology, USA)
    Perspective from the point of view of Hurricane/Typhoon Risk Modeling
    – Michiko SHIGEFUJI (Assistant Professor, Faculty of Human-Environment Studies, Kyushu University, Japan)
    Evaluation of Strong Ground Motion Characteristics in the Kathmandu Valley for Earthquake Disaster Mitigation -Case Study on the Strong Ground Motion and Damage during the 2015 Gorkha, Nepal Earthquake-
    15:00 Coffee break
    15:20 Invited presentation
    – Seckin Ozgur CITAK (Project Research Scientist, CEAT, JAMSTEC, Japan)
    SATREPS MarDiM Project on Earthquake and Tsunami Disaster Mitigation in the Marmara Region and Disaster Education in Turkey
    16:20 Discussions on improving accuracy of risk evaluation for large magnitude earthquakes
    17:25 Closing remarks
    17:30 End of symposium

     

    Contact: Shinichi Matsushima (DPRI, Kyoto University)

    ]]> http://i8house3g.com/news/8843/feed/ 0 bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/8759/ http://i8house3g.com/news/8759/#respond Thu, 02 Mar 2017 01:51:13 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=8759 日時:2017年3月8日(水) 15:15-18:05
    場所:S-519D
     

    bet988【講演1】 15:15~16:30

    タイトル:米国における危機管理の考え方から見た日本の課題(仮)
    講師: 山上ちかえ氏(Y’s support LLC, IAEM Japan(国際危機管理協会 日本評議会)広報官)

     

    【講演2】 16:35~18:05

    タイトル:防災研究へのジオデモグラフィクス分析の可能性
    講師:矢野桂司先生(立命館大学 兼 京都大学防災研究所 巨大災害研究センター客員教授)

    bet988※Language: Japanese(日本語のみとなります)

    ]]>
    http://i8house3g.com/news/8759/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/8746/ http://i8house3g.com/news/8746/#respond Mon, 27 Feb 2017 03:46:45 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=8746 2016年4月の熊本地震は、東日本大震災後に災害に対する危機意識が薄れていた国民に大きな危機感を与えました。熊本地震の教訓や黒潮町をはじめとする先進的な取組事例等を踏まえ、地区防災計画制度等を通じた住民や企業による地域防災力強化の在り方について検討を行います。
     
    シンポジウムや研究報告と並行して、カツオ一本釣り、砂浜美術館など、黒潮 町の多彩な魅力を伝える特別展示(「防災に『も』強いまち:黒潮町展」)も開催いたします。
     

    【主催】地区防災計画学会、京都大学防災研究所巨大災害研究センター矢守研究室
    ※シンポジウム共催 災害情報法研究会
    【場所】宇治おうばくプラザ

    【日時】2017年3月4日(土)10:00~18:15
    【参加】定員300名・参加費無料 ※サブ会場定員54名
    【懇親会】シンポジウム終了後  意見交換会を行います。(おひとり5千円)
    【詳細&参加申し込み】
    【内容】大会プロクラムと個人報告プログラムは上記URLに掲載
     

    参加申し込みが、まだの方は是非御参加ください。
    *既にお申込みされた方はご放念ください。
     



    ]]>
    http://i8house3g.com/news/8746/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/8706/ http://i8house3g.com/news/8706/#respond Thu, 23 Feb 2017 01:19:17 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=8706 bet988非常勤講師による講義を下記のとおり、行います。

    講師: 吉岡祥一 神戸大学自然科学系先端融合研究環 教授

    日時:
     3/27 13:00 – 16:30
     3/29 13:30 – 15:30, 16:00 – 17:30 (セミナー)
     3/30 9:30 – 12:00, 13:30 – 15:00

    場所:  地震予知センター新館C200号室
    対象: 主に大学院生

     

    沈み込む海洋プレートのダイナミクス
     沈み込む海洋プレートに関連した温度構造、流れ場、応力場に関する基礎的事項を解説する。また、深さ660km付近で滞留するスラブの生成・崩落過程に関するモデリング研究の紹介を行う。
    ]]>
    http://i8house3g.com/news/8706/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/8702/ http://i8house3g.com/news/8702/#respond Wed, 22 Feb 2017 12:13:08 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=8702 常勤講師による講義を下記のとおり、行います。

    講師: 中島淳一 東京工業大学理学院地球惑星科学系・教授

    日時:
    bet988 23日11:00-17:00、24日10:30-15:00

    場所: 地震予知研究センター棟200号室
    対象:bet988 大学院生を中心に学部生,若手研究者を含む.

     

    震波減衰構造と地震・火山活動
    bet988 地震波減衰は地震波スペクトルの高周波側の傾きから推定されるが,スペクトルの形状は波線に沿う減衰以外に,震源スペクトルやサイトレスポンスの影響も含まれている.そこでNakajima et al. (2013, JGR)はまず,コーダはスペクトル比法により震源スペクトル(コーナー周波数)を求め,次に波線に沿う減衰(t*)とサイトレスポンスをインバージョンにより推定する手法を提案した.セミナーでは,その方法を用いて推定された関東・九州・中部日本の減衰構造を紹介し,地殻内変形,マグマ活動,スラブ内地震などと減衰構造の関係を議論する.

    ]]>
    http://i8house3g.com/news/8702/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/8673/ http://i8house3g.com/news/8673/#respond Thu, 09 Feb 2017 03:28:41 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=8673 The Workshop on Tools for Natech Risk Management

    日時: 2017年3月13日
    場所: 京都大学宇治キャンパス連携研究棟
    プログラム: こちらからダウンロード
    ポスター: こちらからダウンロード

     
    Registration form:
     

    The objective of the workshop is to do a hands-on practical demonstration of some
    available tools for Natech risk assessment, risk mitigation and emergency operations planning for various
    types of natural hazards.
    We’re excited to see you take part in the workshop.

     

    ]]>
    http://i8house3g.com/news/8673/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/8657/ http://i8house3g.com/news/8657/#respond Mon, 06 Feb 2017 02:10:03 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=8657 非常勤講師による講義を下記のとおり、行います。

    講師: 山口謙太郎 九州大学人間環境学研究院都市・建築学部門 准教授

    日時:
     2月14日 10:30~12:00
    「持続可能な開発に向けた建築構造・材料のあり方」
     2月14日 13:00~14:30
    「リユース型の耐震構造の開発とその性能評価」

    場所: 宇治地区研究所本館 S-519D
    対象: 学部生、大学院生、若手研究者等

     

    リユース型耐震構造論
     1.「持続可能な開発に向けた建築構造・材料のあり方」
    地球環境負荷の低減に寄与する持続可能な開発について、それらが提言されてきた状況や、建築構造や建築材料の分野で行われてきた取り組み等を概説し、今後のあり方について考える。
     2.「リユース型の耐震構造の開発とその性能評価」
    bet988 これまで開発に取り組んできたリユース型の耐震構造や、それらの構造的特長を活かした制振構造について概説すると共に、建築構造上の課題解決にリデュース、リユース、リサイクル等をどう組み込み、環境負荷低減の観点を含めた最適解を見いだしていくべきかについて考える。

    ]]>
    http://i8house3g.com/news/8657/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/8636/ http://i8house3g.com/news/8636/#respond Wed, 25 Jan 2017 01:08:16 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=8636 非常勤講師による講義を下記のとおり、行います。

    講師: 吉岡祥一 神戸大学自然科学系先端融合研究環 教授

    日時:
     3/27 13:00 – 16:30
     3/29 13:30 – 15:30, 16:00 – 17:30 (セミナー)
    bet988  3/30 9:30 – 12:00, 13:30 – 15:00

    場所:  地震予知センター新館C200号室
    対象: 主に大学院生

     

    沈み込む海洋プレートのダイナミクス
     沈み込む海洋プレートに関連した温度構造、流れ場、応力場に関する基礎的事項を解説する。また、深さ660km付近で滞留するスラブの生成・崩落過程に関するモデリング研究の紹介を行う。
    ]]>
    http://i8house3g.com/news/8636/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/8583/ http://i8house3g.com/news/8583/#respond Fri, 13 Jan 2017 06:22:20 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=8583 日時:2017年2月3日(金) 15:00-17:00
    場所:京都大学宇治キャンパス 防災研究所大会議室 S-519D
    講師: Felipe Muñoz Giraldo Associate Professor, Chemical Engineering Department, Los Andes University, Bogota-Colombia
    題目:“Framework to support decision-making process in Hydrocarbon
    bet988 Pipeline Risk Management: Colombian case”

     

    Abstract: This work illustrates three tools to support Risk Management
    in pipeline transportation of hazardous materials. First, it was
    developed an approach to determine pipeline failure probability due to
    landslides. Second, it was proposed an approach to determine pipeline
    failure probability due to corrosion defects obtained from In-Line (ILI)
    inspections. Finally, it was developed an approach to localize
    sectioning valves for loss control. These tools were designed to support
    a decision-making process regarding an Asset Management, based on the
    operating conditions from the Colombian territory by Los Andes
    University. The aim of them is increase the corresponding safety levels
    from the territory (together with other existing approaches).

    ]]>
    http://i8house3g.com/news/8583/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/8557/ http://i8house3g.com/news/8557/#respond Wed, 04 Jan 2017 08:41:33 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=8557 非常勤講師による講義を下記のとおり、行います。

    講師: 田中愛幸 東京大学地震研究所 助教

    日時:
     2月15日 9:00〜14:30
    bet988  2月16日 9:00〜14:30

    場所:  宇治キャンパス 宇治研究本館 E232D
    対象:bet988 大学院生を中心に学部生、若手研究者を含む。

     

    粘弾性緩和のモデリング
     GNSS等の測地観測により様々な時空間スケールの地殻変動が捉えられている。
    それらのうち、地震後地殻変動やポストグレイシャルリバウンドは、数年から数万年の幅広い時定数を持つ、ゆっくり生じる変動である。このような変動を解釈するモデルの一つにマントルの粘弾性緩和理論がある。
    本講義では、上の観測事実とともに粘弾性緩和理論について説明する。
    ]]>
    http://i8house3g.com/news/8557/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/8480/ http://i8house3g.com/news/8480/#respond Tue, 13 Dec 2016 01:32:26 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=8480

    第17回比較防災学ワークショップ
    平成28年度第3回災害対応研究会 公開シンポジウム
    「国難と都市災害:来るべき国難にどのように備えるべきか-V」

     
    日 時: 2017年1月23日(月)14:00~16:30 ~ 24日(火)10:00~16:00
    会 場: 神戸国際会議場 5F 501号室
    参加料: 無料(事前申込み不要、当日先着140名)
    趣 旨: 科学研究費補助金・基盤研究S『「国難」となる最悪の被災シナリオと減災対策』、および文部科学省委託事業『都市の脆弱性が引き起こす激甚災害の軽減化プロジェクト「3.都市災害における災害対応能力の向上方策に関する調査・研究」』の研究成果をもとに、来るべき南海トラフ地震対策を考える。
     
    bet988 プログラム詳細については

    ]]>
    http://i8house3g.com/news/8480/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/8485/ http://i8house3g.com/news/8485/#respond Wed, 07 Dec 2016 01:45:42 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=8485 On behalf of the Geodetic Society of Japan, the Seismological Society of Japan (SSJ), and the IAG-IASPEI 2017 Local Organizing Committee, we would like to invite you to the Joint Scientific Assembly of the International Association of Geodesy (IAG) and International Association of Seismology and Physics of the Earth’s Interior (IASPEI) to be held in Kobe, Japan from July 30 through August 4, 2017.(Assented by DPRI)
     
    Official Site is ““
     

    Abstract Submission Deadline: February 8, 2017
    Early Bird Registration Deadline: May 10, 2017
    Pre-Registration Deadline: July 7, 2017
     
    Registration site is “”
     

    ]]>
    http://i8house3g.com/news/8485/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/8409/ http://i8house3g.com/news/8409/#respond Tue, 29 Nov 2016 04:50:51 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=8409 今回の産学交流会は、防災研究所の先生方から「地震」と「豪雨」に関する2つのテーマについて御講演いただきます。また、産学連携の関連企業様や会員企業様の取り組みについてご紹介いただきます。
    今年4月に発生した、熊本地震や近年の豪雨災害など身近で、大変興味深い内容となっており、
    どなたでも御参加いただけますのでお気軽にお越しください。

     

    日 時 : 平成28年 12月 6日(火) 14:00~19:00

    場 所 : 京都大学防災研究所 宇治キャンパス 連携研究棟301号室
    内 容 : 詳細は下記リンクをご覧ください。
    申込方法 : WEBからのお申し込みは
    または、参加申込書に記入後、メールもしくはFAXにてお申し込みください。 参加申込書
    申込締切 : 平成28年12月2日(金)
    申込み・問い合わせ先 :
    京都府中小企業技術センター けいはんな分室
    TEL 0774-95-5050 FAX 0774-66-7546
    E-mail keihanna@mtc.pref.kyoto.lg.jp

     

    ]]>
    http://i8house3g.com/news/8409/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/8399/ http://i8house3g.com/news/8399/#respond Mon, 28 Nov 2016 06:23:50 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=8399 日時:12月2日(金) 15:00-17:00
    場所:京都大学宇治キャンパス 防災研究所大会議室 S-519D
    講師: H.-P. Hong先生
         Department of Civil & Environmental Engineering,
         University of Western Ontario, London, Ontario, Canada
    題目:“Seismic risk assessment and code making under uncertainty”

    ]]>
    http://i8house3g.com/news/8399/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/8328/ http://i8house3g.com/news/8328/#respond Tue, 15 Nov 2016 06:53:43 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=8328 日時:2016年11月29日(火)~12月2日(金)
    場所:
    公式サイト:
    参加登録費:一般:8000円、学生:5000円 (登録サイトは  )
    
    ワークショップでは、67件の研究発表、1件のキーノートスピーチ、特別セッションでの4件の講演、1件の特別講義が予定されています。
    特別セッションでは、イギリス・Nottingham大学のColin Thorn教授のご講演も予定されています。 近年,国内では多くの土砂災害が発生しています.海外の研究者と土石流や土砂災害につ いて情報交換できる非常に良い機会かと思いますので,ご参加をご検討頂ければ幸いです.

    bet988As the extreme climates increase, more and more natural hazards occurred at Asia in the past several years. Due to the geological and hydro-metrological conditions, Asia is the most prone to sediment hazards in the world. For example, extremely heavy rainfall and large scale composed sediment disasters occurred at the southern Taiwan on August 8, 2009, more than 400 people died in the flood and debris flow. Due to heavy rainfall, large scale debris flow occurred in Zhouqu County, Gansu Province, China buried two villages and caused 1765 death and missing on Aug 8, 2010. In the same year, heavy rainfall attack Southeast Asia and South Asia; thousands of people died in the flood, landslide and debris flow induced by the rainfall, millions of people lost their residences. In September, 2011, more than 80 people died because of flood and debris flow in Thailand.

    ]]>
    http://i8house3g.com/news/8328/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/8320/ http://i8house3g.com/news/8320/#respond Tue, 15 Nov 2016 06:35:52 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=8320 will be held in Kyoto, on 14-18 Oct 2017

    Date: 14-18 October 2017
    Venue: Oubaku Plaza, Kyoto University, Japan

    Official Site : []


    We are pleased to welcome you to Kyoto to attend at Kyoto University. We will have two days meeting in Kyoto and following three days field trip in the Kii Mountains, a world heritage, in Kii Peninsula, central Japan.

    Slope Tectonics is a young geoscience discipline that deals with slope movement processes controlled by various factors, such as geological structures,rock weathering, topography, hydrology, and geotechnical properties of slope materials. The main aim of the conference is to bring together researchers dealing with slope movements from different approaches in order to improve the general understanding of slope processes. The location of the post-conference field trip provides us the perfect setting to view sites related to one of the main topics: rock slope deformation and catastrophic failure in accretionary complexes.

    This conference follows the successful 3 Slope Tectonics Conferences in Lausanne (2008), Vienna (2011), and Trondheim (2014). The results of the previous conferences have been published as Geological Society of London, Special Publication v. 351, and as a special issue of Tectonophysics, and another one is in preparation for a special issue of Geomorphology. This conference will also aim to produce a special publication.

    ]]>
    http://i8house3g.com/news/8320/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/8192/ http://i8house3g.com/news/8192/#respond Tue, 08 Nov 2016 00:25:29 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=8192 Date:
    November 22, 2016

     

    Venue:
    bet988 Shirahama Oceanographic Observatory

     

    Workshop Objectives:
     Shirahama Oceanographic Observatory (SOO) is one of the field facilities of Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University. SOO has an offshore observation tower and the field observations on oceanographic and meteorological research have been carried out continuously.
    bet988  The field observation data have important information to comprehend the oceanographic and meteorological phenomena in the subject area. The field observation data are also useful for the validation of the simulation results. Continuous multi-item data in situ would offer some partial solutions to investigate the phenomena from many angles. The significance of the field observation for better understandings is evident.

    bet988 This workshop has two aims, one is the advantageous exchange of field measurement activities in fluvial and coastal areas, and the other the discussion about the utilization of the observed data (data processing, validation of simulation results, open access to data and so on).

     

    TENTATIVE SCHEDULE
     
    bet988 13:00-13:30

     Registration
     

    13:30-13:45

     Opening Address & Introduction of Shirahama Oceanographic Observatory
     

    13:45-14:20

     Keynote lecture1 Dr. Edison Gica (NOAA, USA)
     Use of Real-Time Data for Tsunami Forecasting (tentative)
     

    14:20-14:55

     Keynote lecture2 Prof. Yusuke Uchiyama (Kobe Univ., JAPAN)
     Subtidal and semi-diurnal intrusion of offshore water into Tanabe Bay  predicated upon a  comprehensive field observation and a high-resolution down-scaling ocean modeling

     

    14:55-15:10
     Break
    bet988   

    Several presentations (15min each, 4-5 speakers)
    Free discussion (15-20 min)
    Closing Remarks (around 17:00)

    ]]>
    http://i8house3g.com/news/8192/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/8159/ http://i8house3g.com/news/8159/#respond Tue, 01 Nov 2016 00:12:51 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=8159 日時 平成28年11月4日(金)14時30分〜17時15分 場所 宇治おうばくプラザセミナー室4,5 講師と講演題目及び概要
    (1)立命館大学総合科学技術研究機構 井上素行チェアプロフェッサー(水資源環境研究センター客員教授)
    	題目:「地域が主体となった総合的な水力発電システムの構築」
    		概要:水力発電は太陽光発電などと異なり、河川や社会インフラなどの公共の場に設置するために、利水や治水、
    			環境など、地域の自然・社会環境と調和させるための調整と合意形成が必要となる。近年、小水力発電が注
    			目されるようになっているが、地方創生と関連付けた総合的な開発推進戦略、広範な分野に亘る技術・研究
    			等の支援体制が不足している。地域が主体となった環境と調和した総合的な水力発電システムの構築につい
    			て、現状と課題を紹介し、今後の展開を議論する。
    
    
     (2)岡山大学大学院環境生命科学研究科 近森秀高教授(水資源環境研究センター非常勤講師)
    		題目:「地域最大規模降雨のDAデータに基づく洪水比流量曲線の推定とその評価」
    		概要:想定最大規模洪水の推定を目的として,地域最大規模降雨のDAデータに基づいて地域別に洪水比流量曲
    			線を求め,この曲線による推定洪水比流量の特性を,従来の洪水比流量曲線による推定値との比較により評
    			価する。
    ]]>
    http://i8house3g.com/news/8159/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/8153/ http://i8house3g.com/news/8153/#respond Wed, 26 Oct 2016 00:04:05 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=8153 International Seminar of the Integrated Arts and Sciences for Disaster Reduction Research Group will be held as shown below.

     

    場所:S-207D会議室
    Venue:S-207D

     

    日時:11月8日(火)16時30分~18時30分
    Time:bet988 November 8, 16:00~17:30

     

    セミナー講師 Lecturer: Dr. Osteraas, Ph.D., PE.
    Group Vice President & Principal Engineer, Civil Engineering, Buildings
    and Structures Section, Exponent Failure Analysis Associates
    (), Menlo Park, California, USA.
    (Please see the attached files for the details.)

     

    Title of the talk: Infrastructure Performance in “Natural” Disasters – Lessons to be Learned

     

    Abstract:
    Failures of infrastructure during “natural” disasters reveal weakness in the physical structure as well weakness in the processes of design and construction of the built environment. While modern infrastructure is intended to be designed to resist foreseeable extreme environmental events (wind, earthquake, flood, snow, etc.), the as-built works are rarely tested, either in the laboratory or in the field ? until an extreme natural event. Such full-scale, real-world testing provides a fantastic opportunity to study not just the behavior of specific structure but the entire process by which we conceive, develop, approve, design, construct, operate, and maintain our infrastructure. Occasionally we are motivated to study and learn from the damage patterns. All too often however, the failures are simply dismissed as the inevitable consequence of a natural disaster and the opportunity to learn the lessons that the natural world is trying to teach is squandered. T!
    his presentation will be illustrated with numerous case studies of failures in North America over the past forty years. The presentation will address the processes and behaviors of those involved, and not only the details of civil or structural engineering.

    ]]>
    http://i8house3g.com/news/8153/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/8145/ http://i8house3g.com/news/8145/#respond Sun, 23 Oct 2016 09:26:04 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=8145 平成28年度防災研究所 共同研究
    一般研究集会,28K-09
    極端気象下に地下の水災害にいかに備えるか?

    日時:2016年12月2日(金)13時30分~16時30分(受付開始13時10分)
    会場:メルパルク京都(JR京都駅から徒歩2,3分)

     

    入場無料(直接会場におこしください.参加者には無料で予稿集を配布します.)
     

    プログラム
    13時10分 開場
    13時30分-13時35分 :開会 趣旨説明 石垣泰輔 先生(本研究集会代表)
    13時35分-14時10分 :橋本晴行 先生(九州大)「福岡水害のレビューと予測される災害シナリオ(仮題)」
    14時10分-14時45分 :武田 誠 先生(中部大)「名古屋の地下浸水解析」
    14時45分-15時00分 :休憩
    15時00分-15時35分 :石垣泰輔 先生(関西大)「大阪梅田の地下浸水と車いす避難」
    15時35分-16時10分 :西尾信彦 先生(立命館大)「地下空間災害時の情報伝達に関する取組」
    16時10分-16時30分 :総合討論
    16時30分 閉会
     
    大地震に伴う津波やスーパー台風による高潮、激しい集中豪雨や洪水などによる浸水により、甚大な都市水害の発生が懸念されている。その際に、特に地下空間は十分な備えが必要である。ここでは、地下空間の水害時の危険性、浸水時の人間の避難行動、地下空間の整備・管理の方法等に関する最近の研究成果についていくつか話題提供をいただき、それらをもとに、今後取り組むべき課題やその解決策について総合的な議論を展開する。
     
    問い合わせ先
    京都大学防災研究所 馬場康之 (baba.yasuyuki.7z@kyoto-u.i8house3g.com)

    ]]>
    http://i8house3g.com/news/8145/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/8113/ http://i8house3g.com/news/8113/#respond Sun, 18 Sep 2016 07:37:34 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=8113 The 3rd Global Summit of Research Institutes for DRR: Expanding the Platform for Bridging Science and Policy Making will be held at the Disaster Prevention Research Institute (DPRI), Kyoto University, Uji Campus from 19 to 21 March 2017. The 3rd Global Summit will build on the achievements of the last two Global Summits and GADRI projects.
    Official Site is [ ]

     

    ]]>
    http://i8house3g.com/news/8113/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/7973/ http://i8house3g.com/news/7973/#respond Mon, 05 Sep 2016 02:25:46 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=7973 非常勤講師による講義を下記のとおり、行います。

    講師: 谷口徹郎 大阪市立大学大学院工学研究科 教授

    日時:
     2016年9月28日 10時〜17時
     2016年9月29日 10時〜17時

    場所: 宇治キャンパス 防災研究所 E-517D
    対象:bet988 学部生、大学院生、若手研究者等

     

     高層建築物に関しては、免震構造や耐震構造の開発など、新しい構造設計技術の開発が進んでおり、それに対して、耐風設計法も日々進化している。
     本講義では、風の性質、風荷重の算定方法、建物の風応答など耐風設計の基礎から最新技術までを概説し、また、現行の建築基準法、学会指針等の内容を解説する。
    ]]>
    http://i8house3g.com/news/7973/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/7954/ http://i8house3g.com/news/7954/#respond Fri, 02 Sep 2016 02:55:07 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=7954 平成28年度 京都大学防災研究所研究発表講演会

     
    開催日:2017 年2 月21 日 火曜日~ 22 日 水曜日
    場 所:京都大学宇治キャンパス(宇治市五ヶ庄) 【入場無料】
    JR 奈良線黄檗駅から徒歩約5 分 京阪宇治線黄檗駅から徒歩約6 分

     
    ※21日の 9:30 ~ 15:30 Ustream 配信します。配信サイトは、「」

     
    ポスター発表や口頭発表による本研究所の最新の研究成果や災害調査結果を報告するための研究発表会です。皆様のお越しをお待ちしています。
     
    >> 【 公式サイト 】

    >> 【 プログラム ダウンロード 】

    >> 【 公式ポスター ダウンロード 】

     


     
     
    2 月21 日(火)

     
    9:30 ~ 9:35: 所長挨拶 きはだホール(宇治おうばくプラザ)
    9:35 ~ 9:50: DPRI Award 授賞式 きはだホール(宇治おうばくプラザ)
    9:50 ~ 11:30:受賞記念講演 きはだホール(宇治おうばくプラザ)
    11:40 ~ 14:30: 特別講演 きはだホール(宇治おうばくプラザ)
    14:40 ~ 15:30: 災害調査報告 きはだホール(宇治おうばくプラザ)
    15:45 ~ 19:15: 一般講演
    9:30 ~ 19:15: ポスターセッション ハイブリッドスペース(宇治おうばくプラザ)

     
    2 月22 日(水)
     
    9:00 ~ 12:00: 一般講演
    12:00 ~ 14:00: ポスターセッション・コアタイム ハイブリッドスペース(宇治おうばくプラザ)
    14:00 ~ 17:00: 一般講演
    9:00 ~ 15:00: ポスターセッション ハイブリッドスペース(宇治おうばくプラザ)

    ]]>
    http://i8house3g.com/news/7954/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/7918/ http://i8house3g.com/news/7918/#respond Mon, 29 Aug 2016 01:31:10 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=7918 文部科学省委託事業 気候変動リスク情報創生プログラム

    bet988※本研究所は気候変動リスク情報創生プログラムに参画しています。

    平成28年度公開シンポジウム 気候変動のリスクを知る
    ~ ここまでわかったリスク情報 ~

     

    日時:bet988平成28年9月30日(金) 13時30分~17時45分(開場13時)

    場所:

    東京都渋谷区代々木神園町3-1
    ■小田急線「参宮橋駅」下車 徒歩約7分
    ■東京メトロ 千代田線「代々木公園駅」下車 代々木公園方面4番出口 徒歩約10分
     
    ※プログラム等詳細については、下記の公式サイトをご確認ください。
    公式サイト: 
     
    ※参加無料
    ※原則、インターネットからの事前登録となります。

    事前登録は、下記のサイトから

     

    クリップボード05

     

    問い合わせ先:
    平成28年度公開シンポジウム
    文部科学省気候変動リスク情報創生プログラム
    sousei_info@jamstec.go.jp TEL: 045-778-5746
    bet988 気候変動リスク情報創生プログラム事務局

    ]]>
    http://i8house3g.com/news/7918/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/7895/ http://i8house3g.com/news/7895/#respond Wed, 24 Aug 2016 05:55:01 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=7895 非常勤講師による講義を下記のとおり、行います。

    講師: 飯塚 敦 地盤災害研究部門地盤防災解析分野 学外非常勤講師

    日時:

    2016年9月6日 13時~17時
    bet988 2016年9月7日 9時~17時

    場所: 宇治キャンパス 防災研究所内 E-412D
    対象:bet988 地盤防災解析分野の学部生、大学院生、留学生

    地盤の変形破壊挙動に関する解析的アプローチの基礎理論から応用までを解説する。
    基礎理論では、連続体力学の基礎となる固体液体気体の3相系の支配方程式の理論を
    テンソル解析の復習も交えて解説する。
    ]]>
    http://i8house3g.com/news/7895/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/7873/ http://i8house3g.com/news/7873/#respond Thu, 18 Aug 2016 06:18:18 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=7873 非常勤講師による講義を下記のとおり、行います。

    講師: 末次忠司 山梨大学大学院医学工学総合研究部 教授

    日時:bet988 2016年8月22日 14:00~17:00 

    場所: 防災研究所流域災害研究センター本館1館(宇治川オープンラボラトリー)研修室1
    対象: 学部学生を含む研究者

     

     越水・侵食・浸透ごとに見た災害の実態と減災対策(ハード、ソフト)について解説を行う他、鬼怒川水害調査結果について報告する
    ]]>
    http://i8house3g.com/news/7873/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/7844/ http://i8house3g.com/news/7844/#respond Wed, 10 Aug 2016 04:48:48 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=7844 bet988非常勤講師による講義を下記のとおり、行います。

    講師: 木村克己 国立研究開発法人 防災科学技術研究所 主幹研究員

    日時:

    2016年8月19日 9:00~15:00 (E-417D)→五條市に移動

    2016年8月20日 8:30~16:00 (奈良県五條市)

    場所: 宇治キャンパス 防災研究所セミナー室(E-417D)、奈良県五條市
    対象: 学部生、大学院生、若手研究者等

     1.付加体の基本要素
     2.付加体の地質構造
     3.付加体の地質構造の解析手法
     4.紀伊半島および伯母子岳地域の四万十帯の地域地質
      と斜面崩壊の地質規制
    現地レクチャー「典型的な層序や断層露頭の見方」
    ]]>
    http://i8house3g.com/news/7844/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/7764/ http://i8house3g.com/news/7764/#respond Wed, 10 Aug 2016 03:16:12 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=7764 bet988田辺湾湾口にある「田辺中島高潮観測塔」および観測船「海象」を用いた現地観測活動を概説します。

    その後、田辺湾に出て、水温、塩分濃度の計測などの実際の現地観測を体験できます。

     

    ※事前申込が必要です(定員8名)。
    ※ 「京大ウィークス2016」の関連イベントとして開催します。

     

    開催日 2016年10月08日 土曜日
    時間 bet98810時00分~12時00分頃

    ※観測所集合

    開催地 防災研究所 白浜海象観測所(和歌山県西牟婁郡白浜町堅田2500-106)
    【アクセス】
    JR紀勢本線「白浜」下車、タクシーで5分
    対象 中学生以上
    定員 8名(申し込み必要)
    詳細等
    • 天候、海象条件により内容を変更する場合があります。

    持ち物・服装

    • 動きやすい服装
    • 運動靴(サンダル不可)
    • タオル
    参加費 無料
    申し込み 参加希望人数、連絡先を記入の上、問い合わせ先のアドレスまでメールにてお申し込みください。
    申し込み締切日 bet9882016年9月17日(土曜日) (申し込み開始: 9月12日(月曜日)~)

    ※定員になり次第、締め切ります

    問い合わせ 防災研究所 白浜海象観測所
    Tel: 0739-42-4352
    E-mail: shirahama*uh31.dpri.kyoto-u.i8house3g.com (*を@に変えてください)
    関連リンク
    備考(その他)

    防災研究所 白浜海象観測所とは?

    定点観測施設である「田辺中島高潮観測塔」および観測船「海象」を用いて、田辺湾を中心とした沿岸域における気象(気圧、気温、日射、風向・風速など)および海象(水温、潮位、波浪、流向・流速など)に関する項目を観測し、海洋・陸面および大気の相互作用の解明に取り組んでいます。また、海岸・沿岸海洋災害の防止・軽減の観点から、波浪、高潮の発 生・発達機構、津波、海況変動などに関する研究を進めています。

    京大ウィークス2016

    2016年10月8日(土曜日)~11月5日(土曜日)を「京大ウィークス2016」とし、この期間に、全国各地の京都大学の教育研究施設が公開イベントを実施します。
    詳細・その他のイベントについては、以下のページをご確認ください。

     

    2015年開催時の様子

    白浜海象観測所 観測船を使った海象観測の実体験

    ]]>
    http://i8house3g.com/news/7764/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/7794/ http://i8house3g.com/news/7794/#respond Wed, 10 Aug 2016 03:10:46 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=7794 施設探検ツアーでは、桜島島内の施設を巡ります。普段は入れない坑道に入り、観測機器を見学し、観測室から山頂と錦江湾を望みます。昭和火口が間近で見える観測室では、タイミングが合えば噴火を見ることができます。施設公開では、最新の観測機器と日本で唯一稼働している煤書き記録装置と機械式地震計を見学できます。

     

    ※ 「京大ウィークス2016」の関連イベントとして開催します。

     

    開催日 2016年10月22日 土曜日~2016年10月23日 日曜日
    時間 bet988【施設探検ツアー】2016年10月22日(土曜日)、23日(日曜日)13時00分~16時30分

    【施設公開】2016年10月23日(日曜日)10時00分~16時30分

    開催地 防災研究所 桜島火山観測所(鹿児島市桜島横山町1722-19)

    【アクセス】

    桜島フェリー桜島港ターミナルより徒歩10分

    対象 どなたでも参加いただけます。
    定員 bet988【施設探検ツアー】各日40名(申し込み必要)

    【施設公開】定員なし(申し込み不要)

    参加費 無料
    申し込み bet988施設探検ツアーのみ、電話、またはメールでお申し込みください。

    【申し込み先】

    Tel: 06-6535-8640

    E-mail: tour*svo.dpri.kyoto-u.i8house3g.com (*を@に変えてください)

    bet988※施設探検ツアー専用の申し込み先です。問合せ先と異なりますのでご注意ください。

     

    イベント内容の詳細は、下記「関連リンク」ホームページにてご確認ください。

     

    申し込み締切日 2016年10月21日(金曜日) (申し込み開始:9月5日(月曜日)~)

    ※定員になり次第、締め切ります。

    問い合わせ 防災研究所 桜島火山観測所
    Tel: 099-293-2058
    E-mail: weeks*svo.dpri.kyoto-u.i8house3g.com (*を@に変えてください)
    関連リンク
    備考(その他)

    防災研究所 桜島火山観測所とは?

    桜島火山観測所は桜島の西部、大正溶岩原にあります。大正溶岩は102年前の大正4年の大噴火で流出しました。現在繰り返されている昭和火口噴火の観測基地となるばかりでなく、今後予想される大噴火をターゲットとした基礎研究の基地ともなっています。今年夏に新しい観測坑道が完成しました。坑道内部を見る絶好の機会です。

     

    京大ウィークス2016

    2016年10月8日(土曜日)~11月5日(土曜日)を「京大ウィークス2016」とし、この期間に、全国各地の京都大学の教育研究施設が公開イベントを実施します。
    詳細・その他のイベントについては、以下のページをご確認ください。

     

    2015年開催時の様子

    桜島火山観測所 施設探検ツアー・施設公開

    ]]>
    http://i8house3g.com/news/7794/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/7785/ http://i8house3g.com/news/7785/#respond Wed, 10 Aug 2016 03:06:24 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=7785 四国の風土に密接に関連した地すべりの実態、およびわが国を代表する活断層である中央構造線(観測所の近くを通っている)を見学します。まず、観測所から5kmほど離れた西井川地すべりで、観測中の機器や地すべりの地形を見学、その後、近くの中央構 造線の露頭や地形を観察します。移動はマイクロバスで行います。

     

    bet988※ 「京大ウィークス2016」の関連イベントとして開催します。

     

    開催日 2016年10月15日 土曜日
    時間 9時00分~15時00分
    開催地 防災研究所 徳島地すべり観測所(徳島県三好市池田町州津藤ノ井492-1)およびその周辺
    【アクセス】
    JR土讃線「阿波池田」から送迎バスを利用可(無料)
    ※ 観測所に駐車スペースはありませんのでご注意ください。
    対象 ※小学生以上(野外活動が主なので、軽いハイキングが可能な方)
    定員 30名(申し込み必要)
    参加費 無料
    申し込み メール、または電話でお申し込みください。
    ※ 詳細は、下記「関連リンク」Webサイトにてご確認ください。
    申し込み締切日 定員になり次第、締め切ります。(申し込み開始:9月1日(木曜日)~)
    問い合わせ 防災研究所 斜面災害研究センター(担当: 王)
    Tel: 0774-38-4111
    E-mail: wanggh*landslide.dpri.kyoto-u.i8house3g.com (*を@に変えてください)
    関連リンク
    備考(その他)

    防災研究所 徳島地すべり観測所とは?

    観測所が位置する阿波池田は、四国山地の 玄関口にあたり、西日本を代表する結晶片岩の地すべりや崩壊を研究するには、最適の場所です。1970年代初頭から、徳島地すべり観測所を前線基地とし て、さまざまな観測研究が実施されてきました。最近は、地震と地すべりの関係についての研究も盛んに行われています。

     

    京大ウィークス2016

    2016年10月8日(土曜日)~11月5日(土曜日)を「京大ウィークス2016」とし、この期間に、全国各地の京都大学の教育研究施設が公開イベントを実施します。
    詳細・その他のイベントについては、以下のページをご確認ください。

     

    2015年開催時の様子

    徳島地すべり観測所 施設公開と地すべり・活断層の野外見学

    ]]>
    http://i8house3g.com/news/7785/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/7779/ http://i8house3g.com/news/7779/#respond Wed, 10 Aug 2016 03:03:12 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=7779 野外実験場で、気温、湿度、雨などの地上気象観測、地面付近の水蒸気や二酸化炭素の観測、風船に取り付けたラジオゾンデによる上空の大気状態の観測を実体験できます。過去に、潮岬付近に上陸した台風や、発生した竜巻についての紹介もします。

     

    bet988※「京大ウィークス2016」の関連イベントとして開催します。

     

    開催日 2016年10月29日 土曜日
    時間 10時00分~12時00分
    開催地 防災研究所 潮岬風力実験所(和歌山県東牟婁郡串本町潮岬3349-134)
    【アクセス】
    JR紀勢本線「串本」から「潮岬」行きバス「上野」下車 徒歩15分
    対象 どなたでも参加いただけます。
    定員 なし
    参加費 無料
    申し込み 不要
    問い合わせ 防災研究所 潮岬風力実験所
    E-mail: swel*uh31.dpri.kyoto-u.i8house3g.com (*を@に変えてください)
    備考
    (その他)

    防災研究所 潮岬風力実験所とは?

    台風や竜巻、豪雨など異常気象に対する、最前線の観測施設として、1969年に本州最南端の潮岬に設立しました。気象観測に加えて、台風や竜巻の発生時に、建物などの構造物に対する強風の影響を研究し被害の軽減を目指しています。

    京大ウィークス2016

    2016年10月8日(土曜日)~11月5日(土曜日)を「京大ウィークス2016」とし、この期間に、全国各地の京都大学の教育研究施設が公開イベントを実施します。
    詳細・その他のイベントについては、以下のページをご確認ください。

    2015年開催時の様子

    潮岬風力実験所 気象観測の実体験

    ]]>
    http://i8house3g.com/news/7779/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/7741/ http://i8house3g.com/news/7741/#respond Wed, 10 Aug 2016 02:55:01 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=7741 bet988地震観測・地震学の歴史等についての特別レクチャーを全6回行います(各回のテーマは下記「関連リンク」Webサイトをご覧ください)。 また、歴代地震計保存展示室等を巡るガイドツアーや、超小型地震計「満点地震計」体験、実際の地震波形の揺れを再現する装置「地震ザブトン」への試乗など、地震学と減災を学びます。

     

    ※参加には事前申込が必要です。
    bet988 ※「京大ウィークス2016」の関連イベントとして開催します。

     

    開催日 2016年11月02日 水曜日 〜 2016年11月03日 木曜日
    時間 bet9881. 10時00分~11時00分

    bet9882. 13時00分~14時00分

    3. 15時00分~16時00分
    ※ 両日とも

    開催地 防災研究所 阿武山観測所(大阪府高槻市奈佐原944)
    【アクセス】
    JR「摂津富田」から、高槻市営バス「公団阿武山」行きで「大和(だいわ)」バス停下車 徒歩20分
    対象 中学生以上
    定員 各回30名(申し込み必要)
    参加費 無料
    申し込み Webサイトの申し込みフォームからお申し込みください。
    ※ 詳細は、下記「関連リンク」Webサイトにてご確認ください。
    申し込み締切日 2016年10月24日(月曜日) (申し込み開始: 9月30日(金曜日)17時00分~)

    ※定員になり次第、締め切ります

    問い合わせ 防災研究所 阿武山観測所
    Tel: 072-694-8848
    E-mail: info*abuyama.com (*を@に変えてください)
    関連リンク
    備考(その他)

    防災研究所 阿武山観測所とは?

    設立から80年以上、さまざまな地震観測を行い地震学の発展をリードしてきた、歴史ある観測所です。観測で使われてきた歴代の地震計などを活用した地震サイエンスミュージアム構想を進め、市民サポーター活動による一般公開や、市民講座など、常時積極的に行っています。ぜひ一度、お越しください。

     

    京大ウィークス2016

    2016年10月8日(土曜日)~11月5日(土曜日)を「京大ウィークス2016」とし、この期間に、全国各地の京都大学の教育研究施設が公開イベントを実施します。
    詳細・その他のイベントについては、以下のページをご確認ください。

     

    2015年開催時の様子

    京大ウィークス2015スペシャルプログラム

    ]]>
    http://i8house3g.com/news/7741/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/7726/ http://i8house3g.com/news/7726/#respond Thu, 04 Aug 2016 04:38:21 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=7726 第53回自然災害科学総合シンポジウム

    「− 新技術が拓く防災研究の新たな地平 −」

     

    主 催 : 京都大学防災研究所自然災害研究協議会

    後 援 : 静岡県

    日 程 : 平成28年9月22日(木)〜23日(金)

    場 所 :  (〒420-0042 静岡市葵区駒形通5丁目9番1号)

    参加費 : 無料(準備の都合上,事前申込にご協力ください.当日参加も可能です.)
    ※お名前,ご所属を「shizensaigai@dpri.kyoto-u.i8house3g.com」までお知らせください.
    頂きました情報については,本シンポジウム以外の目的で使用することはありません.

     

    プログラム

    〔9月22日: ないふるホール〕

    12:30~ 受付

     

    13:30

    開会挨拶

    自然災害研究協議会 橋本 学bet988(京都大学防災研究所)

     

    13:40〜14:30

    bet988【科学研究費補助金・特別研究促進費による突発災害調査研究平成27年度報告】

    2015年ネパール地震と地震災害に関する総合調査

    研究代表者 矢田部龍一 bet988(愛媛大学大学院理工学研究科)

     

    bet98814:30~15:20

    【科学研究費補助金・特別研究促進費による突発災害調査研究平成27年度報告】

     「2015年口永良部島噴火に関する総合調査
      研究代表者 井口正人bet988(京都大学防災研究所)

     

    bet98815:20〜15:40 休憩

     

    15:40~16:30

    【科学研究費補助金・特別研究促進費による突発災害調査研究平成27年度報告】

     「平成27年9月関東・東北豪雨による災害の総合研究
      研究代表者 田中茂信bet988(京都大学防災研究所)

     

    16:30~17:10

    【科学研究費補助金・特別研究促進費による突発災害調査研究平成28年度報告】

    「平成28年熊本地震災害に関する総合調査」
      研究代表者 清水 洋bet988(九州大学大学院理学研究院)

     

    bet98817:10~17:30 総合討論

     

    18:00 交流会

     

    〔9月23日: 大会議室〕

    【平成26年度京都大学防災研究所重点推進型共同研究「自然災害科学に関わる研究者・ステークホルダーとの協働による総合防災学の活用に関する研究」】

    9:10~9:50
    都市防災における「ビッグ」データ利用の実態と可能性
      加藤 孝bet988(東京大学生産技術研究所)

    9:50~10:30

    災害対応を支える地理空間情報の新技術
      宇根 寛bet988(国土交通省国土地理院)

     

    10:30~11:10

    日本海溝海底地震津波観測網(S-net)について
      植平 賢司(防災科学技術研究所)

     

    11:10〜11:50

    先端技術と歴史的治水の融合で豪雨災害から身を守る
      大石 哲(神戸大学都市安全研究センター)

     

    11:50〜12:00 総合討論

     

    12:00 閉 会

     

    ]]>
    http://i8house3g.com/news/7726/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/7700/ http://i8house3g.com/news/7700/#respond Wed, 27 Jul 2016 06:12:55 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=7700 bet988京都大学宇治キャンパス公開は、学外の皆様にキャンパス内の様子や、大学で行っている活動の一端を知っていただき、さらには科学に興味をお持ちいただく一 つのきっかけになればと思い、毎年開催しております。 幼児から大人までが「科学」を楽しめるよう、工夫を凝らしておりますので、皆様のお越しをお待ちしております。

    bet988公式サイトは、【  】

     

    宇治川オープンラボラトリーの見学が事前予約制となります

    今年の宇治川オープンラボラトリー会場(京都市伏見区)の見学については、事前予約制となりました。予約申し込みはWEBにて受付いたします。(下記のサイトより、9月16日受付開始予定)

     

    お問い合わせ先:宇治川オープンラボラトリー事務室 075-611-4391

    ]]>
    http://i8house3g.com/news/7700/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/7677/ http://i8house3g.com/news/7677/#respond Wed, 27 Jul 2016 04:05:27 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=7677 非常勤講師による講義を下記のとおり、行います。

     

     

    講師: 佐藤慶一 准教授(専修大学ネットワーク情報学部)

     

    日時: 2016年8月10日 16:00~18:00

     

    場所: 京都大学宇治キャンパス 宇治地区本館2階 S-207D室
    対象: 大学院生・若手研究者

     

    インターネットの普及と情報サービスの展開により,我々のキャパシティを遥かに超える膨大な情報が溢れている。膨大な情報から何かを選び,組み合わせて新しい価値を創造するという「情報編集」的なアプローチがあらためて意識される。高度な情報編集が要求されるビジネス企画の現場では,協創型ワーク ショップにおける非専門家発話の質的分析と価値抽出が重用されている。本報告では,多様な情報や学びのスタイルを活用して新 たな政策を協創していく「政策情報編集論(仮)」をテーマに,複数のオープンデータを用いた災害リスク情報と不動産市場や人口移動の関係分析,インターネット調査を無作為抽出調査を用いて補正する研究,協創型ワークショップによる防災情報や地域防災活動のデザインなど,近年の防災研究を読み直していきたい。

    ]]>
    http://i8house3g.com/news/7677/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/7646/ http://i8house3g.com/news/7646/#respond Tue, 19 Jul 2016 00:13:55 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=7646

     

    公式ページ: 

     

    研究会の趣旨
    bet988 台風が関係する風水害は、台風の中だけでなくその周囲の広い範囲に及ぶことが指摘されています。 昨年には台風21号による81m/sの記録的な暴風が沖縄で観測されたほか、 9月の関東・東北豪雨ではその発生に台風17号と18号による遠隔作用が指摘されています。 本集会では様々な分野の研究者と、気象業務や報道現場などの実務者が一同に集い、 それぞれの視点からの研究成果を交わすことで、複合系台風災害のメカニズムの解明と対策を提案することを目的とします。 興味と関心のある方は是非御参加下さい。

     

    運営組織
    研究代表者: 山田 広幸 (琉球大学理学部)
    防災研担当者 竹見 哲也 (京都大学防災研究所気象・水象災害研究部門)

     

    日時と場所
    開催日時: 2016年11月26日(土曜日)、 27日(日曜日)
    開催場所: 京都大学宇治キャンパス
    防災研究所連携研究棟3階大会議室 (水色5番の建物)
    (JR奈良線黄檗駅、京阪電車黄檗駅より徒歩約10分)

     

     

    講演・参加申し込み
    講演をご希望の方は、以下の参加フォームを使用して、 講演題目や講演者名などの情報を合わせて電子メールでお申し込みください。 旅費の支給をご希望の方は、その旨もお知らせください。 参加のみご希望の方も、同様にご連絡ください。 原則として講演者を優先させて頂きますが、若手研究者や大学院生、民間にも支給することを考えています。 支給できる旅費には限りがあるため、希望者数によっては完全にご希望に添えるとは限りませんので、ご了承ください。 また、観光シーズンで混み合う時期ですので、早めに宿泊先を各自でご用意下さい。

    締 切: 2016年10月3日(月)
    申込先: tcws2016 [あっと] storm.dpri.kyoto-u.i8house3g.com

     

     

    ========参加フォーム(講演希望の場合)======================
    講演者:     山田広幸(*)・竹見哲也 (発表者に*をつける)
    講演タイトル:  台風について
    講演希望時間帯: いつでも可 / 11月26日午前・午後、27日午前・午後
    懇親会: 参加 / 不参加
    講演希望者氏名・所属機関・勤務先住所・メールアドレス:
    (所属部局、部課名などまでご記入ください)
    旅費希望: 希望する (あるいは、希望しない)
    旅費区間(旅費希望者のみ):
    職名:   准教授
    旅行区間: 沖縄-京都
    旅行期間: 平成27年11月25-27日
    出張依頼状の有無:有り / 無し
    bet988 (「有り」の場合、依頼状の宛名および依頼状の送付先氏名・住所も記載してください)

    bet988※講演プログラム作成上、必ずしもご希望に沿えない可能性がありますので、ご了承ください。

     

    bet988========参加フォーム(参加のみ場合)======================

    氏名:  竹見哲也
    懇親会: 参加 / 不参加
    所属機関:京都大学防災研究所気象・水象災害研究部門
    勤務先住所:〒2611-0011 宇治市 五ケ庄
    メールアドレス:typh00n@tenki.dpr1.kyotodaigaku.i8house3g.com
    旅費希望: 希望しない
    bet988 旅費区間(旅費希望者のみ):

    ]]>
    http://i8house3g.com/news/7646/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/7233/ http://i8house3g.com/news/7233/#respond Sat, 09 Jul 2016 06:19:59 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=7233 2016年度の異常気象研究会は、京都大学防災研究所一般研究集会 (28K-08)として、下記のテーマで開催いたします。 「東アジア域における大気循環の季節内変動に関する研究集会」 本研究集会は,異常気象の実態把握,およびメカニズムや予測可能性の解明,さらに地球温暖化や気候変動と異常気象との関連を明らかにすることなどを目的にしています。 そのため,広く異常気象や長期変動のメカニズム,データ同化やモデルに関する発表も歓迎します。多数のご参加をお待ちしております。 目的: 東アジア域における大気循環では周期20-80日程度の季節内変動が卓越している。しかし、この季節内変動は、大気に内在する様々な固有モードが非線形的に重畳して出現するため、その出現機構の解明や予測は困難であった。この研究集会では、近年の衛星計測による新しい観測データや、大規模数値計算などから得られた最新の研究成果に基づき、東アジア域における季節内変動の実態と、気候変動に伴う変調について議論する。 主催: 西憲敬(福岡大学 准教授) 共催: 向川 均(京都大学防災研究所 教授),余田成男(京都大学大学院 教授),    木本昌秀(東京大学大気海洋研究所 教授),榎本 剛(京都大学防災研究所 准教授) 日時: 2016年11月8日(火)14時00~17時40分    9日(水)9時40分~16時40分 (※10日は中止になりました) 場所: 京都大学 宇治キャンパス 防災研究所連携研究棟3F大セミナー室(301号室) 参加申込: ・参加・講演を希望される方は,9/30までに以下のサイトからお申し込み下さい。 申し込みサイト: 研究集会サイト ]]> http://i8house3g.com/news/7233/feed/ 0 bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/7541/ http://i8house3g.com/news/7541/#respond Tue, 28 Jun 2016 07:10:23 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=7541 このシンポジウムは、市民、学会、行政、民間が 一同に会して水に関する諸問題をともに議論し、相互理解と情報共有を図ることを目的に開催します。多くの皆様のご参加をお待ちしております。参加申込はから。

     

    開催日時: 8月25日(木曜日) 9時30分~17時 (開場 9時)

    開催場所: 山口県総合保健会館(山口市吉敷下東三丁目1番1号)

    開催内容:

     特別講演・基調講演・テーマ別分科会・パネル展示
     ※参加費無料
     ※いずれもが必要です。申込締切は8月12日(金曜日)必着です。

    bet988  なお、中止、延期の場合は8月23日(火曜日)にでお知らせします。

     

    ちらし

    フライヤー表

    フライヤー裏

    プログラム:

    時間 内容
    9時30分  開会
    開会挨拶/来賓挨拶
    10時 特別講演
    「河川の誕生-国土の誕生-」
    竹村 公太郎
    NPO法人日本水フォーラム代表理事・事務局長
    10時50分 基調講演
    「秋吉台カルスト地域に広がる地下水系」
    藤川 将之
    美祢市立秋吉台科学博物館学芸員
    11時50分  昼休憩
    12時50分 テーマ別分科会
    第1分科会/ 第2分科会
    15時  休憩
    15時10分 子どもたちによる発表
    防府市立小野小学校・小野水辺の楽校空間利用を考える会
    山口市立大殿小学校
    15時50分  全体会議
    各分科会まとめとメッセージ発信
    16時50分  次回開催県挨拶
    17時  閉会

     

    ]]>
    http://i8house3g.com/news/7541/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/7407/ http://i8house3g.com/news/7407/#respond Mon, 20 Jun 2016 09:05:08 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=7407 非常勤講師による講義を下記のとおり、行います。
     

    岩石および断層の特性を知る
    講師: 川方 裕則 教授(立命館大学理工学部物理科学科)

    日時:

    2016年9月13日
     10:30~12:00 固体地球物理学に関連する岩石試験・非破壊検査
     13:00~14:30 岩石の物性(弾性と非弾性)
    bet988  15:00~16:30 実験室の時空間スケールに適した信号の計測

    2016年9月14日
     10:30~12:00 地震計記録と圧電素子記録の違い
     13:00~14:30 弾性波速度計測の実践 1
     15:00~16:30 弾性波速度計測の実践 2

    場所: 京都大学宇治キャンパス 宇治研究所本館 E-232D セミナー室
    対象:学部生、大学院生

    岩石実験に関わる物理計測の基礎を講義してもらいます。固体地球物理学に関連する岩石の物性(弾性と非弾性)の基礎、岩石試験・非破壊検査の手法の実際、地震計記録と圧電素子記録の違いを踏まえた実験室の時空間スケールに適した信号の計測技術を中心に、岩石物性に関わる実験を基に断層の特性を理解するための研究成果に関して講義してもらうとともに、2日目の午後の「弾性波速度計測の実践」と題した時間帯では、実際に岩石の物性に関わる計測をしてもらう予定である。

    ]]>
    http://i8house3g.com/news/7407/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/7377/ http://i8house3g.com/news/7377/#respond Wed, 15 Jun 2016 04:57:36 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=7377 Peter Shaw チャールズ・ダーウィン大学教授の招待講演会 「Unpacking Child Inequality in the Northern Territory (Australia) Using Data Linkage」 を開催いたします。詳細は以下のとおりです。 開催日時: 2016年6月28日 15:30-17:30 開催場所:京都大学宇治キャンパス 宇治地区研究所本館 S-519D 講演者: Peter Shaw チャールズ・ダーウィン大学教授(オーストラリア) 講演内容: 「Unpacking Child Inequality in the Northern Territory (Australia) Using Data Linkage」  This talk discusses how publicly available community-level data and confidentialised unit-record information from existing longitudinal, administrative population data-sets can be used to investigate the early life antecedents and contemporary factors associated with educational inequality in the Northern Territory. The recent development of the SA–NT Datalink facility has enabled integration of selected information from separate NT health, education and community datasets. This is being used to investigate policy-relevant questions not previously possible. Two examples of data-linkage analysis are presented to illustrate how such research can advance understanding of the individual, family and community factors associated with patterns of school attendance and NAPLAN achievement. 講演者の経歴:  Dr Peter Shaw is a Senior Lecturer at Charles Darwin University in Australia. Dr Shaw is currently researching in parameterized complexity and has recently published a number of papers in the area of algorithmic techniques for FPT kernelization and application of FPT algorithms to novel statistical technique for the analysis of clinical data. These including: turbo-charing heuristics, iterative compression, greedy localization, crown-rules and LDP problem dual kernalization. His interest include: both theoretical algorithms, applied FPT algorithms and predictive analytics.  Dr Shaw is currently coordinating the Parameterized Compelexity Research Unit at CDU which is a world leader in the development of efficient Fixed Parameter Tractable (FPT) pattern search algorithms and collectively has more than 425 publications.

     

    ]]>
    http://i8house3g.com/news/7377/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/7368/ http://i8house3g.com/news/7368/#respond Mon, 13 Jun 2016 07:22:54 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=7368 非常勤講師による講義を下記のとおり、行います。  

    比較惑星気象学
    講師: 松田佳久 教授(東京学芸大学)

    日時: 2016年9月20日 13:00~17:00 2016年9月21日 9:00~17:00 場所: 京都大学宇治キャンパス 防災研究所 E-517D 対象: 大気大循環に興味のある学生及び研究者 地球と金星や火星等を比較しながら,大気大循環や温暖化のメカニズムについて考察,地球との共通点や相違点について理解を深める。 参考文献: ・気象学入門: 基礎理論から惑星気象まで 東京大学出版会 ・惑星気象学入門――金星に吹く風の謎 (岩波科学ライブラリー) ・惑星気象学 東京大学出版会 ]]>
    http://i8house3g.com/news/7368/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/7206/ http://i8house3g.com/news/7206/#respond Wed, 08 Jun 2016 07:26:05 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=7206 非常勤講師による講義を下記のとおり、行います。  

    人為汚染粒子・黄砂・火山灰等各種エアロゾルのライダーによる光学観測
    講師: 清水 厚(国立環境研究所・主任研究員)

    日時: 2016年7月12日13:00~18:00 2016年7月13日8:45~14:30 場所: 京都大学宇治キャンパス内 7/12は防災研究所セミナー室II(E-417D)、7/13は防災研究所国際交流室(S-207D) 対象: 限定なし ミー散乱ライダー(レーザーレーダー)による多様なエアロゾルの光学観測について,その原理や計測例を世界各地のライダーネットワークや衛星搭載ライダーなどのトピックも含めて紹介すると共に,行政へのデータ提供・健康影響研究への応用などについて今後の見通しなども含めて解説する. ]]>
    http://i8house3g.com/news/7206/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/7176/ http://i8house3g.com/news/7176/#respond Fri, 27 May 2016 05:02:29 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=7176 2016年6月 地震・火山グループ研究会

    日時:2016年6月24日(金)15:00-17:00
    会場:京都大学宇治キャンパス 連携研究棟 301号室

    (構内マップ中の77番の建物です)

    1) 肥後陽介先生(京都大学工学研究科都市社会工学専攻 准教授)
    bet988 タイトル:土構造物の地震時変形解析と不飽和土の破壊メカニズム

    bet988要旨:堤防,盛土,斜面などの土構造物の地震時の変形を解析するには,不飽和土の繰り返し力学特性を再現可能なモデル化が必要である.不飽和土はサクションによる土粒子間力の増加により,完全飽和土や気乾土に比べて強度・剛性が大きいが,その反面サクションを失うとより脆性的な破壊挙動を示す.このような不飽和土特有の力学特性は広く知られており,完全飽和土に対して開発されてきた繰り返し弾塑性構成式にサクションの効果を導入した固液気の連成解析法によって現象論的に再現することができる.不飽和盛土の動的遠心模型実験とそのシミュレーションを行った事例を紹介し,現在の解析法のパフォーマンスを示す.さらに,μX線CTを用いて,不飽和土の破壊面における間隙水の挙動を微視的に追跡した結果を示す.不飽和土の破壊面におけるサクションの変化を推定し,不飽和土の破壊のメカニズムに迫る試みを紹介する.

    2) 吉田望先生(東北学院大学環境建設工学科 教授)
    タイトル:地震応答解析に用いる土の繰返しせん断特性の適用性

    要旨:地盤の地震応答解析に関して2つの話題を提供する。1つは,土のせん断特性を求めるための繰返しせん断試験の抱えている問題点である。この分野ではSHAKEと呼ばれるプログラムが支配的で,実験法もこれを想定して作られてきた。しかし,入力地震動が大きくなって,手法は逐次積分による非線形法に移りつつあるが,実験法がそのままであり,姿が捉えられていないのではないかという問題である。もう一つは,従来地震応答解析で良く用いられてきた双曲線モデルやRamberg-Osgoodモデルの適用性と誤差を論じ,それらよりずっと誤差が小さく使い方が簡単な二重双曲線モデルと名付けたモデルを紹介する。最後に,このモデルの適用性を検討している際に発見した新たな問題を紹介する。

    ———————————————————–
    ●2016年度 地震・火山グループ研究会 予定
    7/29(金)、10/28(金)、11/25(金)、3/31(金)

    ]]>
    http://i8house3g.com/news/7176/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/7103/ http://i8house3g.com/news/7103/#respond Fri, 20 May 2016 09:40:24 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=7103

    The 7th International Conference on Water Resources and Environment Research (ICWRER2016),
    場所:京都テルサ

    bet988日時:2016年6月5日~9日

    詳しくは、

     

    The International Conference on Water Resources and Environment Research (ICWRER) is a series of conferences dealing with hydrology and water resources. ICWRER-2016 is the 7th one of the series, and back to Kyoto since 1996 (1st one). One of the objectives of ICWRER conferences is to bring together physical, biological, chemical, statistical and technical expertise in order to better understand natural systems related to water resources from all around the world.

    The main theme of ICWRER-2016 Symposium is ‘Water Security in Geo, Eco and Socio-Systems’. Water security is defined as the capacity of a population to safeguard sustainable access to adequate quantities of acceptable quality water for sustaining livelihoods, human well-being, and socio-economic development, for ensuring protection against water-borne pollution and water-related disasters, and for preserving ecosystems in a climate of peace and political stability. (UN-Water, 2013)

    The topics of ICWRER conferences are wide encompassing climate change, hydrometeorological extremes, GIS and remote sensing, surface water and ground water interaction, real-time hydrometeorological forecasting, water-related disasters, integrated sediment and ecosystem management, water and environment management, eco-hydraulics and eco-hydrology, risk analysis and management, Legislation systems for water management, water diplomacy, social and economic aspects in water resources, and sustainable water resources management.

    This conference is organized aiming to enhance the understanding of the natural and social phenomena associated with water resources issues through the discussion about whole water resources management system as integrated elements of geosystems, social systems and ecosystems.

    ]]>
    http://i8house3g.com/news/7103/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/6931/ http://i8house3g.com/news/6931/#respond Thu, 28 Apr 2016 04:57:46 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=6931 京都大学防災研究所 公開講座 (第27回)
    – 防災研究のフロンティア-

    講演資料は、予めダウンロードして、印刷を持ち込みください。

    【インターネットでの受講】
    ○ 当日Live中継を行いますので、時間になりましたら、下記までアクセスください。

    【防災研究所 Live中継サイト】

    <講演用資料はこちらからダウンロードできます>

     ○ 日 時: 平成28年 6 月2日(木) 9時30分~16時30分

     ○ 場 所:  1階「淀・信濃」

     (東京都千代田区平河町2-7-5)
    <地下鉄永田町駅(有楽町線・半蔵門線・南北線)4番出口 徒歩1分>

    ○ 入 場 料: 無料
    ○ 定 員: 300 名 残席は少しございます。会場での受講ご希望の方は、当日、直接会場の受付までお越しください。 ※事前申込者優先です。
    ○ 申 込 方 法: 一番下に詳細を記載しております。

    ※本講座は土木学会CPDプログラムとして認定されています。会場での受講が必要となります。

    【プ ロ グ ラ ム】
    9:30~ 9:35 開会の挨拶
      所 長 寶 馨
    
    9:35~10:05 2016年熊本地震について-前震・本震・余震・誘発地震- 
      教 授 飯尾 能久
    
    10:10~11:10 大規模噴火とは何か~桜島とインドネシアの火山の事例~ ※タイトルが変更になりました 
      准教授 中道 治久
    
    11:15~12:15 居安思危:今すぐ甚大な水関連災害の対策を! 
      教 授 田中 茂信
    
    12:15~13:15 昼休み
    
    13:15~14:15 大地震時の複合地盤災害の謎にせまる 
      教 授 井合 進
    
    14:20~15:20 巨大災害に備えるための海を使った緊急支援物流のあり方 
      特定教授 小野 憲司
    
    15:20~15:35 休憩
    
    15:35~16:25 総合討論 (司会:教 授 五十嵐 晃) 
    
    16:25~16:30 閉会の挨拶
      教 授 牧 紀男
    
    ※本講座は土木学会CPDプログラムとして認定されています。
    
    【会場へのアクセス】
     場所: 砂防会館別館シェーンバッハ・サボー (東京都千代田区平河町2-7-5)
     <地下鉄永田町駅(有楽町線・半蔵門線・南北線)4番出口 徒歩1分>
     電話 (03)3261-8386(代表)
    
    【申込方法】
     電子メールまたは往復ハガキにて、お名前、年齢、所属(勤務先または学校名、学年)を明記し、また、往復ハガキの場合は返信ハガキに宛名(住所,郵便番号,氏名)を記入の上、申し込んでください。受付は先着順とし、返信メールまたはハガキにて入場の通知をします。
     なお、定員を超えた場合は、入場をお断りすることがあります。
     *個人情報は、当公開講座以外の目的で使用することはありません。
    
    ○ 申 込 先 :
    
    〒611-0011 宇治市五ケ庄 京都大学 宇治地区事務部研究協力課研究支援掛
    電話 0774-38-3350
    電子メール・アドレス kokai28@dpri.kyoto-u.i8house3g.com
    
    ○ 締 切 日 : 平成28年5月20日(金)必着
    ○ 申込結果のご連絡: 平成28年5月27日(金)までに各申込者にご連絡いたします。もし、期日までに連絡が届かない場合は、上記申込先までお問い合わせください。
    
    ]]>
    http://i8house3g.com/news/6931/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/6926/ http://i8house3g.com/news/6926/#respond Thu, 28 Apr 2016 01:24:17 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=6926 減災のための治水技術
    講師:末次忠司 教授(山梨大学大学院医学工学総合研究部)
    

    日時: 2016年7月21日 14:00~17:00
    場所: 流域災害研究センター本館(宇治川オープンラボラトリー)研修室1
    対象: 学部学生を含む研究者

     

    地震や降雨などの外力を受ける地すべりの安定性評価や対策にお水文・洪水・河道特性を踏まえた水害被害特性について講義するとともに、越水・侵食・浸透ごとに見た災害の実態と減災対策(ハード、ソフト)について解説を行う斜 面の安定性に与える影響の解析について分かりやすく解説する。

    ]]> http://i8house3g.com/news/6926/feed/ 0 bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/6887/ http://i8house3g.com/news/6887/#respond Mon, 18 Apr 2016 06:56:07 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=6887 非常勤講師による講義を下記のとおり、行います。

    斜面災害防止対策における実用的な解析技術
    講師: 倉岡千郎 副技師長(日本工営株式会社 中央研究所)

    日時:
    2016年7月22日 9:30~17:00
    2016年7月23日 9:30~17:00
    場所: 京都大学宇治キャンパス 宇治地区研究所本館 E-417D
    対象: 大学院生,若手研究者
    bet988 地震や降雨などの外力を受ける地すべりの安定性評価や対策におい て、数値解析 は調査・観測や各種の試験と組み合わすことで有効に活 用できると考えられる。しかし、地すべりに数値解析を適用する場合、 不安定化機構の表し方、地盤・岩盤の材料特性のモデル化及び対策 工のモデル化等について、地盤工学(土質力学)の解析方法と異なるい くつかの点に留意する必要がある。そこで、本講義では地すべりにおい て数値解析を適用する上での留意点や活用方法について触れ、演習 や討論を通して数値解析の適用方法について相互(参加者と講師)に 学ぶことを目的とする。加えて、本年度は物理模型を用いて降雨が斜 面の安定性に与える影響の解析について分かりやすく解説する。

    ]]>
    http://i8house3g.com/news/6887/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/6795/ http://i8house3g.com/news/6795/#respond Thu, 14 Apr 2016 04:35:34 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=6795 非常勤講師による講義を下記のとおり、行います。

    防災空間計画論
    講師: 中村仁 教授(芝浦工業大学)

    日時:

    2016年7月4日(英語: 13:30-15:00) (日本語: 15:30-17:00)
    bet988 2016年7月5日(討議: 9:00-12:00)

    場所:bet988 京都大学宇治キャンパス 宇治地区研究所本館 S-519D

    対象:bet988 学部生、大学院生、教職員

    bet988水害に対する都市計画(空間計画)のアプローチについて、大規模近郊における開発権移転を活用した都市構造集約型の水害リスク低減策など、国内外の事例を交えて、研究及び活動事例を解説する。

    ]]>
    http://i8house3g.com/news/6795/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/6726/ http://i8house3g.com/news/6726/#respond Wed, 06 Apr 2016 01:56:49 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=6726 日時:2016年4月22日(金)15:00-17:00 会場:京都大学宇治キャンパス 本館S棟 S-519D連携研究棟 大セミナー室 (構内マップ中の27番の建物です) テーマ:2016年熊本地震特集
    1) 西村 卓也 先生 GNSS観測データに基づく西日本のひずみ集中帯とブロック断層モデル
    
    2) 後藤 浩之 先生 熊本地区の地震被害状況調査(速報)
    
    3) 浅野 公之 先生 強震波形による2016年熊本地震の震源過程
    
    4) 倉田 真宏 先生 2016年熊本地震における建築物の被害傾向
    
    5) 橋本 学 先生 ALOS-2/PALSAR-2で捉えた2016年熊本地震による地表面変動
    
    6) 松四 雄騎 先生 南阿蘇村における斜面変動について
    
    -----------------------------------------------------------
     ●2016年度 地震・火山グループ研究会 予定 6/24(金)、7/29(金)、10/28(金)、11/25(金)、3/31(金)
    ]]>
    http://i8house3g.com/news/6726/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/6632/ http://i8house3g.com/news/6632/#respond Tue, 29 Mar 2016 03:01:19 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=6632 京都大学防災研究所 講演会 「研究プロジェクトの最前線」

     

    bet988京都大学防災研究所では研究成果の社会への発信を目的に平成2年から毎年公開講座を実施してきており、今年で27回目になります。本年度の公開講座は、5~6月文部科学省 「情報ひろば」 エントランスにおいて防災研究所の研究成果の展示を行うこと、防災研創立65周年となることから東京で開催することにいたしました。

    東京で公開講座、文部科学省での展示を行うことのお知らせもかねて、下記の通り、防災研究所の研究、さらには現在実施している大型研究プロジェクトの一端をご紹介させていただく講演会を開催させていただきます。ご参加いただけましたら幸いです。

     

    日時: 2016年4月27日(水) 午後1時30分 ― 午後3時30分

    場所:bet988 (東京都千代田区霞が関3-2-2) アクセスは

     

     

     

    bet988司会 京都大学防災研究所 広報出版企画室 佐伯 かおる

     

    1. ご挨拶

    bet988京都大学防災研究所 所長 寶 馨

    2. 防災研究所の研究と公開講座

    京都大学防災研究所 副所長 丸山 敬

    3. 「平成28年(2016年)熊本地震」について(仮)

    京都大学防災研究所 副所長 西上欽也

    bet9884. 研究プロジェクト紹介

    1)気候変動リスクの影響評価に取り組む:
    bet988 気候変動リスク情報創生プロジェクト・課題対応型の精密な影響評価(文部科学省)

    bet988京都大学防災研究所 准教授 森 信人

    2)巨大地震に取り組む:
    メキシコ沿岸部の巨大地震・津波災害の軽減に向けた総合的研究(科学技術振興機構SATREPS)

    京都大学防災研究所 准教授 伊藤 喜宏

    3)復興に取り組む:
    南海トラフ広域地震防災研究プロジェクト(文部科学省科学技術試験研究委託事業)

    京都大学防災研究所 教授 牧 紀男

    ]]>
    http://i8house3g.com/news/6632/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/6588/ http://i8house3g.com/news/6588/#respond Thu, 10 Mar 2016 00:05:58 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=6588 bet988日時:2016/3/12(土), 9:30-

    場所:おうばくプラザセミナー室1, 2

    GADRI Geohazard Group Meeting 2016
    bet988 New generation of geohazard mapping and strategy for its social application

    Date: 12 Mar 2016 09:30-18:30 (see timetable for detail)
    Place: Oubaku plaza Seminar rooms 1 + 2, Uji Campus Kyoto Univ

    Key note lecture
    Dr. Irasema Alcántara-Ayala
    (National Autonomous University of Mexico, DPRI Kyoto University)
    “Beyond hazard understanding: landslide risk perception in developing countries”

    Invited speakers
    Dr. Masyhur Irsyam (Bandon Institute of Technology)
    Dr. Nicola Casagli (University of Florence)
    Dr. Michel Jaboyedoff (University of Lausanne)
    Dr. Katsuo Sasahara (Kochi University)
    Dr. Naoki Sakai (National Research Institute for Earth Science and Disaster Prevention)
    bet988 Dr. Guangqi Chen (Kyushu Univ)

    bet988+ 6 DPRI speakers (Tatano, Chigira, Kamai, Matsuura, Takebayashi, Matsushi)

    For further details, please refer to the Programme.

    ]]>
    http://i8house3g.com/news/6588/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/6569/ http://i8house3g.com/news/6569/#respond Wed, 09 Mar 2016 23:41:28 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=6569 Open Discussion Forum on
    GADRI Projects and Activities

    23 March 2016

     

    The Global Alliance of Disaster Risk Institutes (GADRI) will hold a GADRI Discussion Forum on GADRI Projects and Activities on 23 March 2016 at the Disaster Prevention Research Institute (DPRI), Kyoto University, Uji Campus, Kyoto, Japan.

    bet988GADRI Discussion Forum will introduce GADRI projects and activities; facilitate discussion between GADRI members and important stakeholders in disaster risk reduction. The forum will be concluded with a panel discussion session consisting various stakeholders from governmental and UN agencies. It is expected to draw a road map for GADRI directions for the next few years.

     

    For further details, please refer to the Programme.

    ]]>
    http://i8house3g.com/news/6569/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/6579/ http://i8house3g.com/news/6579/#respond Wed, 09 Mar 2016 07:28:35 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=6579 H28年拠点間連携共同研「巨大地震のリスク評価の精度向上に関する新パラダイムの構築」
    Symposium of the “Cooperative Research by Liaison between Hub Institutes”, 2016
    “Construction of a New Paradigm for Improving Uncertainty of Risk Evaluation for Large Magnitude Earthquakes”

    プログラム

    bet988平成28年3月25日(金) 9:30-18:00

    京都大学宇治キャンパス 宇治おうばくプラザ きはだホール

     

     

    9:30

    bet9881 Opening address (5 min.)

    2 Background and Purpose of the project “Cooperative Research by Liaison between Hub institutes” (15 min.)

     

    9:50

    3 Progress report (2 hours in total)

    bet9883.1 Source model     Masatoshi Miyazawa (DPRI)

    bet9883.2 Propagation path and deep structure         Kimihiro Mochizuki (ERI)

    bet9883.3 Strong motion prediction Takashi Iidaka (ERI)

    3.4 Shallow structure            Tetsuo Tobita (DPRI)

    bet9883.5 Structure damage estimation        Hiroshi Kawase (DPRI)

    3.6 Risk evaluation Kazuyoshi Nishijima (DPRI)

    bet9883.7 Platform development     Shinichi Matsushima (DPRI)

    bet9883.8 Stakeholder involvement              Norio Maki (DPRI)

    3.9 Uncertainty of risk evaluation      Seung Han Lee (DPRI)

     

    11:50

    bet988Lunch break

     

    13:00

    4 Invited presentations (40 min. each)

    4.1 John Douglas (University of Strathclyde, Glasgow)

    “Estimation of Strong Ground Motion: Aleatory Variability and Epistemic Uncertainty”

    bet9884.2 Christine Goulet (University of Southern California/Southern California Earthquake Center)

    “Reduction of epistemic uncertainty in ground-motion hazard assessment: empirical and simulation-based approaches”

     

    14:20

    Coffee break

     

    14:30

    bet9884.3 Katsuichiro Goda (University of Bristol)

    bet988“Multi-Hazard Earthquake-Tsunami Risk Assessment for Mega-thrust Subduction Earthquakes”

    bet9884.4 Thomas Le Guenan (BRGM)

    bet988“Strategies and tools for decision making under uncertainty”

    15:50

    Coffee break

     

    16:00

    5 Reduction of uncertainty (1 hour in total)

    bet9885.1 Source model

    bet9885.2 Propagation path and deep structure

    5.3 Strong motion prediction

    bet9885.4 Shallow structure

    bet9885.5 Structure damage estimation

    5.6 Risk evaluation

    17:00

    6 Discussions (55 min.)

     

    17:55

    7 Closing remarks (5 min.)

     

    18:00

    End

     

    ]]>
    http://i8house3g.com/news/6579/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/6468/ http://i8house3g.com/news/6468/#respond Mon, 22 Feb 2016 00:25:20 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=6468 「災害の軽減に貢献するための地震火山観測研究計画」の平成27年度成果報告シンポジウムを下記の要領で開催します.皆様のご参加をお待ちいたします. 主催:「災害の軽減に貢献するための地震火山観測研究計画」成果報告シンポジウム実行委員会 共催:東京大学地震研究所,京都大学防災研究所,地震・火山噴火予知研究協議会 後援:文部科学省,防災科学技術研究所,海洋研究開発機構,産業技術総合研究所地質調査総合センター,国土地理院,気象庁,海上保安庁,日本地震学会,日本火山学会,日本測地学会 日時:平成28年3月14日(月)~16日(水) 場所:東京大学 武田先端知ビル 5F 武田ホール・ホワイエ ※参加無料.事前登録不要.ただし専門家,研究者向けです. 詳細は、 ]]> http://i8house3g.com/news/6468/feed/ 0 bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/6466/ http://i8house3g.com/news/6466/#respond Wed, 17 Feb 2016 04:27:17 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=6466 京都セミナー2016
    開催日時
    2016年6月13日 (月) 9:30-16:30
    2016年6月14日 (火)   9:30-17:30
    2016年6月15日 (水)   9:30-17:00
     
    開催場所
    京都大学宇治キャンパス 
    おうばくプラザ きはだホール 
    主催:京都大学防災研究所
    後援:一般社団法人FLIPコンソーシアム 
     
    プログラム 
    2016年6月13日 (月) 9:30-16:30
     

    プログラム

    9:30-12:00

    開会の辞

    Lecture 1: 耐震設計

    Performance-based seismic design of geotechnical structures

    井合進

    京都大学防災研究所 教授

    Lecture 2: 地震応答解析

    The evolution of geotechnical seismic response analysis from 1964-2015

    W.D.Liam Finn

    Professor, University of British Columbia, Canada

    12:00-13:00

    休憩

    13:00-15:00

    Lecture 3: 液状化解析

    bet988Past, Present, and Future Developments in Liquefaction Hazard Analysis

    Steven L. Kramer

    bet988Professor, University of Washington, U.S.A.

    Lecture 4: 液状化対策

    Countermeasures against liquefaction

    古関潤一

    東京大学大学院工学系研究科 教授

    15:00-15:30

    休憩

    15:30-16:30

    Lecture 5: 原子力施設

    Towards solution for nuclear disaster at Fukushima No.1 Power Plant

    東畑郁生      

    関東学院大学理工学部 客員教授

    2016年6月14日 (火)   9:30-17:30

    Time

    プログラム (FLIPシンポジウム  FLIP 5周年記念イベント)

    9:30-10:50

    開会のあいさつ

    井合進

    京都大学防災研究所 教授

    Session 1: 液状化,河川堤防

    ディスカッションリーダー:

    愛媛大学大学院 教授 岡村未対

    Analysis of liquefaction during 2011 East Japan Earthquake

    Analysis of river dikes during 2011 East Japan Earthquake

    溜幸生

    東電設計株式会社

    森島直樹 

    株式会社ダイヤコンサルタント

    10:50-11:10

    休憩

    11:10-12:40

    Session 2: 岸壁

    ディスカッションリーダー:

    港湾空港技術研究所 特別研究官 

    菅野高弘

    bet988Analysis of quay walls during 2011 East Japan Earthquake

    田代 聡一

    東亜建設工業株式会社

    Session 3: 杭軸方向挙動

    ディスカッションリーダー:

    東京工業大学大学院

    田村修次

    Modelling of axial behavior of piles

    兵頭順一

    東電設計株式会社

    12:40-13:40

    休憩

    13:40-15:00

    Session 4: 粘性土のモデル化

    ディスカッションリーダー:

    神戸大学 教授 飯塚 

    bet988Modelling of cohesive soils: soil element behavior

    bet988Modelling of cohesive soils: consolidation and seismic response

    中原知洋

    五洋建設株式会社 

    小堤治

    株式会社 明窓社 

    15:00-15:20

    休憩

    15:20-17:30

    Session 5: 大変形解析

    ディスカッションリーダー:

    東電設計株式会社 溜 幸生

    Large deformation (finite strain) analysis: theory

    bet988Large deformation (finite strain) analysis: application

    上田恭平

    京都大学防災研究所 助教

    藤井紀之

    応用地質株式会社

    2016年6月15日 (水)   9:30-17:00
    Time

    プログラム

    9:30-11:30

    Lecture 6: 杭基礎

    Liquefaction induced dragload and downdrag based on full-scale blast liquefaction testing

    Kyle M.Rollins

    Professor, Brigham Young University, U.S.A.

    Lecture 7: モニタリング技術

    bet988Innovation in sensing technologies for geotechnical engineering and opportunities for earthquake geotechnics

    Kenichi Soga

    Professor, University of Cambridge, U.K.

    11:30-12:30

    休憩

    12:30-14:30

    Lecture 8: 地震防災

    bet988Recent efforts to mitigate the impacts of earthquake hazard in Indonesia

    Masyhur Irsyam

    bet988Professor, Institut Teknologi Bandung, Indonesia

    Lecture 9: 都市洪水災害

    Possible 4m-deep flooding in densely populated low-land area of Tokyo triggered by a mega-earthquake expected in the near future

    太田秀樹

    中央大学 教授

    14:30-15:00

    休憩

    15:00-16:00

    Lecture 10: 基礎工のモデル化

    Journey from soil micro-element modelling to foundation macro-element approximation

    Michael Pender

    bet988Professor, University of Auckland, New Zealand

    16:00-17:00

    総合討論と閉会の辞

    ]]>
    http://i8house3g.com/news/6466/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/6452/ http://i8house3g.com/news/6452/#respond Thu, 04 Feb 2016 01:10:57 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=6452 古地震研究会の春合宿を開催

    Workshop for transcription of disaster-related old documents.

     

     

    内容:京都大学古地震研究会の春合宿を開催します.
    詳細は[]
    をご覧ください.

    春合宿2016

    史料解読の実践のほか,史料解読にも役にたつ背景知識の習得のため,講演の時間も設けます.

    会場

    • 京都大学大学院理学研究科セミナーハウス (の10番の建物)
      • 京都市左京区北白川追分町 北部キャンパス(今出川通より北側)
      • 市バス17番(四条河原町・銀閣寺行き)京大農学部前下車 徒歩5分

    日程

    • 3月17日(木)12時(受付)~ 19日(土)12時

    史料

    • 未定

    講演

    • 3月17日 伊藤和行氏(京都大学大学院 文学研究科 教授)
      • 講演 ガリレオの固体破壊に関する研究(仮題)
    • 3月18日 夏目琢史氏(一橋大学附属図書館 助教)
      • 講演 彦根藩井伊家と遠州井伊谷龍潭寺(仮題)

    注意事項

    • 合宿といっても,一緒に泊まるわけではありません.宿泊は個々にご用意をお願いします.

    問い合わせ先:

    中西一郎(理学研究科)・加納靖之(防災研究所)kano <at> rcep.dpri.kyoto-u.i8house3g.com

    ]]>
    http://i8house3g.com/news/6452/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/6396/ http://i8house3g.com/news/6396/#respond Mon, 18 Jan 2016 09:16:07 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=6396 平成27年度 京都大学防災研究所研究発表講演会
    ※23日の 9:30 ~ 15:15 Ustream 配信します。配信サイトは、「」

    ポスター発表や口頭発表による本研究所の最新の研究成果や災害調査結果を報告するための研究発表会です。皆様のお越しをお待ちしています。

    公式サイト

    講演会プログラム
    講演会ポスター 

     

    2月23日(火) 9:30~19:15

    9:30 所長挨拶

     

    9:35 第3 回DPRI Award 授賞式・受賞記念講演

    Technology and Policy Options for a Low-Emission Energy System in Canada
    (カナダにおける低炭素放出型エネルギーシステム構築へ向けた科学技術政策)
    カナダ・ウォータールー大学教授
    bet988 Prof. Keith William Hipel

     

    11:00 特別講演

    災害レジリエンスと防災科学技術
    防災科学技術研究所理事長 林 春男

    鉄筋コンクリート建物の耐震性改善 ―中層から高層まで―
    教授 田中 仁史

     

    bet98814:15 災害調査報告

    2015 年ネパールゴルカの地震の建物被害調査と常時微動計測
    助教 山田 真澄

    2015 年関東・東北豪雨による鬼怒川流域の洪水災害
    准教授 佐山 敬洋

    2014 ~ 2015 年口永良部島噴火の調査報告
    助教 為栗 健

    災害から学ぶ ―2015 年3 月バヌアツ共和国を襲ったサイクロンパム―
    准教授 西嶋 一欽

     

    bet98815:30~19:15 一般講演[ 口頭発表]

     

    2月24日(水)9:00~17:15

    一般講演[ 口頭発表]
    特別セッション[減災社会プロジェクト]
    bet988 特別セッション[拠点間連携共同研究]

     

    ※ポスターセッション(23・24両日掲示,コアタイム24日 12:00~14:00)

    ]]>
    http://i8house3g.com/news/6396/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/6841/ http://i8house3g.com/news/6841/#respond Fri, 15 Jan 2016 06:16:07 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=6841 講義:地震波減衰特性 (Attenuation characteristics of seismic waves) 非常勤講師による講義を下記のとおり行います。 日時: 2016年2月22日 ( 13時30分から17時まで )
    場所:宇治地区本館5階E517D室(防災研究所セミナー室3) 対象:大学院生他どなたでも
    講義:地震波減衰特性 ( Attenuation characteristics of seismic waves )

    bet988講師:中原 恒 准教授(東北大学大学院理学研究科)地震波によって計測される地球内部物性は,P 波速度,S波速度や密度に加えて地震波減衰特性があり,この特性の推定は,地球内部の性質をよりよく知ることにつながり,また地震動予測といった応用地震学の分野にも有益な情報をもたらす.講義では,主として近地地震に対する地震 波減衰特性について,物理メカニズム,測定方法,測定結果などについて簡潔に レビューし,それらの概要について説明する.

    ※客員教員・非常勤講師による講義情報はこちら

    ]]>
    http://i8house3g.com/news/6841/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/6394/ http://i8house3g.com/news/6394/#respond Thu, 14 Jan 2016 09:21:24 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=6394

    非常勤講師による講義を下記のとおり、行います。

    日時:

    2016年 2月29日 9時~16時15分
           3月1日 8時45分~14時30分

    場所: 地震予知研究センター研究棟 C200

    対象:bet988 学部生、大学院生、若手研究者等

    南西諸島のテクトニクスと地震・津波

    bet988講師: 中村衛 教授(琉球大学)

    津波(1)基礎,津波(2)断層運動・地滑りと津波,津波(3)琉球・台湾の津波,地震活動,地殻構造,陸域・海底地殻変動からみた琉球弧
    ]]>
    http://i8house3g.com/news/6394/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/6390/ http://i8house3g.com/news/6390/#respond Thu, 14 Jan 2016 09:19:02 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=6390

    非常勤講師による講義を下記のとおり、行います。

    日時:

    2016年 2月29日 9時~16時15分
           3月1日 8時45分~14時30分

    場所: 地震予知研究センター研究棟 C200

    対象: 学部生、大学院生、若手研究者等

    南西諸島のテクトニクスと地震・津波

    bet988講師: 中村衛 教授(琉球大学)

    津波(1)基礎,津波(2)断層運動・地滑りと津波,津波(3)琉球・台湾の津波,地震活動,地殻構造,陸域・海底地殻変動からみた琉球弧
    ]]>
    http://i8house3g.com/news/6390/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/6378/ http://i8house3g.com/news/6378/#respond Tue, 12 Jan 2016 06:16:54 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=6378

    都市減災サブプロジェクト 第4回 成果発表会

    「※定員に達したため、申し込みを締め切りました」

    2016年2月29日(月)10:00 – 17:15
    場所:全国町村会館ホール(〒100-0014 東京都千代田区永田町1-11-35)
    主催:都市の脆弱性が引き起こす激甚災害の軽減化プロジェクト
    bet988 「都市災害における災害対応能力の向上方策に関する調査・研究」チーム

    Program

    ( 敬称略)

    09:30
    開場
    総合司会  東京大学生産技術研究所 教授 目黒公郎
    新潟大学危機管理室   教授 田村圭子

    はじめに

    10:00 〜 10:10
    開会挨拶  文部科学省 研究開発局 地震・防災研究課 課長 谷 広太
    10:10 〜 10:30
    都市災害における災害対応能力の向上方策に関する調査・研究の目指すもの
    防災科学技術研究所 理事長・京都大学防災研究所 特任教授 林 春男

    個別発表

    10:30 〜 10:55
    都市減災ジオポータルの構築
    防災科学技術研究所レジリエント防災・減災研究推進センター 主幹研究員 鈴木進吾
    10:55 〜 11:20
    中京圏を対象とした被災者数分布に関する研究
    名古屋大学減災連携研究センター 准教授 廣井 悠
    11:20 〜 11:45
    ライフラインの地震被害とその影響評価について
    岐阜大学工学部 教授 能島暢呂
    11:45 〜 13:00
    昼食
    13:00 〜 13:25
    WebEOCの効果的な活用について
    NTTセキュアプラットフォーム研究所 主任研究員 一ノ瀬文明
    13:25 〜 13:50
    MMS:個人の津波避難経路選定ツールの実装と評価分析
    静岡大学情報学部 講師 井ノ口宗成
    13:50 〜 14:15
    防災リテラシーハブによる知の集積化・統合化
    兵庫県立大学環境人間学部 准教授 木村玲欧
    14:15 〜 14:40
    建物被害調査に関する教育・訓練システムの開発
    常葉大学大学院環境防災研究科 教授 田中 聡
    14:40 〜 15:00
    休憩

    今年の注目研究

    15:00 〜 15:05
    はじめに
    防災科学技術研究所 理事長・京都大学防災研究所 特任教授 林 春男
    15:05 〜 15:50
    サブプロ①「東日本大震災後の首都圏の大地震とその災害像」
    コーディネーター:東京大学地震研究所 准教授 酒井慎一
    発表:東京大学地震研究所 教授 平田 直
    東京大学地震研究所 教授 堀 宗朗
    15:50 〜 16:35
    サブプロ②「都市機能の維持・回復のための調査研究の成果の概要」
    コーディネーター : 株式会社小堀鐸二研究所 副所長 小鹿紀英
    発表 : 京都大学防災研究所 教授 中島正愛

    まとめ

    16:35 〜 17:15
    総合討論「ポスト都市災害への展望」
    コーディネーター:新潟大学危機管理室 教授 田村圭子
    討論者:発表者+コーディネーター+司会者

     

    ※本成果発表会は公開で開催します。講演内容については変更する場合がありますので、予めご了承下さい。 会場の関係で先着130名様に限定させていただきます。

    「※定員に達したため、申し込みを締め切りました」

    定員:130名 *入場料・資料代は無料。事前登録が必要です。
    登録期限:2月22日(月)

    【問い合わせ・申し込み先】
    京都大学防災研究所 巨大災害研究センター
    都市の脆弱性が引き起こす激甚災害の軽減化プロジェクトサブプロ③事務局
    TEL: 0774-38-4273
    Email:
    メールでお申し込みの際には、①お名前、②ご所属、③ご連絡先住所、④電話・FAX番号 をご記入の上、事務局まで送信願います。

    サブプロ③ ウェブサイト

    ]]>
    http://i8house3g.com/news/6378/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/6376/ http://i8house3g.com/news/6376/#respond Thu, 07 Jan 2016 01:16:24 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=6376

    bet988非常勤講師による講義を下記のとおり、行います。

    日時:

    2016年2月12日、16日、17日

    場所:bet988 地震予知センター新館C200号室

    対象: 主に大学院生

    マントル対流・滞留スラブの数値シミュレーション

    講師: 吉岡 祥一 教授(神戸大学自然科学系先端融合研究環)

    bet988本集中講義では、まず、マントル対流に関する基礎的事項について解説する。次に、設定条件の違いがマントル対流に及ぼす影響を理解するため、いくつかの数値シミュレーション例を系統的に示す。最後に、上部・下部マントル境界付近に滞留するスラブに関する数値モデリング研究のレビューと研究の現状の紹介を行う。

    ※客員教員・非常勤講師による講義情報はこちら

    ]]>
    http://i8house3g.com/news/6376/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/6372/ http://i8house3g.com/news/6372/#respond Thu, 07 Jan 2016 01:10:51 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=6372

    非常勤講師による講義を下記のとおり、行います。

    日時:

    2016年1月12日 15:30-17:00

    bet9882016年1月13日 9:30-11:00

    
    
    
    場所: 京都大学 宇治キャンパス 12日:HW401 13日:E-417D
    対象: 学部生、大学院生
    
    
    強震動予測を支える観測とそのデータの活用・他

    bet988講師: 神野達夫 教授(九州大学大学院)

     

    地震被害想定の基本となる強震動予測を行うためには、震源や地下構造を適切にモデル化する必要があり、このモデル化には、多くの地震観測記録や物理探査結果などが用いられる。特に地震観測記録は強震動予測結果の検証にも利用されるなど、利用の幅が広く、精力的に観測が行われている。このように強震動予測は様々な観測記録によって支えられており、その観測記録の特徴を理解することは適切な強震動予測を行うためにも重要である。そこで、本講義では強震動予測を支える様々な観測の例として、強震観測と微動観測を取り上げ、その観測方法やデータの活用方法について解説を行う。

     

    ※客員教員・非常勤講師による講義情報はこちら

    ]]>
    http://i8house3g.com/news/6372/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/6356/ http://i8house3g.com/news/6356/#respond Mon, 04 Jan 2016 01:14:53 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=6356

    非常勤講師による講義を下記のとおり、行います。

    日時:2016年1月6日 10:30-12:30

    
    

     

    場所: 京都大学 宇治キャンパス 本館 S-143
    対象: 学部生、大学院生、若手研究者等
    
    
    二重偏波レーダーによる雨の粒径分布と降水強度の推定

    講師: 足立アホロ 主任研究員(気象研究所)

    ]]>
    http://i8house3g.com/news/6356/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/6353/ http://i8house3g.com/news/6353/#respond Mon, 28 Dec 2015 05:53:39 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=6353

    非常勤講師による講義を下記のとおり、行います。

    日時:2016年1月7日 14:30-16:30bet988 → 14:00-17:00

    
    

     

    場所: 京都大学 宇治キャンパス 本館 S-519D
    対象: 教員、大学院生、学部生、若手研究者等
    
    
    流域内水環境評価のための統計的アプローチ

    講師: 篠田成郎 教授(岐阜大学 総合情報メディアセンター)

    
    可能最大降水(PMP)の評価・適用

    bet988講師: 近森秀高 教授(岡山大学 大学院環境生命科学研究科)

    ]]>
    http://i8house3g.com/news/6353/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/6334/ http://i8house3g.com/news/6334/#respond Fri, 18 Dec 2015 09:08:18 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=6334

    bet988非常勤講師による講義を下記の通り、行います。

    日時:

    2016年1月8日 14:00-17:15
    
    
    

    場所:bet988 京都大学 宇治キャンパス 本館 S-207D

    対象: 大学院生、研究者

    
    
    波形相関を用いた震源過程解析、および、2015年箱根の火山活動

    講師: 清水 厚 主任研究員(国立環境研究所地域環境研究センター)

    前半は、観測点アレイで観測された地震波形データを用いて、波形の相関を利用した震源過程の解析方法について紹介する。後半は、2015年に火山活動が活発化した箱根山について、様々な観測機器で行われた観測とその解析結果を紹介する。

    ]]>
    http://i8house3g.com/news/6334/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/6319/ http://i8house3g.com/news/6319/#respond Fri, 18 Dec 2015 07:00:22 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=6319 第16回比較防災学ワークショップ
    平成27年度第4回災害対応研究会 公開シンポジウム
    「国難と都市災害:来るべき国難にどのように備えるべきか-Ⅳ」
     
    日 時: 2016年1月21日(木)14:00~16:30 ~ 22日(金)10:00~16:00
    会 場: 神戸国際会議場 5F 501号室
    参加料: 無料(事前申込み不要、当日先着140名)
     
    趣旨: 科学研究費補助金・基盤研究S『「国難」となる最悪の被災シナリオと減災対策』、および文部科学省委託事業『都市の脆弱性が引き起こす激甚災害の軽減化
    bet988         プロジェクト「3.都市災害における災害対応能力の向上方策に関する調査・研究」』の研究成果をもとに、来るべき南海トラフ地震対策を考える。

     
    bet988 プログラム詳細については

    ]]>
    http://i8house3g.com/news/6319/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/6285/ http://i8house3g.com/news/6285/#respond Wed, 16 Dec 2015 04:14:37 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=6285 bet988今回はでの開催します。

    ※事前参加申込は締め切っております。

    日 時 : 平成27年 12月 16日(水) 14:00~17:00

    場 所 : 京都大学防災研究所 付属流域災害研究センター
     本館 セミナー室 

    「沿岸構造物のレジリエンシイ(粘り強さ)を高めるための産学共同研究」
         京都大学防災研究所 教授 平石 哲也氏

     

    「『水に浮く布団 セーヴィングフローター』の開発について」
         株式会社NAテック 代表取締役社長 青山 栄次氏

     

    施設見学「宇治川オープンラボラトリー実験棟」
         京都大学防災研究所 准教授 川池 健司氏

    ]]>
    http://i8house3g.com/news/6285/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/6247/ http://i8house3g.com/news/6247/#respond Fri, 04 Dec 2015 06:12:15 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=6247

    bet988非常勤講師による講義を下記の通り、行います。

    日時:

    2016年3月10日 10:00-17:00
    2016年3月11日 10:00-17:00

    場所: 京都大学 宇治キャンパス 本館 E-417D

    対象:bet988 学部生、大学院生、若手研究者等

    
    
    建築物の耐風設計

    講師:谷口徹郎 准教授(大阪市立大学工学研究科)

    高層建築物の耐風設計に関しては、長周期地震動に対する免震構造や耐震構造の開発など、新しい構造設計技術の開発が進んでおり、それに対して、耐風構造設計法も日々進化している。本講義では、それらの最新技術に対応した、建築基準法における構造計算の枠組、設計水準と設計風速、構造骨組用風荷重、空力振動、外装材用風荷重、その他の耐風設計(飛来物、疲労損傷、免震構造物)に関する講義を、学部生、大学院生、若手研究者等を対象として行う。

    ※客員教員・非常勤講師による講義情報はこちら

    ]]>
    http://i8house3g.com/news/6247/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/6245/ http://i8house3g.com/news/6245/#respond Fri, 04 Dec 2015 06:00:37 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=6245

    非常勤講師による講義を下記の通り、行います。

     

    日時:

    2016年2月12日、16日、17日

    場所:bet988 地震予知センター新館C200号室

    対象: 主に大学院生

     

    マントル対流・滞留スラブの数値シミュレーション

    講師: 吉岡 祥一 教授(神戸大学自然科学系先端融合研究環)

    bet988本集中講義では、まず、マントル対流に関する基礎的事項について解説する。次に、設定条件の違いがマントル対流に及ぼす影響を理解するため、いくつかの数値シミュレーション例を系統的に示す。最後に、上部・下部マントル境界付近に滞留するスラブに関する数値モデリング研究のレビューと研究の現状の紹介を行う。

    ]]>
    http://i8house3g.com/news/6245/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/6198/ http://i8house3g.com/news/6198/#respond Tue, 24 Nov 2015 22:48:57 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=6198 第8回 日本-台湾共同防災科学セミナーの開催について

    The 8th Japan-Taiwan Joint Seminar on

    Natural Hazard Mitigation

     

                                                京都大学防災研究所 中川 一

     

    bet988第8回日本-台湾共同防災科学セミナーが下記のように開催されますので,ご参加下さいますようご案内いたします。

     

    1.本セミナーの目的と性格:

    本セミナーの目的は、自然災害科学および防災科学・技術に関する最新の情報を交換し,この21世紀を自然災害の恐怖を免れた繁栄の世紀とするために,共同して斯界の学問・技術の発展を図ることにある。主要な課題として1)地震・地盤災害,2)土砂災害,3)河川災害,4)海岸災害,5)水文・気象災害,6)総合防災,をとりあげる。両国のその分野を代表する研究者から最新の研究成果やその分野の研究の現状の総括についての講演を聴き、討議を深めることによって防災研究の重要課題とそのアプローチの仕方を明確にすることを重要目的とする。

    本セミナーは1985年の台湾開催以来、ほぼ4年毎に日-台交互に開催しているものである。

     

    bet9882.主催ならびに企画運営:国内組織委員会(委員長:中川 一)

     

    3.後援:京都大学防災研究所,一般財団法人防災研究協会

     

    bet9884.開催期間:平成27年12月7日(月)~12月9日(水)

     

    5.開催場所:京都大学宇治キャンパス内 おうばくプラザ他

    〒611-0011 京都府宇治市五ケ庄 0774-38-4394

    JR黄檗駅より徒歩約5分

    京阪黄檗駅より徒歩約10分

    bet988その他の情報はhttp://www.uji.kyoto-u.i8house3g.com/campus/obaku.html を参照

     

    6.参加費:無料

    (レストラン「きはだ」での意見交換会2の会費は、

    一般6,000円、学生3,000円、台湾側同伴者2,000円)

     

    7.プログラム

     

    12月7日  (木質ホール)

    09:30~10:00 受付開始

    bet98810:00~10:15 開会挨拶

    10:15~11:00 日本側基調講演

    bet98811:00~11:45 台湾側基調講演

    11:45~13:00 昼食

    bet988(第1および第2会場:おうばくプラザセミナー室1・2及び4・5)

    bet98813:00~14:40 セッション

    14:40~15:00 休憩

    15:00~16:40 セッション

    18:00~    意見交換会1(台湾からの講演者とLOCメンバーに限定)

     

    bet98812月8日 (第1,2会場)

    bet98809:00~10:40 セッション

    bet98810:40~11:00 休憩

    11:00~12:40 セッション

    bet98812:40~14:00 昼食

    bet98814:00~15:40 セッション

    bet98815:40~16:00 休憩

    16:00~17:40 セッション

    18:00~20:00 意見交換会2(レストランきはだ)

     

    bet98812月9日 テクニカルツアー・意見交換会3

    (日帰り、参加は台湾からの講演者とLOCメンバーに限定)

     

    8.連絡先:〒612-8235 京都市伏見区横大路下三栖 京都大学防災研究所

    流域災害研究センター 河川防災システム研究領域

    第8回日本-台湾共同防災科学セミナー

    実行委員会事務局

    E-mail:JT2015@uh31.dpri.kyoto-u.i8house3g.com

     

    9.宿泊等:

    bet988宿泊等が必要な場合は、各自で手配していただきますようお願いいたします。

    ]]>
    http://i8house3g.com/news/6198/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/6138/ http://i8house3g.com/news/6138/#respond Fri, 13 Nov 2015 08:51:34 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=6138 阪神・淡路大震災から21年をこえ、東日本大震災から5年を迎えようとする時期にあわせて、大阪放送局と京都大学防災研究所では、若手研究者が「減災社会の未来予想図」を語り合うトークイベントを開催します。来場した高校生や大学生を中心としたみなさん(next generations)と、ゲストスピーカーが「夢」を共有するもようを収録して、後日ラジオ放送でお伝えします。

    詳しくはこちらをご覧ください。

    出演者:
    矢守克也(京都大学防災研究所 巨大災害研究センター 教授)
    山田真澄(京都大学防災研究所 地震防災研究部門 助教)
    中道治久(京都大学防災研究所 火山活動研究センター 准教授)
    山口弘誠(京都大学防災研究所 気象・水象災害研究部門 特定助教)
    bet988 横松宗太(京都大学防災研究所 巨大災害研究センター 准教授)

    司会:
    bet988 住田功一アナウンサー(NHK大阪放送局)

    収録日・開催日:
    平成28年1月24日(日)
    開場:午後1時30分 開演:午後2時  終演予定:午後4時

    会場:NHK大阪放送局

    〒540-8501 大阪市中央区大手前四丁目1番20号

    地下鉄谷町線「谷町四丁目駅」2号出口から徒歩約3分

    地下鉄中央線「谷町四丁目駅」9号出口すぐ

     

    放送予定:
    bet988 平成28年2月29日(月)午後4時5分~ ラジオ第1放送「関西ラジオワイド」内で放送

    イベント詳細・申し込みHP:

    PC・スマートフォン版
    http://pid.nhk.or.jp/event/PPG0271262/index.html

    携帯電話版
    http://pid.nhk.jp/event/PPG0271262/index.html

    クリップボード01

    ]]>
    http://i8house3g.com/news/6138/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/6085/ http://i8house3g.com/news/6085/#respond Mon, 02 Nov 2015 07:24:15 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=6085 【開催日時】2015年11月27日(金)2時 ~ 5時
    【開催場所】連携研究棟3階大セミナー室(301)

    【テーマ】レジリエントな防災・減災機能
    【講演者】稗田泰史氏(森ビル株式会社 執行役員)
    土橋徹氏(森ビル株式会社 構造担当部長)
    金谷康宏先生(国立保健医療科学院・健康危機管理研究部部長)
    鶴和美穂先生(国立病院機構災害医療センター、厚生労働省 DMAT 事務局)

    【講演会の趣旨】
    2015年11月の地震・火山グループ研究会では、”レジリエントな防災・減災”を テーマに、市街地の再開発事業を担う民間企業による防災・ 減災機能向上の取 り組み、および広域災害時の保険医療活動支援への厚生労働省の取り組み、を取 り上げる。前半は、森ビル株式会社の稗田泰史執行 役員と土橋徹構造担当部長 に、森ビルの都市づくりのヴィジョン、そして高層ビル建設における最新の耐震 技術や安全対策技術の展開について、お 話いただく。後半は、国立保健医療科 学院の金谷泰宏先生と鶴和美穂先生に、保健医療活動支援に関わる情報利活用技 術の研究開発と実践につい て、 DMATの活動等にも触れて、話題を提供していた だく。

    【プログラム】
    (前半) 午後2時00分 ~ 午後3時30分  『市街地の再開発事業を担う民間 企業の取り組み』
    稗田泰史氏(森ビル株式会社 執行役員)
    bet988 土橋徹氏(森ビル株式会社 構造担当部長)

    森ビルでは、災害時に「逃げ出す」のではなく「逃げ込める」くらい安全な街づ くりを目指している。東日本大震災では、建物に設置した地震計に より、「制 振」「免震」構造の安全性に対する効果を確認出来た。地震被害は、ほとんど無 かったものの、将来のさらなる大きな地震に備え、多数 の建物への影響を早期 に把握する必要が有る。早期の建物診断の手掛かりとすべく地震計のデータをリ アルタイムで分析するシステムを展開してい る。

    (後半) 午後3時40分 ~ 午後5時00分
    『災害時の保健医療活動支援に関わる情報利活用技術』
    金谷康宏先生(国立保健医療科学院・健康危機管理研究部部長)
    bet988 鶴和美穂先生(国立病院機構災害医療センター、厚生労働省 DMAT事務局)

    平成7年に発生した阪神・淡路大震災を契機に災害時における医療需要と医療提 供のアンバランスの解決の手段として広域災害救急医療情報システ ム(EMIS)が 整備されるとともに、災害派遣医療チーム(DMAT)が組織され、東日本大震災で は、はじめてこれらの仕組みが試された。太 平洋沿岸地域は、超大型地震の脅 威にさらされており、人口密集地域に直下型地震、巨大津波が与える人的被害 は、これまでの震災の10倍を上回 るとの予測が示されている。このような事態 に備え、平成26年度より開始された戦略的イノベーション創造プログラム(SIP) の中で、官公庁 等の有する情報を集約し、保健医療分野における支援活動の内 容に応じた形で提供することで、迅速に重症患者を被災地から搬出し、適切に医 療提 供が行える医療機関への収容、さらには中長期における避難所での保健 ニーズを適切に捉えることで医療需要を未然に予防できる新たな情報基盤の 構 築を進めてきた。本講演では、鶴和よりDMAT活動の現状と課題について紹介し、 金谷より研究の概要について報告する。

    ]]>
    http://i8house3g.com/news/6085/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/6026/ http://i8house3g.com/news/6026/#respond Wed, 28 Oct 2015 00:07:08 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=6026 文部科学省、気象庁気象研究所、東京大学大気海洋研究所、国立環境研究所、海洋研究開発機構、筑波大学が共同で、 気候変動リスク情報創生プログラムにおいて、本格化する地球温暖化への対策の推進に資するため、甚大な災害をもたらす極端気象の将来変化予測も含む高解像度大規模データベース「d4PDF」を作成されました。 本研究所は、このデータを元に今後研究を進めてまいります。 将来の気候変化を高い精度で推定できるため、防災等への研究利用はもとより、国や自治体、産業界での影響評価や温暖化対策策定への活用が期待されています。 このたび、東京の一橋講堂において、「d4PDF」を公開するに当たり、シンポジウムを開催します。 多数の実験例(アンサンブルデータ)は、今後より広い皆様が、これから利用可能となりますので、この機会に、ぜひご参加ください。
    ※がオープンしました。から。
    ※事前参加申込(参加無料)が必要です。参加申込は、から。
    開催日 2015年12月21日(月)13:30-17:00 (13:00開場)
    会 場 一橋講堂 ( 学術総合センター2階) 東京都千代田区一ツ橋2-1-2
    主 催 文部科学省気候変動リスク情報創生プログラム
    関係機関 文部科学省、気象庁気象研究所、東京大学大気海洋研究所、京都大学防災研究所、国立環境研究所、海洋研究開発機構、筑波大学
    お問い合わせ 海洋研究開発機構
    気候変動リスク情報創生プログラム事務局
    (E-mail: sousei_info@jamstec.go.jp Tel:045-778-5700)
    <本研究所の研究担当教員からのコメント>
    データベースd4PDF は、現在気候、将来気候の様々な物理量・指標の確率密度関をより正確に描けるポテンシャルを持った情報となります。 
    気候変動に興味のない皆様にも、現在気候の再現確率密関数は、これまでのたかが一観測時系列からでは得られなかった貴重な多くの情報をもたらしてくれると確信してます。
    そいう意味でも、より広い分野の皆様とりましても、適応研究における大切な情報となることを確信しています。 
    水工学分野からの多くの皆様もご参加賜り、そして気軽に議論にお加わりいただきますことを切に希望しまして、ご案内を申しあげます。 
    なお、気候変動”適応”研究は、気候・気象分野、水文分野だけでなく、より広い、そしてより多くの皆様と進めないと成就しない研究と思っています。今後も、より多くも皆様と議論ができますよう、つとめてまいりたく思います。 どうぞよろしくお願い申し上げます。

    プログラム

    趣旨説明

    • 木本昌秀
      東京大学大気海洋研究所

    文部科学省挨拶

    海洋研究開発機構挨拶

    講演

    d4PDFの目的と概要

    • 高薮 出
      気象庁気象研究所

    全球データセットにおける極端気象将来変化

    • 水田 亮
      気象庁気象研究所

    多数アンサンブルのダウンスケーリングによる日本の気候の将来予測

    • 村田昭彦
      気象庁気象研究所

    多数アンサンブルを用いた地球温暖化の影響評価

    • 森 信人
      京都大学防災研究所

    温暖化影響評価のためのd4PDF の活用に向けて

    • 肱岡靖明
      国立環境研究所

    bet988地方自治体での気候予測データ利用の現状と課題

    • 初鹿宏壮
      富山県環境科学センター

    d4PDF 利用案内

    • 荒川 理
      筑波大

    質疑・総合討論

    司会:

    • 中北英一
      京都大学防災研究所
    クリップボード01
    
    
    
    
    ]]>
    http://i8house3g.com/news/6026/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/6011/ http://i8house3g.com/news/6011/#respond Sun, 27 Sep 2015 06:14:24 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=6011

    非常勤講師による講義を下記の通り、行います。

    日時:

    10月13日 (火)  14:00-16:00

    場所: 宇治キャンパスE-417D 対象: 学部生〜研究者

    阪神高速の技術戦略と減災への取り組み

    講師:

    金治英貞(阪神高速道路株式会 社技術部技術推進室・室長)
    50年を迎えた阪神高速道路の歴史を振り返りながら,地震対策がどのように進められてきたかを,技術的側面から紹介する.
    ]]>
    http://i8house3g.com/news/6011/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/6005/ http://i8house3g.com/news/6005/#respond Sun, 27 Sep 2015 06:12:10 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=6005 非常勤講師による講義を下記の通り行います。
     
    日時:9月30日、10月1日
     
    場所:宇治キャンパスE-412D
     
    対象:学部生、大学院生
     
    講師:飯塚 敦(神戸大学 都市安全研究センター 教授)
      
    bet988 地盤変形と破壊挙動について、地盤材料の力学モデルに基づいた講義及び弾塑性理論に基づく地盤材料の力学モデルに基づく 土/水連成弾(粘)塑性有限要素・飽和地盤静的解析プログラムDACSARの開発とその実用化

    ]]>
    http://i8house3g.com/news/6005/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/5691/ http://i8house3g.com/news/5691/#respond Thu, 24 Sep 2015 23:45:00 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=5691

    bet988非常勤講師による講義を下記の通り、行います。

     

    日時:

     2015年12月3日13:00~18:00
     2015年12月4日8:45~14:30

    場所:bet988 防災研究所連携研究棟小セミナー室(203号室)

    対象: 誰でも参加可能

     
     

    人為汚染粒子、黄砂、火山灰等各種エアロゾルのライダーによる光学観測

    講師: 清水 厚(国立環境研究所地域環境研究センター・主任研究員)ミー散乱ライダー(レーザーレーダー)による多様なエアロゾルの光学観測について、その原理や計測例を世界各地のライダーネットワークや衛星搭載ライダーなどのトピックも含めて紹介すると共に、行政へのデータ提供・健康影響研究への応用などについて今後の見通しなども含めて解説する。

    ]]>
    http://i8house3g.com/news/5691/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/5633/ http://i8house3g.com/news/5633/#respond Tue, 15 Sep 2015 08:19:02 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=5633 ~アラブ地域におけるフラッシュフラッドのリスク軽減と水資源利用~

    開催日 : 2015年10月14日-15日

    場 所 : 

     

    開催趣旨:

     近年,中東・北アフリカ地域の乾燥・半乾燥地域のワジ(涸れ)川流域において,鉄砲洪水(以下,フラッシュフラッド(Flash Flood)が頻発しており,気候変動の影響とも指摘されています.エジプトにおいても,2010年1月に規模な災害が発生し,その後も災害は増加する傾 向にあります.こうした背景により,京都大学防災研究所では,これに対する解決策を目指した研究協力を進めてきました.
     このようなワジのFlash Flood対策としては,ハード対策(洪水貯留施設などの建設)とソフト対策(降雨-流出モデルに基づく予警報システムの導入,土地利用計画など)を組み 合わせた多面的なアプローチが重要です.なお,このような乾燥・半乾燥地域では,洪水は貴重な水資源を獲得する機会でもあり,小規模ダムの貯留水を地下水 涵養させることによって新たな水資源開発を行う試みも検討されています.
     そこで,本国際シンポジウムでは,エジプトをはじめとする中東・北アフリカ地域におけるフラッシュフラッド災害の現状と課題,その対策としてのハード・ソフト対策の最新事情,さらには,今後の「防災」および「水資源開発」の観点からの協力方策について討議を行います.

    内容:

    1- Case Studies of Flash Flood Management
    2- Wadi’s Future Developments Projects and Integrated Water Management
    3- Flood Mitigation and Water Harvesting Strategies
    4- Innovative Technologies
    5- Hydrological Modelling and Climate Change Impacts
    6- Integrated Risk Management
    7- Panel Discussion
    使用言語:英語

     申込み連絡先:

    参加ご希望の方は、10/9までに下記の情報をメールで、小原(obara.hisae.6n@kyoto-u.i8house3g.com)までお送りください。
    ①参加者氏名:
    ②所属:
    ③連絡先(メールアドレス):
    ④交流会(10/14)の参加有無(参加費4000円): 参加  不参加  (いずれかを消してください)
    ]]>
    http://i8house3g.com/news/5633/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/5553/ http://i8house3g.com/news/5553/#respond Fri, 04 Sep 2015 02:22:20 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=5553 この度、当自然災害研究協議会では 第52回 自然災害科学総合シンポジウムを開催する運びとなりました。 今回のシンポジウムでは「国際共同研究の新たなステージへ 」をテーマに開催 いたします。
    詳細につきましては、下記プログラムをご覧ください。
    皆様のご参加を心よりお待ちしております。

     

    主 催:自然災害研究協議会
    日 程:2015年10月6日(火)
    場 所:京都大学宇治おうばくプラザ きはだホール
    〒611-0011 宇治市五ヶ庄
    参加費:無料
    申込み方法:下記のフォームにご記入の上E-Mailにて
    9月18日(金)までにお申し込みください。
    申込先:E-Mail shizensaigai@dpri.kyoto-u.i8house3g.com

     

    ---------------------------

    申込みフォーム:
    所属:
    氏名:
    連絡先(E-Mailアドレス):

    ---------------------------

    プログラム

    09:30〜 受付

    10:00 開会挨拶

    自然災害研究協議会議長(京都大学防災研究所)中川 一

     

    10:10〜10:45 【平成26年度科学研究費補助金・特別研究促進費による突発災害調査報告】

    ■2014年8月豪雨により広島市で発生した土石流災害の発生解明と防災対策に関する研究

    山口大学農学部 山本晴彦

     

    10:45〜11:20

    ■2014年御嶽山火山噴火に関する総合調査

    bet988名古屋大学大学院 山岡耕春

     

    bet98811:20〜11:45 【平成26年度京都大学防災研究所共同利用・共同研究拠点重点推進型共同研究による突発災害調査】

    ■2014年長野県北部の地震に関する災害調査

    京都大学防災研究所 後藤浩之・土井一生

     

    11:45〜12:10

    ■2015年サイクロン・パムによるバヌアツの台風災害調査

    bet988京都大学防災研究所 森 信人・安田誠宏・西嶋一欽

     

    12:10 昼食

     

    13:10〜13:40 【平成27年度科学研究費補助金・特別研究促進費による突発災害調査速報】

    ■2015年ネパール地震と地震災害に関する総合調査

    新潟大学災害・復興科学研究所 福岡 浩

     

    13:40〜14:10

    ■2015年口永良部島噴火に関する総合調査

    bet988京都大学防災研究所 井口正人

     

    bet98814:10〜14:50 【特別講演1】

    ■災害対応の国際協力—東南アジアの経験から

    京都大学地域研究統合情報センター 西芳実

     

    14:50 休憩

     

    15:10〜15:50 【特別講演2】

    ■第3回国連世界防災会議仙台防災枠組み -実現に向けての科学技術コミュニティーの役割-

    九州大学大学院工学研究院 塚原健一

     

    bet98815:50〜16:30 【特別講演】

    bet988■Sendai Framework for Disaster Risk Reduction

    bet988京都大学大学院地球環境学堂 ラジブ・ショウ

     

    16:30~17:00 【総合討論】

     

    17:00

    ■閉会挨拶

    ]]>
    http://i8house3g.com/news/5553/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/5540/ http://i8house3g.com/news/5540/#respond Thu, 03 Sep 2015 05:52:20 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=5540 下記の要領で、研究集会を開催します。 研究集会名:新世代SARがもたらす災害・環境モニタリングの進展 研究代表者:大村 誠(高知県立大学) 担当教員 :橋本 学(京都大学防災研究所) 事務局  :小澤 拓(防災科学技術研究所) 開催場所:京都大学宇治キャンパス(おうばくプラザ) 開催日 :平成27年12月2日(水)・3日(木)      (12月2日(水)に懇親会開催予定) 開催目的:  2014年には日本の陸域観測技術衛星「だいち2号」(ALOS-2)などの新世代SARミッションが開始され,地殻変動や氷河流動,大気・電離圏などに関する地球科学の広い分野において,高い関心がもたれている.本研究集会においては,そのような新世代SARなどを用いた解析事例に基づき,その有用性や解析手法等に関する課題について議論する.  また,その前日(12月1日)には,SAR干渉解析ツール(RINC)およびその解析結果を用いた時系列解析に関するソフトウェア講習会を開催する予定です. --------------------------------------------------------------- 研究集会でのご発表および研究集会・ソフトウェア講習会の参加に関する申し込みを開始いたします. 研究集会参加・研究集会発表・ソフトウェア講習会参加を希望されるかたは,以下の申し込みフォームに記入の上,  事務局(防災科研 小澤:taku@bosai.go.jp) までメールでお送りください.また,ご発表いただける方で希望される方には,旅費を支給しますので,申し込みフォームに希望を記入してください.ただし,予算に限りがあるため,ご希望に添えないことがあることを,あらかじめお詫びいたします. ご理解・ご協力をお願いします. ----------------------申し込みフォーム---------------------- 研究集会・ソフトウェア講習会参加申し込み  氏名(所属):  研究集会  :(参加or不参加)  懇親会   :(参加or不参加)  ソフト講習会:(参加or不参加)  連絡先   :(メールアドレス) ご発表の申し込み  題名    :   著者(所属):  旅費の希望 :(希望するor希望しない) ------------------------------------------------------------ 締め切りは   10月26日(月)12:00 (JST)   です. 多くの方に,ご参加いただければと期待しています. なお,この期間においては,京都周辺の宿が大変取りにくくなっています.早めに宿を予約されることを強くお勧めいたします.もし,京都市内でホテルが取れない場合には,滋賀県の大津や大阪方面に宿をお探し頂ければ,利便性はそれほど悪くないと思います. ]]> http://i8house3g.com/news/5540/feed/ 0 bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/5731/ http://i8house3g.com/news/5731/#respond Tue, 01 Sep 2015 00:18:32 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=5731 ※ ポスターの追加および申し込みを追記しました。(2015年8月13日)

     

    施設探検ツアーでは、桜島島内の施設を巡ります。普段入れない坑道内に入り観測機器を見学し、観測室から桜島山頂と錦江湾を望みます。昭和火口が間近に見 える観測室では、タイミングが合えば噴火を見ることができます。施設公開においては、最新の観測機器と日本で唯一稼働している煤書き記録装置などが見学で きます。

    bet988※ 「京大ウィークス2015」の関連イベントとして開催します。

    開催日
    • 2015年10月24日 土曜日 〜 2015年10月25日 日曜日
    時間 【施設探検ツアー】2015年10月24日(土曜日)、25日(日曜日)13時00分~16時00分
    【施設公開】2015年10月25日(日曜日)10時00分~16時00分
    開催地 防災研究所 桜島火山観測所(鹿児島市桜島横山町1722-19)
    ※ 施設探検ツアーは集合会場
    【アクセス】
    桜島フェリー桜島港ターミナルより徒歩10分
    対象 どなたでもご参加いただけます。
    定員 【施設探検ツアー】各日40名
    【施設公開】定員なし
    参加費 無料
    申し込み 施設探検ツアーのみ、電話、またはメールでお申し込みください。
    【申し込み先】
    Tel: 06-6535-8640
    E-mail: tour2015*svo.dpri.kyoto-u.i8house3g.com (*を@に変えてください)
    ※ 施設探検ツアー専用の申し込み先です。問い合わせ先と異なりますのでご注意ください。

    ※ 詳細は、下記「関連リンク」ホームページにてご確認ください。
    申し込み締切日 2015年10月16日(金曜日)(申し込み開始: 9月1日(火曜日)〜)
    ※ 詳細は、下記「関連リンク」ホームページにてご確認ください。
    問い合わせ 防災研究所 桜島火山観測所
    Tel: 099-293-2058
    E-mail: weeks2015*svo.dpri.kyoto-u.i8house3g.com (*を@に変えてください)
    関連リンク
    備考(その他)

    防災研究所 桜島火山観測所とは?

    桜島の西部、大正溶岩原にあります。大正溶岩 は101年前の大正4年の大噴火で流出しました。現在繰り返されている昭和火口噴火の観測基地となるばかりではなく、今後予想される大噴火の予知を行うた めの基礎研究の基地ともなっています。桜島には火山観測坑道があり、今年は新たに観測坑道を建築中です。坑道内部を見る絶好の機会です。

    京大ウィークス2015

    2015年10月10日(土曜日)~11月7日(土曜日)を「京大ウィークス2015」とし、この期間に、全国各地の京都大学の教育研究施設が公開イベントを実施します。
    詳細・その他のイベントについては、以下のページをご確認ください。

    2014年開催時の様子

    桜島火山観測所 桜島大正噴火101プロジェクト

    ]]>
    http://i8house3g.com/news/5731/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/5727/ http://i8house3g.com/news/5727/#respond Fri, 28 Aug 2015 00:08:34 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=5727 bet988四国の風土に密接に関連した地すべりの実態、およびわが国を代表する活断層である中央構造線(観 測所の近くを通っている)を見学します。まず、観測所から5Kmほど離れた西井川地すべりで、観測中の機器や地すべりの地形を見学、その後、近くの中央構 造線の露頭や地形を観察します。移動はマイクロバスで行います。

    ※ 「京大ウィークス2015」の関連イベントとして開催します。
    ※ 初参加施設

    開催日
    • 2015年10月17日 土曜日
    時間 9時00分~15時00分
    開催地 防災研究所 徳島地すべり観測所(徳島県三好市池田町州津藤ノ井492-1)およびその周辺
    【アクセス】
    JR土讃線「阿波池田」から送迎バスを利用可(無料)
    ※ 観測所に駐車スペースはありませんのでご注意ください。
    対象 小学生以上(野外活動が主なので、軽いハイキングが可能な方)
    定員 30名
    参加費 無料
    申し込み メール、または電話でお申し込みください。
    ※ 詳細は、下記「関連リンク」ホームページにてご確認ください。
    申し込み締切日 定員になり次第、締め切ります。(申し込み開始: 2015年9月1日(火曜日)~)
    問い合わせ 防災研究所 斜面災害研究センター(担当: 王)
    Tel: 0774-38-4115
    E-mail: wanggh*landslide.dpri.kyoto-u.i8house3g.com (*を@に変えてください)
    関連リンク
    備考(その他)

    防災研究所 徳島地すべり観測所とは?

    観測所が位置する阿波池田は、四国山地の 玄関口にあたり、西日本を代表する結晶片岩の地すべりや崩壊を研究するには、最適の場所です。1970年代初頭から、徳島地すべり観測所を前線基地とし て、さまざまな観測研究が実施されてきました。最近は、地震と地すべりの関係についての研究も盛んに行われています。このたび、初めて一般公開します。ぜ ひお越しください。

    京大ウィークス2015

    2015年10月10日(土曜日)~11月7日(土曜日)を「京大ウィークス2015」とし、この期間に、全国各地の京都大学の教育研究施設が公開イベントを実施します。
    詳細・その他のイベントについては、以下のページをご確認ください。

     

    ]]>
    http://i8house3g.com/news/5727/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/5506/ http://i8house3g.com/news/5506/#respond Thu, 27 Aug 2015 00:25:43 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=5506 古地震研究会 夏合宿(日程と内容) 会場:京都大学大学院理学研究科セミナーハウス    京都市左京区北白川追分町 北部キャンパス(今出川通より北側) 市バス17番(四条河原町・銀閣寺行き)京大農学部前下車 徒歩5分 注)(下記)をご覧下さい. 史料:「石本文庫」を含む東京大学地震研究所図書室所蔵史料の解読実習を行います. 図書室のHPに画像が掲載されている板本・写本等を用います. 天明浅間噴火の絵図(京大所蔵)も用います. 板本:「安政見聞誌 上巻」 (上・中・下巻から成る安政2年江戸地震の記録) 写本:天明浅間噴火に関する史料 絵図:天明浅間噴火を描写した絵図と絵図上に記された各地の被害状況 日程: 9月3日(木) 13時 ~ 17時 板本の解読実習:「安政見聞誌 上巻」 講師:古地震研究会 18時 ~ 19時30分 講演:歴史のなかの神社と寺院 -上賀茂神社を事例として- (要旨は下記*) 講師:宇野 日出生氏(京都市歴史資料館)  9月4日(金) 9時 ~ 10時 天明浅間噴火による被害状況の概要 講師:古澤勝幸氏(群馬県庁) 10時 ~ 11時 天明浅間噴火による関東広域の被害を記録した大型絵図 (京大所蔵,筆書き・彩色) 講師:古澤勝幸氏・古地震研究会 11時 ~ 17時 写本の解読実習:天明浅間噴火史料(地震研図書HP) 講師:古澤勝幸氏(群馬県庁) 18時 ~ 19時30分 講演:戦国期における毛利氏の婚姻と尾崎局(要旨は下記*) 講師:西尾 和美氏(ノートルダム清心女子大学) 9月5日(土)  9時 ~ 12時 写本の解読実習:天明浅間噴火史料(地震研図書HP) 講師:古澤勝幸氏(群馬県庁) *講演要旨: 講演1:歴史のなかの神社と寺院 -上賀茂神社を事例として- (宇野日出生 氏,京都市歴史資料館 歴史調査担当係長)  我が国の歴史において、古来より精神的支柱となった宗教に神社と寺院の存在がある。この宗教勢力は史上、政治・経済・社会・文化・軍事などに多大な影響をおよぼしたため、日本人の人格形成そのもの にも波及した。  この宗教をどのように整理して理解するかは、文献研究を進めていくうえでも重要なことなので、全体史的総論から各論に至るまでを通覧していきたいと考える。 講演2:戦国期における毛利氏の婚姻と尾崎局 (西尾和美 氏,ノートルダム清心女子大学 教授)  本講演では、毛利隆元(元就の子息)の妻尾崎局に焦点をあて、戦国期毛利氏の婚姻とそれを取り巻く人間関係を紹介する。毛利隆元は、人質として山口に滞在した体験から、山口文化に強い憧憬の念を抱いて自己形成をしたが、妻尾崎局も、大内氏の守護代内藤興盛の娘として、山口文化の影響下で高い教養を身につけて育った。毛利氏はこの婚姻によって、大内氏の人的・経済的・文化的資源を継承し得るつながりを得たと考えられる。このような意義をもつ婚姻を生きた尾崎局の生涯を辿り、そこに見える家族等との人間関係を紹介する。 注)              1.検索エンジン(例えば,グーグル)で探せるのは東京大学附属図書館の「石本文庫」です.面倒ですが,一度地震研図書室のサイトに入る必要があります. 2.解読実習の時間帯は休憩時間を含みます. 3.講演時間は質問時間を含みます. 4.参加費は無料です. 5.旅費を必要とされる方は,ご連絡下さい. 6.理学研究科セミナーハウスには宿泊施設はありません,各自手配して下さい. 問い合わせ先:中西一郎(京大理,ichiro@kugi.kyoto-u.i8house3g.com)        加納靖之(京大防災研,kano@rcep.dpri.kyoto-u.i8house3g.com) ]]> http://i8house3g.com/news/5506/feed/ 0 bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/5508/ http://i8house3g.com/news/5508/#respond Wed, 26 Aug 2015 23:49:52 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=5508 第10回 防災計画研究発表会      -防災文化の醸成に向けて- 日 時――2015年9月6日(日),7日(月)(6日に懇親会を予定) 場 所――京都大学 宇治キャンパス きはだホール 研究発表―2015年8月31日(月)申し込み締め切り 申込みは下記の公式ホームページより
    http://imdr.dpri.kyoto-u.i8house3g.com/IPwiki/index.php?forum2015

    主 催 :NPO法人 国際総合防災学会(IDRiM Society),京都大学防災研究所
    発表件数:30件程度
    参加費 :無料
     2011年3月11日に発生した東日本大震災は,岩手県・宮城県・福島県を中心とする地
    域で 地震,津波,原発事故という災害連鎖を生み, 死者・行方不明者を含めると2万
    人以上の人的被害を生みました。 2013年9月に襲来した台風18号に伴う豪雨時には,
    ただちに命を守る行動を喚起する「特別警報」を気象庁が初めて発表されましたが, 
    2014年には,複数回発表されています。 2013年の伊豆大島に続き,2014年には広島で
    大規模な土砂災害は発生し,大きな被害がもたらされました. また,2014年に御嶽山
    の噴火により多くの死者・行方不明者が出ており,2015年には箱根での火山活動の活
    発化, 口永良部島の噴火による火砕流の発生があり,多くの人々が避難を余儀なくさ
    れています。
     異常な自然現象が頻発する中では,災害時の被害を最小限にとどめんとする減災の考
    え方が重要視されていますが, 減災社会を実現するための対策は,実現することが困
    難なものが多く,そこに存在する課題は多岐に亘りかつ複雑であるため, その課題解
    決には様々な分野の研究者が個々に取り組むだけでなく,相互に知恵を出し合い連携
    しなければならなりません。 さらに,このような形で得られた知見は,災害に立ち向
    かう地域に還元される必要がありますが, 知見を活かすには,地域に災害文化を醸成
    しておくことが求められるのも事実です。
     本研究発表会では,地域防災に携わる土木工学,建築学,地学,情報学,心理学,社
    会学などの研究者および実務者が一同に集い, 実践的・理論的な研究発表を行い,そ
    れらについて様々な視点から討議するとともに,地域防災に関する今日的課題や今後
    の展開について議論する場とし, 防災計画学の体系化を目指します.
     また,ここで得られた知見が各地域に還元されることにより,全国各地の地域防災力
    が向上することを期待しています. 平常時から広く地域防災力に関する情報交換を行
    い,研究上の課題を継続的に発見して対応し,その成果を共有化するとともに, 社会
    に還元していくためのネットワーク構築を目指しています.
     防災計画,地域防災システムに携わる多くの研究者・実務者に参加していただけると
    幸甚です.
    
    
    ]]>
    http://i8house3g.com/news/5508/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/5482/ http://i8house3g.com/news/5482/#respond Fri, 07 Aug 2015 00:35:48 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=5482 bet988野外実験場で、気温、湿度、雨などの地上気象観測、地面付近の水蒸気や二酸化炭素の観測、風船に取り付けたラジオゾンデによる上空の大気状態の観測を実体験できます。過去に、潮岬付近に上陸した台風や、発生した竜巻についての紹介もします。

    ※ 「京大ウィークス2015」の関連イベントとして開催します。

    開催日
    • 2015年11月07日 土曜日
    時間 10時00分~12時00分
    開催地 防災研究所 潮岬風力実験所(和歌山県東牟婁郡串本町潮岬3349-134)
    【アクセス】
    JR紀勢本線「串本」から「潮岬」行きバス「上野」下車 徒歩15分
    対象 どなたでもご参加いただけます。
    定員 なし
    参加費 無料
    申し込み 不要
    問い合わせ 防災研究所 潮岬風力実験所
    Tel: 0735-62-0693
    E-mail: swel*uh31.dpri.kyoto-u.i8house3g.com (*を@に変えてください)
    備考(その他)

    防災研究所 潮岬風力実験所とは?

    台風や竜巻、豪雨など異常気象に対する、最前線の観測施設として、1969年に本州最南端の潮岬に設立しました。気象観測に加えて、台風や竜巻の発生時に、建物などの構造物に対する強風の影響を研究し被害の軽減を目指しています。

    京大ウィークス2015

    2015年10月10日(土曜日)~11月7日(土曜日)を「京大ウィークス2015」とし、この期間に、全国各地の京都大学の教育研究施設が公開イベントを実施します。
    詳細・その他のイベントについては、以下のページをご確認ください。

    2014年開催時の様子

    潮岬風力実験所 気象観測の実体験

    ]]>
    http://i8house3g.com/news/5482/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/5478/ http://i8house3g.com/news/5478/#respond Fri, 07 Aug 2015 00:30:32 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=5478 田辺湾湾口にある「田辺中島高潮観測塔」および観測船「海象」を用いた現地観測活動を概説した後、田辺湾に出て、水温、塩分濃度の計測などの実際の現地観測を体験していただけます。

    bet988※事前申込が必要です(定員8名)。

    bet988※ 「京大ウィークス2015」の関連イベントとして開催します。

    開催日
    • 2015年10月10日 土曜日
    時間 9時30分 観測所集合
    開催地 防災研究所 白浜海象観測所(和歌山県西牟婁郡白浜町堅田2500-106)
    【アクセス】
    JR紀勢本線「白浜」下車、タクシーで5分
    対象 中学生以上
    定員 8名(申し込みによる先着順)
    詳細等
    • 天候、海象条件により内容を変更する場合があります。

    持ち物・服装

    • 動きやすい服装
    • 運動靴(サンダル不可)
    • タオル
    参加費 無料
    申し込み メールでお申し込みください。
    申し込み締切日 2015年9月27日(日曜日)(申し込み開始: 9月21日(月曜日)~)
    問い合わせ 防災研究所 白浜海象観測所
    Tel: 0739-42-4352
    E-mail: shirahama*uh31.dpri.kyoto-u.i8house3g.com (*を@に変えてください)
    備考(その他)

    防災研究所 白浜海象観測所とは?

    定点観測施設である「田辺中島高潮観測塔」お よび観測船「海象」を用いて、田辺湾を中心とした沿岸域における気象(気圧、気温、日射、風向・風速など)および海象(水温、潮位、波浪、流向・流速な ど)に関する項目を観測し、海洋・陸面および大気の相互作用の解明に取り組んでいます。また、海岸・沿岸海洋災害の防止・軽減の観点から、波浪、高潮の発 生・発達機構、津波、海況変動などに関する研究を進めています。

    京大ウィークス2015

    2015年10月10日(土曜日)~11月7日(土曜日)を「京大ウィークス2015」とし、この期間に、全国各地の京都大学の教育研究施設が公開イベントを実施します。
    詳細・その他のイベントについては、以下のページをご確認ください。

    2014年開催時の様子

    白浜海象観測所 観測船を使った海象観測の実体験

    ]]>
    http://i8house3g.com/news/5478/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/5476/ http://i8house3g.com/news/5476/#respond Fri, 07 Aug 2015 00:28:38 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=5476 bet988「流水階段歩行」、「浸水ドアの開閉」、「降雨流出」などの体験学習や、「土石流実験」、「津波実験」、「都市水害のメカニズム」、「自然災害の映像」などを通して、視覚的・感覚的に水の強さや水害の恐ろしさを学習できます。

    bet988※10名以上の団体で起こしの方は、事前申し込みが必要です。

    ※ 「京大ウィークス2015」の関連イベントとして開催します。

    開催日
    • 2015年10月25日 日曜日
    時間 10時00分~16時00分
    開催地 防災研究所 宇治川オープンラボラトリー(京都市伏見区横大路下三栖東ノ口)
    【アクセス】
    京阪「中書島」下車 徒歩20分、または宇治キャンパスからシャトルバスを利用可(無料)
    自家用車可
    対象 小学生以上
    定員 300名程度
    申し込み 10名以上の団体で参加される場合は、2015年10月16日(金曜日)までに宇治川オープンラボラトリー事務室(Tel: 075-611-4391)にお電話ください。
    問い合わせ 防災研究所 広報出版企画室
    Tel: 0774-38-4640
    関連リンク
    備考(その他)

    防災研究所 宇治川オープンラボラトリーとは?

    宇治川オープンラボラトリーは、 広大な敷地に数多くのユニークな実験装置を有する、世界でも有数の実験研究施設です。ここでは水災害および土砂災害に関する最先端の防災研究はもちろんの こと、消防、警察、自治体や企業の防災担当者の方々の研修も数多く実施しています。車でもお越しいただけますので、お誘い合わせの上ぜひお越しください。

    京大ウィークス2015

    2015年10月10日(土曜日)~11月7日(土曜日)を「京大ウィークス2015」とし、この期間に、全国各地の京都大学の教育研究施設が公開イベントを実施します。
    詳細・その他のイベントについては、以下のページをご確認ください。

    2014年開催時の様子

    宇治川オープンラボラトリー 公開ラボ「災害を起こす自然現象を体験する」

    ]]>
    http://i8house3g.com/news/5476/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/5474/ http://i8house3g.com/news/5474/#respond Fri, 07 Aug 2015 00:26:45 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=5474 小さなお子さんから大人まで楽しめる実験などの体験型公開ラボ、公開講演会、総合展示を開催します。たくさんのプログラムから自由に体験・見学ができます。スタンプラリーでは、各日先着500名の方に記念品を進呈します。

    防災研究所では、数多くの公開ラボを予定しています。

    詳しくは、をご参考ください。

     

    ※ 「京大ウィークス2015」の関連イベントとして開催します。

    開催日
    • 2015年10月24日 土曜日 〜 2015年10月25日 日曜日
    時間 9時30分~16時30分
    開催地 宇治キャンパス(京都府宇治市五ケ庄)
    【アクセス】
    JR奈良線「黄檗」下車 徒歩7分、または京阪宇治線「黄檗」下車 徒歩10分
    対象 どなたでもご参加いただけます。
    定員 なし
    参加費 無料
    申し込み 不要
    問い合わせ 宇治地区研究協力課
    Tel: 0774-38-3350
    E-mail: kokai*uji.kyoto-u.i8house3g.com (*を@に変えてください)
    関連リンク
    備考(その他)

    宇治キャンパスとは?

    1947年木材研究所(現生存圏研究所)がこの地に移転し 研究を始めました。現在、化学研究所、エネルギー理工学研究所、生存圏研究所、防災研究所など、主に自然科学・エネルギー系の研究所や研究科等が置かれて おり、最新鋭の教育・研究を行うラボが集まるテクノロジー開発の最先端地域です。

    京大ウィークス2015

    2015年10月10日(土曜日)~11月7日(土曜日)を「京大ウィークス2015」とし、この期間に、全国各地の京都大学の教育研究施設が公開イベントを実施します。
    詳細・その他のイベントについては、以下のページをご確認ください。

    2014年開催時の様子

    宇治キャンパス公開2014「気になる科学がきっとある!」

    ]]>
    http://i8house3g.com/news/5474/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/5469/ http://i8house3g.com/news/5469/#respond Fri, 07 Aug 2015 00:22:16 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=5469 bet988この度「大森式地震計」を初公開し、地震観測・地震学の歴史を、レクチャーと展示ガイドツアーで 学びます。また超小型地震計「満点地震計」を使った体験コーナーや、実際観測された地震波形の揺れを再現する装置「地震ザブトン」への試乗体験を行い、最 先端の地震学について理解を深めます。

    ※参加には事前申込が必要です。

    ※ 「京大ウィークス2015」の関連イベントとして開催します。

    開催日
    • 2015年11月02日 月曜日 〜 2015年11月03日 火曜日
    時間 午前の部: 10時00分~12時30分
    午前の部: 13時30分~16時00分
    ※ 両日とも
    開催地 防災研究所 阿武山観測所(大阪府高槻市奈佐原944)
    【アクセス】
    JR「摂津富田」から、高槻市営バス「公団阿武山」行きで「大和(だいわ)」バス停下車 徒歩20分
    対象 中学生以上
    定員 各回30名(先着順)
    参加費 無料
    申し込み ホームページの申し込みフォームからお申し込みください。
    ※ 詳細は、下記「関連リンク」ホームページ(9月下旬にイベント情報公開予定)にてご確認ください。
    申し込み締切日 定員に到達した時点で受付を終了します。(申し込み開始: 2015年10月4日(日曜日)10時00分~)
    問い合わせ 防災研究所 阿武山観測所
    Tel: 072-694-8848
    E-mail: info*abuyama.com (*を@に変えてください)
    関連リンク
    備考(その他)

    防災研究所 阿武山観測所とは?

    設立から80年以上の歴史がある地震観測所で す。この長い歴史の中でさまざまな地震観測を行ってきました。観測所で使われていた歴史的地震計などを活用したサイエンス・ミュージアム化構想を進める 中、耐震改修工事の一時閉所を完了し、今夏再オープンしています。ぜひ一度、お越しください。

    京大ウィークス2015

    2015年10月10日(土曜日)~11月7日(土曜日)を「京大ウィークス2015」とし、この期間に、全国各地の京都大学の教育研究施設が公開イベントを実施します。
    詳細・その他のイベントについては、以下のページをご確認ください。

    2013年開催時の様子

    阿武山観測所 オープンラボ 京大ウィークス特別バージョン

    ]]>
    http://i8house3g.com/news/5469/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/5465/ http://i8house3g.com/news/5465/#respond Fri, 07 Aug 2015 00:18:49 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=5465 上宝観測所と穂高砂防観測所の共通の研究対象である焼岳火山に関する公開講座を行います。また、穂高砂防観測所近傍に位置する足洗谷観測点での流砂観測施設の見学を行います。

    ※参加には事前申し込みが必要です。

    bet988※ 「京大ウィークス2015」の関連イベントとして開催します。

    開催日
    • 2015年10月17日 土曜日
    時間 【公開講座】 13時00分~15時00分
    【観測施設見学】 15時15分~16時30分
    開催地 中尾公民館(岐阜県高山市奥飛騨温泉郷中尾429-2)
    【アクセス】
    高山市内から送迎バス利用可(無料・定員25名)
    自家用車の場合、中尾公民館の駐車場をご利用ください。
    対象 小学生以上
    定員 【公開講座】 なし
    【観測施設見学】 25名(申し込みによる先着順)
    参加費 無料
    申し込み 観測施設見学のみ、電話でお申し込みください。
    ※ 詳細は、下記「関連リンク」ホームページにてご確認ください。
    申し込み締切日 【観測施設見学】2015年10月15日(木曜日)(申し込み開始: 10月5日(月曜日)~)
    問い合わせ 防災研究所 穂高砂防観測所
    Tel: 0578-89-2154
    関連リンク
    備考(その他)

    防災研究所 上宝観測所とは?

    昭和40年から半世紀近く、飛越地域の地震・地殻変動観測を行ってきました。近年は焼岳の火山噴火予測や跡津川断層などの活断層研究プロジェクトの前線基地として機能しています。

    防災研究所 穂高砂防観測所とは?

    活火山「焼岳」の麓、標高1,150 mの位置にあります。およそ50年の歴史をもち、焼岳を含む山岳流域を対象に、土砂流出・災害の実態を明らかにする事を目的に観測活動を行っています。山 岳降雨、土砂生産、河川生物相の研究にも力を入れており、山岳地帯での自然現象全体を研究対象とする「山岳研究」を担うフィールドステーションを目指して います。

    京大ウィークス2015

    2015年10月10日(土曜日)~11月7日(土曜日)を「京大ウィークス2015」とし、この期間に、全国各地の京都大学の教育研究施設が公開イベントを実施します。
    詳細・その他のイベントについては、以下のページをご確認ください。

    2014年開催の様子

    上宝観測所・穂高砂防観測所 上宝観測所および穂高砂防観測所合同公開: 京大ウィークス版
    (2015年度と内容が異なります。)

    ]]>
    http://i8house3g.com/news/5465/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/5448/ http://i8house3g.com/news/5448/#respond Tue, 04 Aug 2015 06:08:51 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=5448 京都大学防災研究所 公開講座 (第26回)
    “防災研究のフロンティア” -地震・火山と複合災害-

     

    【インターネットでの受講】
    ○ 当日Live中継を行いますので、時間になりましたら、下記までアクセスください。

    【防災研究所 Live中継サイト】

    <講演用資料は下記よりダウンロードできます>

    「我が国における火山災害の歴史とその特性」講演用資料(教授 井口正人) 】

    「近畿の大都市圏直下に潜む活断層と強震動予測」講演用資料(教授 岩田知孝) 】

    「交通施設に関わる地震災害とその対策」講演用資料bet988 (教授 五十嵐 晃)】

    「自然災害と産業事故の複合災害-リスク軽減のための備え-」講演用資料bet988 (教授 アナマリア・クルーズ)】

     

    20151001

     【会場での受講】

    ※事前申込は終了しました。

     ○ 場 所: (京都市下京区西洞院通塩小路下る)5階 第1講義室

    ○ 入 場 料: 無料(申し込みは必要です)
    ○ 定 員: 200 名
    ○ 申 込 方 法: 一番下に詳細を記載しております。

     

    【プ ロ グ ラ ム】
    10:00~10:05 開会の挨拶

    所 長 寶 馨
    10:05~11:05 我が国における火山災害の歴史とその特性

    教 授 井口 正人
    bet988 11:05~12:05 近畿の大都市圏直下に潜む活断層と強震動予測

    教 授 岩田 知孝

     

    bet98812:05~13:20 昼休み

     

    bet98813:20~14:20 交通施設に関わる地震災害とその対策

    教 授 五十嵐 晃
    14:20~15:50
    自然災害と産業事故の複合災害-リスク軽減のための備え-
    (英語による講演。日本語通訳あり。)
    教 授 アナマリア・クルーズ

     

    15:50~16:05 休憩

     

    bet98816:05~16:55 総合討論

    司会 教 授 澁谷 拓郎
    16:55~17:00 閉会の挨拶

    教 授 牧 紀男

    ※本講座は土木学会CPDプログラムとして認定されています。

     

     

    【会場へのアクセス】
    場所: キャンパスプラザ京都
    京都市下京区西洞院通塩小路下る
    電話 (075)353-9111
    経路ご案内
    ●JR・近鉄「京都」駅下車 烏丸出口から徒歩5分
    ●地下鉄「京都」駅下車 北側改札口から徒歩5分
    ●市バス 「京都駅前」下車徒歩すぐ

     

    【申込方法】

    電子メールまたは往復ハガキにて、お名前、年齢、所属(勤務先または学校名、学年)を明記し、また、往復ハガキの場合は返信ハガキに宛名(住所,郵便番号,氏名)を記入の上、申し込んでください。受付は先着順とし、返信メールまたはハガキにて入場の通知をします。
    なお、定員を超えた場合は、入場をお断りすることがあります。

    *個人情報は、当公開講座以外の目的で使用することはありません。
    ○ 申 込 先 :

    〒611-0011 宇治市五ケ庄 京都大学 宇治地区事務部研究協力課研究支援掛
    電話 0774-38-3350
    電子メール・アドレス kokai27@dpri.kyoto-u.i8house3g.com

    ○ 締 切 日 : 平成27年9月18日(金)必着
    bet988 ○ 申込結果のご連絡: 平成27年9月25日(金)までに各申込者にご連絡いたします。もし、期日までに連絡が届かない場合は、上記申込先までお問い合わせください。

    ]]>
    http://i8house3g.com/news/5448/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/5428/ http://i8house3g.com/news/5428/#respond Tue, 28 Jul 2015 02:52:02 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=5428 日程:8 月29 日(土) 10:00~17:30
    場所:高槻市生涯学習センター 第2会議室(〒569-0067 高槻市桃園町2-1)

    日程:8 月30 日(日) 10:00~12:30
    bet988 場所:京都大学防災研究所阿武山観測所(〒569-1041 大阪府高槻市奈佐原944)

    参加費:無料

    趣旨: 地震、火山、台風、地滑りなどの防災・減災には、まず、これらを自然現象として正しく理解することが重要である。しかし、その要となるべき 地学は、若者の理科離れが問題視される中でも、最も履修者が少なく、また、担当教員も不足している。本研究集会では、小・中・高・大学における地 学教育の現状を把握し、その問題点を明らかにするとともに、防災・減災知識の普及に向けた新しい地学教育の方向性を見出すことを目的とする。

     

    8月 29 日(土) 高槻市生涯学習センター(第2会議室[注 1]

     

    09:40-10:00 受付

     

    10:00-10:05 開会挨拶
    bet988 福田洋一(京大院理・地球惑星科学専攻)

     

    10:05-10:45 基調講演
    ●教育の多様性について ・・・誰に、何を、どう教えるのか
    bet988 廣田 勇 (京大名誉教授、JpGUフェロー)

     

    10:45-11:45 学校地学教育I(主に大学・大学院教育)(座長 福田洋一)
    ●京大全学教育における地学
    谷 誠(京大国際高校等教育院・農学部併任)
    ●京大院理の地球惑星科学教育
    田口 聡(京大院理・地球惑星科学専攻)
    ●福山市大学の理科・地学教育
    向井厚志(福山市立大学都市経営学部)

     

    11:45-12:50 昼食

     

    12:50-13:50 学校地学教育I(主に大学・大学院教育・続き)(座長 福田洋一)
    ●教育学部での地学教育に将来はあるか
    角縁 進(佐賀大学文化教育学部理数教育講座)
    ●GSSP(Global Boundary Stratotype Section and Point:国際標準模式層断面及び地点)の地学教育への応用
    岡田誠(茨城大学理学部地球環境科学領域)
    ●地学教育における地質図の活用のすすめ
    川辺文久(文部科学省)

     

    13:50~14:00 休憩

     

    14:00~16:40 学校地学教育Ⅱ(主に中・高校の地学教育)(座長 畠山正恒)

    ●平成27 年度大学入試センター試験「地学基礎」の分析と学校現場の反応
    上村剛史(海城中学・高等学校),南島正重(東京都立両国高等学校)、宮嶋敏(埼玉県立深谷第一高等学校)、ほか
    ●<招待>教科書の用語使用に関する課題と今後への対応-地学領域での状況-
    根本泰雄(桜美林大学自然科学系),宮嶋敏(埼玉県立深谷第一高等学校),小林則彦(西武学園文理中学・高等学校)、ほか
    ●<招待>「地学基礎」担当教員へのJpGU による2014 年度実施アンケート調査の結果
    小林則彦(西武学園文理中学・高等学校),畠山正恒(聖光学院中学・高等学校),宮嶋敏(埼玉県立深谷第一高等学校),川村教一(秋田大学教育文化学部)ほか
    ●次期学習指導要領改訂に向けた中教審の動きとJpGU および理数系諸学会の動向
    宮嶋敏(埼玉県立深谷第一高等学校),根本泰雄(桜美林大学自然科学系)、瀧上豊(関東学園大学),畠山正恒(聖光学院中学・高等学校)
    ●中学校「理科」教科書のマイナーチェンジ後の問題点と高校“基礎”科目の選択動向
    畠山正恒(聖光学院中学・高等学校)
    ●2014 年度に発表したJpGU によるA 案,B 案,C 案のその後の動き
    藤原靖(神奈川県立向の岡工業高等学校定時制・総合学科)、川村教一(秋田大学教育文化学部)、ほか
    ●高校の地学教育に関する私案
    吉岡直人(深田地質研究所)

     

    bet98816:40-16:50 休憩

     

    16:50-17:30 総合討論(パネリスト:畠山正恒、根本泰雄、竹本修三)

     

    8 月30 日(日) 京大防災研阿武山観測所
    bet988 (阿武山観測所へのアクセスは、下記の[注2] 参照)

    bet98809:40-10:00 受付

    10:00-11:40 地学教育のアウトリーチ(座長中村尚)

    ●国際地学オリンピックの日本開催に向けて
    杉憲子(共立女子大)
    ●仙台市天文台の地学・天文教育のアウトリーチ
    土佐誠(仙台市天文台)
    ●京都大学での4 次元デジタル宇宙シアター
    青木成一郎(京大・院理・附属天文台)
    ●70 年振りに発見された100 年前の傾斜計
    竹本修三(京大名誉教授)
    ●阿武山観測所のサイエンスミュージアムプロジェクトについて
    飯尾能久(京大防災研)

     

    bet98811:40-12:30 阿武山観測所の歴史資料室見学

     

    12:30 解散

    [注1] 高槻市役所横の総合センター内(2F)、JR 高槻・阪急高槻市駅から徒歩約8 分
    [注2] 2 日目の阿武山観測所へのアクセスは下記をご参照下さい。

    ]]>
    http://i8house3g.com/news/5428/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/5365/ http://i8house3g.com/news/5365/#respond Tue, 14 Jul 2015 00:53:14 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=5365 【第2回 気象水文リスク情報(日本気象協会)研究分野 成果報告会】
    日時:平成27年9月1日(火) 13:30-17:15
    場所:京都大学防災研究所 連携研究棟3F 大セミナー室
    参加費:無料
    
    【お問い合わせ】
    京都大学防災研究所気象水文リスク情報研究分野秘書 田伐(tagiri.kumiko.2z@kyoto-u.i8house3g.com) 
    
    【プログラム】 
    -第2 回- 気象水文リスク情報(日本気象協会)研究分野 成果報告会
    
    開催趣旨:
    現在,様々な防災情報が開発,発信されていますが,利用者はこの情報を受け取るだけで,高度化された情報が必ずしも有効活用されていないことが懸念されます.本寄附研究部門ではこの関係を見直し,高度化された防災情報の特性と受け手の行動特性の双方を踏まえた新たな防災情報の創出を目指して活動しています.
    さて,このたび本寄附研究部門では設置から2 年の節目を迎えるにあたり,これまでの研究成果や今後の方向性を紹介する機会を設けさせていただきました.つきましては,下記の要領で成果報告会を開催しますので,多くの方々にご参加いただき,ご助言やご意見をいただければ幸いです.
    
    司会:気象・水象災害研究部門 部門長 中北 英一 教授
    
    13:30-13:35     開会の挨拶
     防災研究所 所長    寶 馨  教授
    13:35-13:45     寄附研究部門の2年間の研究活動について
     井上 実 特定准教授
    
    【短時間スケールの気象現象における気象水文リスク情報の特性の解明】
    13:45-14:25     積乱雲生成に関するリスク情報創出のためのフィールド観測
     山口 弘誠 特定助教
    14:25-15:05     水蒸気輸送を伴う微気象場の乱流構造に関する基礎研究
     井上 実 特定准教授
    
    15:05-15:20 - 休憩 -
    
    【受け手の防災行動を促すための気象水文リスク情報の創出】
    15:20-16:00  豪雨リスク情報にリンクした洪水ハザードマップの提案 およびアンサンブル予報の提供方策の検討
     本間 基寛 特定助教
    
    16:00-16:30     《招待講演》
    言語学(コミュニケーション理論)から見た『効果的な災害情報伝達の言葉』とは
     東洋大学経営学部 新井 恭子 准教授
    
    16:30-17:15  自由討論
    
    閉会の挨拶    一般財団法人 日本気象協会 齊藤 孝雄 理事長
    
    ]]>
    http://i8house3g.com/news/5365/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/5330/ http://i8house3g.com/news/5330/#respond Mon, 13 Jul 2015 01:54:33 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=5330

    非常勤講師による講義を下記の通り、行います。

    日時:

    bet9888月6日(木) 10:00-12:00, 13:30-15:30, 16:00-17:30(セミナー)

    bet9888月7日(金) 9:30-12:00, 13:30-15:30

    場所:bet988 宇治キャンパス 防災研究所 地震予知研究センター棟200号室

    対象: 学部生、大学院生、若手研究者

    プレートの沈み込みと地震・火山活動
    bet988 講師: 中島淳一(東北大学大学院理学研究科附属地震・噴火予知研究観測センター 准教授)

    bet988地震波トモグラフィの原理,逆問題の解法,地震波不均質構造の解釈の基礎を講義する.また,島弧マグマ活動やスラブ内地震について,世界の沈み込み帯の最新の成果をレビューしながら,現在の到達点と課題を紹介する.

    ]]>
    http://i8house3g.com/news/5330/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/5302/ http://i8house3g.com/news/5302/#respond Tue, 07 Jul 2015 06:46:56 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=5302 非常勤講師による講義を下記の通り、行います。

    bet988日時: 7月29日 (水)13:00-17:00

    bet988場所: 防災研究所流域災害研究センター本館(宇治川オープンラボラトリー)研修室

    対象: 学部学生を含む研究者

    減災のための治水技術

    bet988講師: 末次忠司(山梨大学大学院医学工学総合研究部 教授)

    bet988日本の治水について、過去の水害を振り返りながら現在の問題点を掘り下げる。とくに、降雨や洪水の特性や、河川堤防の決壊や土砂・流木の堆積など幅広い話題を取り上げて、減災につなげるための方策について説明する。

    ]]>
    http://i8house3g.com/news/5302/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/5287/ http://i8house3g.com/news/5287/#respond Mon, 06 Jul 2015 10:02:53 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=5287 平成27年度京都大学防災研究所特定研究集会 27C-03 火山学における人材育成―過去20年の振り返り今後20年を展望する- 日程:2015年8月1日(土) 13時~18時       8月2日(日) 9時~12時 場所:京都大学宇治キャンパス 宇治おうばくプラザ きはだホール 主催:京都大学防災研究所,共催:NPO法人日本火山学会 参加費:無料 懇親会:1日18:00~20:00 おおばくプラザ「レストランきはだ」 会費5000円 趣旨:社会からの多様な要請に応えることが,学術分野にもますます求められるようになってきた. そこで,火山の専門家が社会で果たしうる役割を掘り起こし,学術分野としての火山学における人材育成のあり方を議論する. プログラム: 8/1 13:00 開会の挨拶・趣旨説明:井口正人(京都大学防災研究所,火山学会会長) 第一部 社会からの多様なニーズの発掘と人材育成への期待 13:05 第一部趣旨説明(座長):竹内晋吾(電力中央研究所) 13:10 学校教育を通してみた火山研究と人材への期待 藤 一郎(大阪府立阿倍野高等学校) 13:35 ジオパーク活動を通してみた火山研究と人材への期待 大野希ー(島原ジオパーク協議会) 14:00 コンサルティングからみた火山研究と人材への期待 鴨志田 毅(地圏総合コンサルタント) 14:25 総合科学としての火山学とその資源エネルギー開発での学術的期待 三ヶ田 均(京都大学大学院工学研究科) 14:50 防災担当者からみた火山研究者への期待 田鍋敏也(壮瞥町教育委員会) 15:15 休憩 第二部 研究および業務現場における人材育成の現状と方策 15:30 第二部趣旨説明(座長):長谷川 健(茨城大学理学部) 15:35 地球惑星科学分野における博士号取得者を取り巻く環境の変化 久利美和(東北大学災害科学国際研究所) 16:00 大学における火山研究と人材育成 武尾 実(東京大学地震研究所) 16:25 産総研における火山研究と人材育成 伊藤順一(産業技術総合研究所) 16:50 気象庁の火山業務と人材育成 菅野智之(気象庁) 17:15 文部科学省における火山研究人材育成の取組 森澤敏哉(文部科学省) 17:30 火山噴火予知研究と人材育成 清水 洋(九州大学大学院理学研究院) 17:55 終了予定 8/2 第二部 研究および業務現場における人材育成の現状と方策      座長 中道治久(京都大学防災研究所) 9:00 防災科研における火山研究と人材育成 上田英樹(防災科学技術研究所) 9:25 コンサルティング企業における火山関連事業と人材育成 千葉達朗(アジア航測総合研究所) 第三部 社会からのニーズに対する学術活動における人材育成戦略 9:50 これまでの講演のサマリー 中道治久 10:10 パネルディスカッション     パネリスト 田鍋敏也,千葉達朗,井口正人,市原美恵     ファシリテータ 中道治久 12:10 閉会の挨拶 市原美恵(東京大学地震研究所) 12:15 終了予定

    ★実行委員会
    中道治久(委員長・火山学会60 周年事業委・WG3),竹内晋吾(火山学会60 周年事業委・WG2長),鬼澤真也(火山学会60 周年事業委・WG2),長谷川健(火山学会60 周年事業委・WG3長),市原美恵(火山学会60 周年事業委員長)

     

    ★懇親会は中道(京大防災研)まで出席のご連絡をください.連絡先は下記です.申込み〆切7月24日(金)です.
    Tel:099-293-2058 e-mail:nakamiti@svo.dpri.kyoto-u.i8house3g.com

     

    ★案内について
    ・他大学の教職員・学生や一般の方々の参加も歓迎します.
    bet988 ・報道関係の方々へ:お問い合わせは上記,中道(京大防災研)まで.報道するには個別発表者にあらためて取材と了解が必要です.

    ]]>
    http://i8house3g.com/news/5287/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/5285/ http://i8house3g.com/news/5285/#respond Mon, 06 Jul 2015 09:58:43 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=5285 2015年7月 地震・火山グループ研究会 日時:2015年7月24日(金)14:30 - 16:30 会場:京都大学宇治キャンパス 連携研究棟301号室(3階) (構内マップ中の34番の建物です) 発表者:上田恭平(京都大学防災研究所 地盤災害研究部門 地盤防災解析分野) タイトル:地盤・構造物系の地震時被害予測における大変形解析の適用性 要旨:  社会インフラとしての地盤・構造物系の地震時被害予測において、有限要素法 による有効応力解析法は、地盤の非線形性や地盤・構造物間の動的相互作用を考 慮できることから非常に有効な手法の一つである。有効応力解析では液状化等に 伴う地盤の複雑な非線形挙動を適切に表現できる土の構成モデルが必要であり、 粒状体の力学モデルとしてのひずみ空間多重せん断モデルは、土の繰返しせん断 時に重要となる主応力軸の回転の影響を自然に考慮できるなどの利点を有してい る。しかし、その定式化は微小変形理論に基づくもので、モデルの適用範囲は変 形およびひずみが大きくない現象に限られていた。そこで、地震時における地 盤・構造物系の被害推定を従来よりも高精度で行うため、大変形(有限ひずみ) 理論の枠組みでひずみ空間多重せん断モデルの拡張を行った。本発表では、大変 形解析に必要なTotal Lagrangian法、およびUpdated Lagrangian法の両者による 定式化の概要について示すとともに、拡張されたモデルの適用性を検証するため に実施した過去の地震時被災事例等に対する再現解析の結果について報告する。 発表者:杉野未奈(京都大学大学院工学研究科 建築学専攻 建築保全再生学講座) タイトル:振動計測で伝統木造建物の安全性が分かる? 要旨:  伝統木造建物の常時微動計測から得られる固有振動数は、微小変形領域の剛性 を表しており、建物の耐力や変形性能を表す値ではない。従って、常 時微動計 測から伝統木造建物の耐震性能を把握することは出来ないという批判がある。本 発表では、全国各地に存在する多数の伝統木造建物の中か ら、耐震性能を詳細 に検討すべき建物を迅速に選び出すスクリーニングを行ったり、パルス性地震動 下での建物の最大応答変形や被害を評価・解釈 する上で、常時微動計測が有用 となることを紹介したい。 ]]> http://i8house3g.com/news/5285/feed/ 0 bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/5258/ http://i8house3g.com/news/5258/#respond Mon, 29 Jun 2015 05:52:09 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=5258 bet988非常勤講師による講義を下記の通り、行います。

    日時: 9月14日 (月)、15日(火)

    bet988(14日 13:30-17:00:15日 9:00-12:00)

    場所: 宇治研究所本館 S-207D

    bet988対象: 大学院生、若手研究者を主に対象

    気候変動と極端現象

    bet988講師: 野沢 徹(岡山大学大学院自然科学研究科 教授)

    bet988IPCC第5次評価報告書によれば、地球の平均気温は19世紀終盤以降に約0.85℃上昇しており、人間活動が20世紀半ば以降に観測された 温暖化の主な要因であった可能性が極めて高いと言われている。本講義では、地球の平均的な気候の決まり方を概説した上で、極端な気象現象を含 めた長期気候変動・変化の観測事実とそれらをもたらし得る気候変動要因について概観する。さらに、気候モデルの概要を簡単に説明した上で、観 測された気候変化の原因特定や(台風や大雨などの極端現象を含めた)将来の気候変化予測について説明する。

    ]]>
    http://i8house3g.com/news/5258/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/4913/ http://i8house3g.com/news/4913/#respond Thu, 11 Jun 2015 01:25:06 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=4913

    非常勤講師による講義を下記の通り、行います。

    日時: 8月17日 (月)、18日(火)

    bet988(17日 13:30-17:00:18日 9:00-12:00, 13:00-17:00)

    場所: 地震予知研究センター新館C200号室

    対象: 学部生、大学院生、若手研究者等

    WINシステムを用いた地震波形処理の基礎

    講師: 鶴岡 弘(東京大学 地震研究所 准教授)

    日本において,地震波形データ流通の標準システムとなっているWINシステムを学び,地震波形のリアルタイム処理(トリガー,検測,震源決定)を実際に体験する.

    ]]>
    http://i8house3g.com/news/4913/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/4617/ http://i8house3g.com/news/4617/#respond Thu, 14 May 2015 00:57:02 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=4617 「複合系台風災害のメカニズムに関する研究集会-気象学・海洋学・海岸工学・土木工学・建築工学・生態学を交えて-」

     

    2013 年台風30号は、フィリピンに強風と高潮をもたらし、5000人以上もの死者が出ました。2014年台風11号や12号も、西日本に大雨をもたらし、土砂 災害などの被害が出ています。この ように、台風の被害は複合的に発生するために、その対策・軽減は難しいのが現状です。そこで、異分野の研究者が一同に集い、それぞれの視点からの研究成果 を交わすことで、複合系台風災害のメカニズムの解明と対策を提案することを目的とします。

     

    開催プログラムが決定しました。詳細はこちらからご確認ください。

     

     

    研究代表者bet988:筆保弘徳(横浜国立大学)

    防災研担当者:竹見哲也(京都大学防災研究所気象・水象災害研究部門)

    主催:京都大学防災研究所

    日時:2015年10月31日(土)-11月1日(日)

    場所bet988:京都大学宇治キャンパス 防災研究所連携研究棟3階大セミナー室

    bet988(JR奈良線黄檗駅、京阪電車黄檗駅 徒歩約10分)

     

    以下の参加票(例)より、メール(fude + ynu.i8house3g.com)にてお申し込みください。旅費の支給をご希望の方は、その旨もお知らせください(※メールアドレスの+は@に変更してください)。

     

    bet988・なお、報告書作成のため、講演者の方には後日4ページ程度の講演要旨の提出をお願いいたします。

    ・懇親会を10月31日の講演後に予定しています。ぜひご参加ください。

    ・参加のみご希望の方も同様にご連絡ください。

    bet988・旅費支給は学生と講演者を優先いたします。そのため、参加者数により完全にご希望にそえるとは限りませんが、ご了承ください。

    bet988・観光シーズンで混みあう時期のため、早めに宿泊先を各自でご準備ください。

     

    締切:2015年8月19日(水)

    申し込み先:筆保弘徳宛 fude + ynu.i8house3g.com

    (※メールアドレスの+は@に変更してください)

     

    ========参加票例(講演希望の場合)======================

    bet988講演者:     筆保弘徳(*)・竹見哲也 (発表者に*をつける)

    bet988講演タイトル:  台風について

    bet988講演希望時間帯: いつでも可 / 10月31日午前・午後、11月1日午前・午後

    懇親会: 参加 / 不参加

    講演希望者氏名・所属機関・勤務先住所・メールアドレス:

    bet988(所属部局、部課名などまでご記入ください)

    bet988旅費希望: 希望する (あるいは、希望しない)

    旅費区間(旅費希望者のみ):

    職名:   准教授

    旅行区間: 横浜-京都

    bet988旅行期間: 平成27年10月31-11月1日

    気象学会: 参加

    出張依頼状の有無:有り / 無し

    bet988(「有り」の場合、依頼状の宛名および依頼状の送付先氏名・住所も記載してください)

    ※講演プログラム作成上、必ずしもご希望に沿えない可能性がありますので、ご了承ください。

    ※旅費希望者の方で、気象学会秋季大会から続けて出張される場合には、その旨も記載してください。

    bet988===========================================

    bet988======参加票例(参加のみの場合)===

    氏名:  竹見哲也

    懇親会: 参加しない

    bet988参加希望者・所属機関・勤務先住所:竹見哲也・京都大学防災研究所気象・水象災害研究部門・〒2611-0011 宇治市 五ケ庄

    bet988メールアドレス:typh00n@tenki.dpr1.kyotodaigaku.i8house3g.com

    bet988旅費希望: 希望しない

    bet988旅費区間(旅費希望者のみ):

    ==========================

    ]]>
    http://i8house3g.com/news/4617/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/4613/ http://i8house3g.com/news/4613/#respond Thu, 14 May 2015 00:53:36 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=4613 南海トラフ巨大地震総合研究グループは、 「災害の軽減に貢献するための地震火山観測研究計画」(平成26年度〜平成30年度)において、 南海トラフ巨大地震を対象とする研究課題間の連携を図ることを目的としています。 一方、東京大学地震研究所と京都大学防災研究所の拠点間連携による参加者募集型研究において、南海トラフ巨大地震の災害リスク評価の高度化が研究対象となっています。 今回、本研究グループの研究課題間の連携と拠点間連携の参加者募集型研究との連携を図ることを目指して、研究集会を下記の通り開催いたします。 皆様のご参加をお待ちしております。
    日時:平成27年5月19日(火)13時~17時
    場所:京都大学宇治キャンパス おうばくプラザセミナー室(4+5)
    
    プログラム:
    
    第1部 13:00~14:58        
    司会 西村 卓也(京大・防災研)
    
    趣旨説明(10分)         
    澁谷 拓郎(京大・防災研)
    
    東京大学地震研究所と京都大学防災研究所の拠点間連携の枠組みと平成26年度のシンポジウム報告
    川瀬 博(京大・防災研)
    
    プレート境界すべり現象モニタリングに基づくプレート間カップリングの解明(1509)
    蔵下 英司(東大・地震研)
    
    南海トラフ域における巨大地震断層域の力学・変形特性の把握(1703)
    山岡 耕春(名大)
    
    南海トラフ巨大地震の予測高度化を目指したフィリピン海スラブ周辺域の構造研究(1904)
    澁谷 拓郎(京大・防災研)
    
    海域地震発生帯研究開発(4002)
    仲西 理子(海洋研究開発機構)
    
    広帯域・高解像度強震動シミュレーションに基づく大地震の強震動評価の高度化(1516)
    古村 孝志(東大・地震研)
    
    休憩(12分)
    
    第2部 15:10~16:40                      
    司会 伊藤 喜宏(京大・防災研)
    
    古文書解読による南海トラフ巨大歴史地震像の解明(1701)
    山中 佳子(名大)
    
    海溝型巨大地震の履歴とメカニズム解明(5004)
    宍倉 正展(産総研)
    
    プレート境界巨大地震等の広帯域強震動予測に関する研究(1911)
    関口 春子(京大・防災研)
    
    強震動によって発生する地すべり現象の発生ポテンシャル評価と事前予測手法の高度化(1912)
    千木良 雅弘(京大・防災研)
    
    地震リスク評価に関する不確実性~定量的評価に向けたプラットフォームの構築~
    西嶋 一欽(京大・防災研)
    
    総合討論(20分)
    岩田 知孝(京大・防災研)
    
    
    本研究集会の情報は、下記ウェブサイトにも掲載されています。
    
    ]]>
    http://i8house3g.com/news/4613/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/4602/ http://i8house3g.com/news/4602/#respond Mon, 11 May 2015 09:08:33 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=4602 耐震工学に関する国際シンポジウムを下記の通り開催します。 日時: 5月16日(土) 14:00-17:00 場所: 宇治研究所本館 S-207D 対象: 学部生、大学院生、若手研究者等 テーマ:Roles of Structural Engineering for Resilient Society 講師: Edoardo Marino(イタリア・カターニャ大学・准教授), Yongtao Bai(京都大学防災研究所・JSPS研究員), Giao Paolo Cimellaro(イタリア・トリノ大学・准教授,UCバークレー・客員教授), Konstantinos Skalomenos(京都大学防災研究所・JSPS研究員) Int_Sympo_0516-1_ページ_1Int_Sympo_0516-1_ページ_2 Int_Sympo_0516-1_ページ_3 ]]> http://i8house3g.com/news/4602/feed/ 0 bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/4600/ http://i8house3g.com/news/4600/#respond Mon, 11 May 2015 09:05:25 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=4600 建築構造工学に関する特別講演会を,下記の通り開催します。 日時: 5月18日(月) 14:00-16:00 場所: 宇治研究所本館 S-519D 対象: 学部生、大学院生、若手研究者等
    テーマ:「20世紀からのメッセージ」
    講師: 秋山宏(東京大学名誉教授,日本建築学会元会長)
    ]]>
    http://i8house3g.com/news/4600/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/4590/ http://i8house3g.com/news/4590/#respond Fri, 08 May 2015 07:19:59 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=4590 平成2 4 年6 ⽉に、⽇本で始めて、港湾物流のリスク・マネジメントに関する産官学共同研究部⾨が、京都⼤学防災研究所に設置されました。本発表会では、部⾨開設3 年の節⽬をとらえて、これまでの研究成果をご披露させていただくとともに、港湾物流における今後の政策研究の⽅向性や研究連携の在り⽅についてご議論を賜りたいと存じます。

     

    ■京都会場
    ⽇時: 平成2 7 年5 ⽉2 5 ⽇( ⽉)
    1 5 : 0 0 〜1 7 : 3 0
    場所: 京都⼤学宇治キャンパスS – 5 1 9 D
    参加費: 無料
    【お問い合わせ】
    京都⼤学防災研究所港湾物流B C P 研究分野
    bet988 0 7 7 4 – 3 8 – 4 1 8 4

    共同研究部門中間報告会チラシ_ページ_1共同研究部門中間報告会チラシ_ページ_2

    ]]>
    http://i8house3g.com/news/4590/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/4585/ http://i8house3g.com/news/4585/#respond Fri, 08 May 2015 07:15:46 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=4585 bet988平成2 4 年6 ⽉に、⽇本で始めて、港湾物流のリスク・マネジメントに関する産官学共同研究部⾨が、京都⼤学防災研究所に設置されました。本発表会では、部⾨開設3 年の節⽬をとらえて、これまでの研究成果をご披露させていただくとともに、港湾物流における今後の政策研究の⽅向性や研究連携の在り⽅についてご議論を賜りたいと存じます。

     

    ■東京会場
    ⽇時: 平成2 7 年5 ⽉1 8 ⽇( ⽉) 1 4 : 3 0 〜1 7 : 0 0
    場所: 京都⼤学東京オフィス会議室
    参加費: 無料
    1 7 時半開始⽬途で、別途意⾒交換会も開催したいと考えていますので、ご参加のほどを宜しくお願いいたします。

    【お問い合わせ】
    京都⼤学防災研究所港湾物流B C P 研究分野
    0 7 7 4 – 3 8 – 4 1 8 4

    共同研究部門中間報告会チラシ_ページ_1共同研究部門中間報告会チラシ_ページ_2

    ]]>
    http://i8house3g.com/news/4585/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/3735/ http://i8house3g.com/news/3735/#respond Tue, 28 Apr 2015 01:42:34 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=3735 bet988非常勤講師による講義を下記の通り、行います。

    日時: 7月24(金)、25(土) 9:00-17:00

    場所: 宇治研究所本館 防災研究所セミナー室Ⅲ E-517D

    対象: 大学院生~若手研究者

    斜面災害防止 対策における実 用的な解析技術

    講師: 倉岡千郎(日本工営株式会社 中央研究所副技師長)

    地震や降雨などの外力を受ける地すべりの安定性評価や対策において、数値解 析は調査・観測や各種の試験と組み合わすことで有効に活用できると考えられ る。しかし、地すべりに数値解析を適用する場合、不安定化機構の表し方、地 盤・岩盤の材料特性のモデル化及び対策工のモデル化等について、地盤工学(土 質力学)の解析方法と異なるいくつかの点に留意する必要がある。そこで、本講 義では地すべりにおいて数値解析を適用する上での留意点や活用方法について触 れ、演習やディスカッションを通して数値解析の適用方法について相互(参加者 と講師)に学ぶことを目的とする。
    本講義で対象とする解析は、土石流のような流体ではなく地盤・岩盤などの個体材料とする。

    ]]>
    http://i8house3g.com/news/3735/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/3733/ http://i8house3g.com/news/3733/#respond Tue, 28 Apr 2015 01:06:42 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=3733 bet988非常勤講師による講義を下記の通り、行います。

    日時: 5月30(土)、31(日) 10:00-17:00

    bet988場所: 宇治研究所本館E417D

    対象: 学部生、大学院生、若手研究者等):学部、大学院生、研究者

    環境地球科学特論(地盤災害の粘土鉱物学)

     

    講師:井上厚行 (千葉大学 教授)

    粘土鉱物学の実践編。粘土試料の準備法、X線パターンの解釈、イオン交換、風化作用の実例、熱水変質帯の分類と特徴などの実例

    ]]>
    http://i8house3g.com/news/3733/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/3725/ http://i8house3g.com/news/3725/#respond Mon, 27 Apr 2015 01:27:20 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=3725 水災害分野における気候変動による影響と適応に関するシンポジウム
    日時:2015.5.29 13:00-17:30
    場所:国立オリンピック記念青少年総合センター カルチャー棟
    bet988参加無料・事前登録制です:事前登録はからお申込みください。

    ]]>
    http://i8house3g.com/news/3725/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/3723/ http://i8house3g.com/news/3723/#respond Mon, 27 Apr 2015 00:47:58 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=3723 京都大学防災研究所広島土砂災害調査団報告会 を開催します。

    日時:2015.6.15 14:00-16:00

    場所:防災研究所連携研究棟 大セミナー室

    定員100名

    参加には事前申し込みが必要です。6/8までにこちらをご参照してお申し込みください。

    ]]>
    http://i8house3g.com/news/3723/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/3163/ http://i8house3g.com/news/3163/#respond Thu, 19 Mar 2015 07:51:06 +0000 http://i8house3g.com/wp/?post_type=news&p=3163 開催日:平成27年3月19~20日
    場 所;宇治おうばくプラザきはだホール  

    ]]>
    http://i8house3g.com/news/3163/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/2315/ http://i8house3g.com/news/2315/#respond Wed, 18 Mar 2015 02:30:32 +0000 http://i8house3g.com/wp/?post_type=news&p=2315 International Symposium on Natural Disaster Impacts to Large Industrial Parks

    開催日時: bet9882015年3月11日(水)-12日(木)

    開催場所: 

    共催:   国立大学法人 大阪大学大学院工学研究科

    独立行政法人 港湾空港技術研究所

    国立大学法人 京都大学防災研究所

    参加お申込み方法: 詳しくは

    申込締切: 2月27日(金)までに

    目的:

    bet9882011年3月11日の東日本大震災では,大規模な津波によって工業地帯の油貯蔵施設から大量の油が流出し,気仙沼市街地は全焼した.今後,東海・東南海・南海連動型地震とそれに伴う津波の発生が予測され,東京湾,伊勢湾,大阪湾では大規模工業地帯への災害とそれに伴う有害物質の流出が懸念されている. このような大規模な地震・津波ばかりでなくハリケーンまたは台風による大規模工業地帯への災害とそれに伴う有害物質の流出のリスク評価を行い,その減災対策を取ることは緊急の課題となっている.このシンポジウムは,これらに関係する多方面の研究者,行政,企業を横断的に結び付け,世界の沿岸の安全を前進させることを目標としている.

    話題:

    • 世界で起きた大規模な地震・津波ばかりでなくハリケーンまたは台風による大規模工業地帯の被害とその影響の事例報告
    • 大規模自然災害に伴う大規模工業地帯の被害とそれに伴う有害物質の流出のリスク評価
    • 技術,設計,情報,制度の観点からの減災対策
    • その他
    ]]>
    http://i8house3g.com/news/2315/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/2145/ http://i8house3g.com/news/2145/#respond Fri, 13 Mar 2015 05:32:07 +0000 http://i8house3g.com/wp/?post_type=news&p=2145 Major Suggested Topics for Roadmap

    (as of March 12)

    1. Specific Sectors / issues

    ツꀀ

    • Integrated Disaster Risk Management
    • Early warning systems (may be related also to (b), (c), (d))
    • Disaster risk reduction security and safety measures in transport sectors
    • Education models in high populated areas and modes of transport
    • Changing destructive energy leading to disaster into renewable energy
    • Capacity building and international network development for disaster mitigation research for cultural sustainability
    • Development of disaster risk management on critical infrastructures(may be related also to (b), (c), (d))

    ツꀀ

    • Earthquake and Volcanic Disaster
    • More detail technical research on earthquake disasters
    • Further development and application of geophysical monitoring instruments (may be related also to (c ) and (d))
    • Bridging the gap between weather services and uses
    • Building integrated service platform for hydro-meteorological modeling and observation
    • Urban earthquake risk assessment and mitigation
    • Emergency response planning for the earthquake disaster
    • Establishing river basin database for potential inundation map and potential debris flow map.

    ツꀀ

    • Atmospheric and Water Related Disaster
    • Field observation (of glaciers and glacial lakes, etc..)
    • Establishing core facilities to directly observe typhoon structure
    • Emphasize on advanced observation techniques for extreme events such as typhoons and floods to improve forecast accuracy
    • Statistical models for typhoon prediction and typhoon intensity
    • Typhoon model calibration and validations with measured data

     

    ツꀀ

    • Geo-Hazards
    • Developing a geo-hazards mitigation strategy for government
    • Development of sound methods for early warning at regional and local scale of different types of geohazards
    • Promote the fundamental research on mechanisms of landslides and related ground failures
    • More understanding future risk patterns produced by giant landslide and debris-flow hazard
    • Understanding the temporal connectivity of hillslope landsides with debris flows in steep upland channels to provide better real-time warnings.
    • Understanding how active soil creep promotes incipient landslides and eventually deep-seated landslides in cohesive regoliths,
    • Spatial distribution of landslides initiated by large earthquakes
    • Chronic sediment hazards (non-point pollution) related to spatially and temporally distributed land management in large catchments.
    • Interactions among regolith weathering, soil hydrology (both saturated and unsaturated), and spatially distributed geotechnical properties
    • Soil accretion and future susceptibility of landslides in geomorphic hollows
    • Contributions of mountain road and trail systems to sediment fluxes into important receiving waters
    • Developing low-cost and rapid field tests to ascertain approximate values for spatially distributed soil physical and geotechnical properties that can be used in landslide models.
    • Examining the potential for realistic scenarios of climate change to either increase or decrease the potential for different types of landslides.
    • The influence of preferential flow pathways on both shallow and deep-seated landslide initiation

     

    1. Technology
    • Adoption of emerging technologies
    • Application of satellite imaging to vulnerable regions
    • Set up seismic observation network using GPS to monitor geodynamic activities
    • Enhancing multi-purpose debris flow reduction technology
    • Structural seismic defense technology and earthquake loss estimation technology
    • Developing advanced coastal protection technologies which comprises soft and hard engineering to address the disaster risk reduction and at the same time meets the requirements of water zone utilization, recreation and ecology rehabilitation
    • Information Technology related to earthquakes and disasters

     

    1. Data, Information and Knowledge
    • Hold workshops regularly to exchange information and share data from a wide range of research areas involving engineers and policy makers
    • Open data policy that enables quick and detailed analysis of publicly or privately collected disaster response data.
    • Availability of data for scientific research to all countries and researchers
    • Capacity development to ensure that all countries can produce, have access to and use scientific information
    • Knowledge transfer in less developed countries through capacity building workshops, staff or students exchange or joint projects implementation
    • Intensification of scientific exchanges to share results, tools, concerns and data which may be widely used for specific field applications or generic methods
    • Since risk analysis (currently, low implementation) cannot be separated from the availability of data and information, information system and data base of time histories are important.
    • Development of knowledge database that facilitates the activities for improving disaster preparedness ( ex. library of disaster scenarios for functional exercises)
    • Use of Earth Observation data that can provide efficient data to map and to monitor geohazards
    • A knowledge tree will assist in data mining of DMR expertise and function as a pathfinder to access the demanded knowledge

     

    1. Monitoring and Assessment
    • Repeated investigation of feedback data from past disasters to strengthen models and assessments
    • Long-term hot spot field investigation through monitoring and modeling.
    • Safety monitoring and alarms
    • Structural health monitoring
    • Measure progress of research and development
    • Assessment of current state of data availability and scientific knowledge on disaster risks and resilience(what is known, what is needed, what are uncertainties, etc.)
    • 1)Monitoring and review to ensure that new and up-to-date scientific information is used in data collection and 2) monitoring progress towards disaster risk reduction and resilience building

     

    1. Measurement and Modeling
    • Probabilistic approach for measurements and modeling
    • In order to improve modeling and prediction of disasters, it is necessary to enhance sensing capability and data fusion
    • Application of real-time sensor network for data collection, equipment and model development.
    • Enhancing rader & distributed runoff model

     

    1. Hazard and Risk
    • Hazard information sharing
    • Learning from past histories of natural disasters to inform the risk of contemporary disasters
    • Gaps in understanding of hazards: from science to hazard and mitigation; physical research in complex and changing environments should be integrated with rigorous statistical analyses both to improve knowledge and understanding of the physical processes and underlying uncertainty and to inform robust decision-making and policy formulation.
    • It is crucial to extend the risk assessment not only for direct and tangible loss but also for indirect and intangible loss, including social impact; Big Data can help elucidate such indirect
    • Improved understanding of uncertainties in risk, both in terms of integrating more robust statistics into assessing risk and in terms of addressing how risk and uncertainty is understood, communicated and accepted by different communities both inside and outside of academic research.
    • Building evidence-base beyond ‘direct risk’ toward improved understanding of development-risk interaction (what drives individual and collective decision-making that creates risks, etc.)

     

    1. From Science to Policy
    • Improved science-policy interface for integrated DRR policy actions(new types of partnership, engagement and dialogues are needed )
    • Research concerning decision-making and implementation (linkages between science/disaster management and public policy): many risks reduction practices are known but not implemented.
    • Translation of scientific progresses (data, tools and methods) to concreted disaster risk reduction policies, which require regular dialogues with decision makers
    • Disseminating scientific information into practical methods that can be integrated into policies, regulations and implementation
    • Direct involvement of the policy makers and public institutions in the risk reduction discussion to find shared methodologies
    • Short term and mid-term problem-solving oriented research which can be applied for society and populations
    • Establishing a service platform to effectively provide information to decision-makers about the risk of the disasters
    • With the focus on gaps between assessment and decision-making, it is required to have 1)methods for risk analysis and decision support in developing countries, and 2) focus on action into knowledge to facilitate delivery within local knowledge in participation approaches.
    • Communication and engagement among policy-makers, stakeholders in all sectors in the S& T domains
    • Evidence based policy in DRR supported by a good research base

     

    1. Actions for Populations and Community
    • Knowledge transfer to people living in vulnerable regions
    • Increasing coastal community capability for disaster prevention
    • Public participatory GIS in community based disaster risks

     

    1. Multidisciplinary or Interdisciplinary Approach
    • Multidisciplinary approaches including geological structure, geomorphogy, climate change, and adaptation strategies.
    • Multidisciplinary approaches with the focus on socio-econimic assessments (assessment of the populations’ perception risks, potential costs of natural risks, effectiveness and efficiency of risk reduction strategies, etc.)
    • Platform for research exchange and collaboration with specific actions and practical plans (multi-county joint funds, etc?)
    • Identification of knowledge gaps involving cross-disciplines
    • To involve stakeholders in different disciplines, research should apply new method that could involve the community and government as subject of research (collaborative research, participatory research, action research, applied research, etc.)
    • Implementation of interdisciplinary approaches to meaningfully combine efforts in technological innovations, applications, governances, and education.

    ツꀀ

    1. Integrated or Coordinated Approach
    • Water related disaster risk reduction programs should be accommodated to include extreme weather forecasting, flood forecasting and warning, improving flood control structure design and urban planning and exercising of disaster plans.
    • Integration of disaster mitigation into development sector (integration of research on risk analysis, disaster mitigation, technology and innovation, etc.)
    • Creation of mechanism for enhancing effective coordination between researchers and practitioners
    • Research not only on the hazard component of risk but also on all the cascade effects that lead to damages
    • Integrated management and perspective strategy for reducing risk of multi-hazards
    • Developing comprehensive disaster risk assessment tools in smart platform.
    • Strengthen transnational corporations among researchers of research institutes which are involved in disaster prevention and risk management
    • Taking better account of the linkages between DRR, adaptation and development: closer investigation of ineffectual policies and governance structures that have the linkages is needed.
    • More integration of disaster research with other fields such as health and disaster.

     

    1. Resilience
    • Promoting a broader understanding of “disaster resilience”: re-conceptualization of disaster resilience as that of “bouncing-forward” or a key to creating virtuous cycle of risk reduction, improved welfare, and sustainability
    • Contribution to population resilience by developing alert systems and designing tools for systemic risks analysis and predictive modeling
    • Activities and methodologies for strengthening community resilience
    • Embracing new theory developments in disaster management that provide contributions to the resilience debate.

     

    1. Redesign of Research Mode
    • co-design or co-production through engagement with stakeholders beyond the science community, and to be transdisciplinary (see below for reference).

     

     

    Bristol University and the Cabot Institute play crucial roles within the UKDC-Resilience (Bristol, Durham, King’s College, and UCL), which is an alliance of the leading UK centres of excellence for disaster risk and resilience research and learning. A collective perspective of the UKDC-Resilience on future disaster science agendas is illustrated below by identifying five key research priorities and three novel mechanisms for better connecting science to policy and society. Contemporary science is called to be increasingly impact-oriented, to embrace co-design or co-production through engagement with stakeholders beyond the science community, and to be transdisciplinary.

     

    • Promoting a broader understanding of “disaster resilience”: re-conceptualization of disaster resilience as that of “bouncing-forward” or a key to creating virtuous cycle of risk reduction, improved welfare, and sustainability (the same one listed in 11. Resilience)

     

    ]]>
    http://i8house3g.com/news/2145/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/3147/ http://i8house3g.com/news/3147/#respond Fri, 06 Mar 2015 07:28:24 +0000 http://i8house3g.com/wp/?post_type=news&p=3147
    開催時間: 14:00-17:00
    事前申込: 開催日1週間前までにからお申し込みください。
    開催場所: 国連大学ウ・タント国際会議場

     

    ]]>
    http://i8house3g.com/news/3147/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/3461/ http://i8house3g.com/news/3461/#respond Thu, 05 Mar 2015 06:35:22 +0000 http://i8house3g.com/wp/?post_type=news&p=3461 bet9882015.3.7 10時~12時に、高槻市役所 総合センターにて、地震学× 減災学 対話2014-15 を開催します。

    高校生以上、定員40名、参加費無料です。

    事前申込、詳細は 

     

    クリップボード01

    ]]>
    http://i8house3g.com/news/3461/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/3716/ http://i8house3g.com/news/3716/#respond Mon, 02 Mar 2015 07:25:01 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=3716
    開催時間: 14:00-17:00
    事前申込: 開催日1週間前までにからお申し込みください。
    開催場所: 宇治おうばくプラザ きはだホール

     

    ]]>
    http://i8house3g.com/news/3716/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/3485/ http://i8house3g.com/news/3485/#respond Sat, 21 Feb 2015 07:38:53 +0000 http://i8house3g.com/wp/?post_type=news&p=3485 日 時:2015 年2 月27 日(金) 15:00~18:00
    場 所:防災研究所・連携研究棟3階大セミナー室

    詳細は、こちら

    ]]>
    http://i8house3g.com/news/3485/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/3467/ http://i8house3g.com/news/3467/#respond Sat, 21 Feb 2015 06:39:52 +0000 http://i8house3g.com/wp/?post_type=news&p=3467 bet9882015.3.5 13:00-17:00 防災研究所 連携研究棟 3階大会議室にて、防災研究所の重点研究課題として「西日本大震災」,「極端気象」,「国際防災実践」の3課題を取り上げ,重点課題ワークショップを積み重ねているところです.今年はこの重点課題のうち「国際防災実践・国際連携」に関連するワークショップを開催致します.

     

    ]]>
    http://i8house3g.com/news/3467/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/3171/ http://i8house3g.com/news/3171/#respond Thu, 19 Feb 2015 07:57:38 +0000 http://i8house3g.com/wp/?post_type=news&p=3171 開催日時: 2015年3月11日(水)-12日(木)

    bet988開催場所: ( http://www.onc.osaka-u.i8house3g.com/index.php)

    目的:

    2011年3月11日の東日本大震災では,大規模な津波によって工業地帯の油貯蔵施設から大量の油が流出し,気仙沼市街地は全焼した.今後,東海・東南海・南海連動型地震とそれに伴う津波の発生が予測され,東京湾,伊勢湾,大阪湾では大規模工業地帯への災害とそれに伴う有害物質の流出が懸念されている. このような大規模な地震・津波ばかりでなくハリケーンまたは台風による大規模工業地帯への災害とそれに伴う有害物質の流出のリスク評価を行い,その減災対策を取ることは緊急の課題となっている.このシンポジウムは,これらに関係する多方面の研究者,行政,企業を横断的に結び付け,世界の沿岸の安全を前進させることを目標としている.

    ]]>
    http://i8house3g.com/news/3171/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/1115/ http://i8house3g.com/news/1115/#respond Tue, 03 Feb 2015 02:14:16 +0000 http://i8house3g.com/wp/?post_type=news&p=1115 対象:主として大学院生(誰でも参加可能)

    波形相関を用いた震源過程解析
    講師:本多 亮 主任研究員(非常勤講師:神奈川県温泉地学研究所)
    宇治キャンパス 研究本館 S-207D

    ]]>
    http://i8house3g.com/news/1115/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/3483/ http://i8house3g.com/news/3483/#respond Mon, 02 Feb 2015 07:36:28 +0000 http://i8house3g.com/wp/?post_type=news&p=3483 bet9882015年 3月2日(月) 10:20 ~ 3月3日(火) 17:40 に、東京大学武田先端知ビルにて、平成26年度「災害の軽減に貢献するための地震火山観測研究計画」成果報告シンポジウム を開催します。

    プログラム、詳細は、

    ]]>
    http://i8house3g.com/news/3483/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/1079/ http://i8house3g.com/news/1079/#respond Mon, 02 Feb 2015 05:06:44 +0000 http://i8house3g.com/wp/?post_type=news&p=1079 2015.2.7 13:00-17:00

    クリップボード01


    入場無料(事前申込みは、定員180名)
    AP東京 八重洲通り 13F
    ]]>
    http://i8house3g.com/news/1079/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/3560/ http://i8house3g.com/news/3560/#respond Thu, 22 Jan 2015 00:25:07 +0000 http://i8house3g.com/wp/?post_type=news&p=3560 bet988平成26年度 京都大学防災研究所研究発表講演会を以下の要領で開催します。

    公式サイトは、http://i8house3g.com/web_j/hapyo/15/h26-hapyo.html

    日時:2015年2月23日~24日(入場無料)
    場所:京都大学 宇治キャンパス
    (受付:宇治おうばくプラザ きはだホール入口付近)

    ※2.23 9:30 ~ 14:00 Ustream 配信します。配信サイトは

     

    ]]>
    http://i8house3g.com/news/3560/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/3558/ http://i8house3g.com/news/3558/#respond Thu, 22 Jan 2015 00:20:27 +0000 http://i8house3g.com/wp/?post_type=news&p=3558 2015.2.24 13:00-17:00 、全国町村会館ホール(東京都千代田区永田町1-11-35)にて、都市の脆弱性が引き起こす激甚災害の軽減化プロジェクト 「都市災害における災害対応能力の向上方策に関する調査・研究」第3回成果発表会 を開催します。

    入場料・資料代は無料 ※事前登録が必要です
    bet988 (事前申込みはを参照、定員130名)

    ]]>
    http://i8house3g.com/news/3558/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/3130/ http://i8house3g.com/news/3130/#respond Thu, 15 Jan 2015 07:10:17 +0000 http://i8house3g.com/wp/?post_type=news&p=3130 開催日時: 平成27年4月27日(月) 10:30~12:30(受付開始:10:05~)
    会  場: 京都大学東京オフィス品川インターシティA棟27階 JR・京浜急行 品川駅より徒歩5分
    参 加 費: 無料
     
    【開催趣旨】
     京都大学防災研究所は寄附研究を積極的に受け入れ、研究成果の社会還元を進めています。平成22年5月からは寄附研究部門防災公共政策(国土技術研究センター)研究分野を設立し,5年間研究活動を行いました。本研究会ではこの成果を振り返り、さらに同研究所での共同研究制度との比較や行政・民間の成果利用者との意見交換を通じ、防災研究所での寄附研究部門設立の意義を互いに確認することを目的とします。

    ]]>
    http://i8house3g.com/news/3130/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/3563/ http://i8house3g.com/news/3563/#respond Sat, 10 Jan 2015 00:36:07 +0000 http://i8house3g.com/wp/?post_type=news&p=3563 2015.2.12、宇治キャンパス 研究本館 S-207Dにて、本多 亮 主任研究員(非常勤講師:神奈川県温泉地学研究所)による講義 「波形相関を用いた震源過程解析 」 を行います。
    ※対象:主として大学院生(誰でも参加可能)
    詳細はこちら
    ]]>
    http://i8house3g.com/news/3563/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/6055/ http://i8house3g.com/news/6055/#respond Sat, 21 Jun 2014 07:15:51 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=6055 日時: 2014年6月27日(金)14:00~16:00
    bet988 会場: 京都大学防災研究所 大会議室 (本館S棟5階S-519D)

     
    詳しくはこちらをご覧ください。

     
    講師: 五十嵐 晃 教授(京都大学防災研究所 附属流域災害研究センター 都市耐水研究領域)
    演題: 橋梁用免震支承の課題-経年劣化問題を中心に

     
    要旨:
     構造物に対する地震作用の影響への対策として、免震支承とりわけゴム系の支承の利用が広く行われている。橋についてもゴム系支承は多数用いられているが、近年その経年劣化の問題が明らかとなりつつある。橋梁特有のゴム支承劣化の背景と、実験的調査、地震時性能への影響、将来的な課題と方向性等の論点について述べる。
     
    講師:干場 充之 室長(気象庁 気象研究所 地震津波研究部 第三研究室)
    演題:データ同化・リアルタイムShake-map・波動伝播シミュレーション  -次世代の緊急地震速報を目指した研究-
     
    要旨:
     緊急地震速報は地震減災に貢献する新しい情報として、2007 年に本格的な運用を開始した。当初から、「拡がっていく震源域への対応」や「地震が複数連発した場合」などの弱点が指摘されていたが、2011 年東北地方太平洋沖地震では、その弱点が顕著となった。これらの弱点を克服すること、かつ、今以上の迅速性と精度向上を目指して、新しい考え方で地震動を即時予測する手法を考察してきた。地震動が伝播していく様子を捉え、それの情報から未来の状態を予測する。具体的には、データ同化、リアルタイムShake-map、波動伝播のシミュレーション、を用いることで、震源やマグニチュードを決めることなく、地震動を即時的に予測する考え方である。

    ]]>
    http://i8house3g.com/news/6055/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/6021/ http://i8house3g.com/news/6021/#respond Thu, 01 May 2014 07:28:57 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=6021 2014年5月8日に「社会システム計画論」 を開催します。
     

    対象: 主として京都大学工学部地球工学科3回生

    講師: 松田曜子 准教授(非常勤講師:関西学院大学災害復興制度研究所)
    場所: 吉田キャンパス 総合研究4号館 共通1講義室

    ]]>
    http://i8house3g.com/news/6021/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/6019/ http://i8house3g.com/news/6019/#respond Thu, 17 Apr 2014 06:59:09 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=6019 研究会「寄附研究成果の実社会への利用に向けて2」 を開催します。

    bet988日時: 2014年4月24日(木) 13:30~17:30

    場所: 京都大学東京オフィス 品川インターシティA棟27階

     

    【開催趣旨】

    bet988京都大学防災研究所は寄附研究を積極的に受け入れ、研究成果の社会還元を進めています。寄附研究部門として、平成22年4月から防災公共政策(国土技術研究センター)研究分野が,平成25年10月から新たに気象水文リスク情報(日本気象協会)研究分野が研究活動を行っています。本研究会では昨年度に引き続き、寄附研究部門の研究成果や今後の研究の方向性を紹介し、行政・民間の利用者との意見交換を通じた研究ニーズの把握により、より実践的な研究成果へと発展させるためのステップとすることを目的とします。

    参加料: 無料

    要参加申込(詳細はこちら)

    【プログラム】
    13:30~13:40  開会・主催者挨拶  京都大学防災研究所所長大志万直人教授
    13:40~15:10  セッション1 気象水文リスク情報の高度化とその利用について  井上実特定准教授/山口弘誠特定助教/本間基寛特定助教
    15:10~15:30  休憩
    15:30~16:50  セッション2 防災公共政策研究分野の研究成果と今後  吉谷純一特定教授/清水美香特定助教
    16:50~17:20  総合討論寄附研究部門に期待すること  中北英一教授/多々納裕一教授
    17:20  閉会
    17:45  交流会

     

    ]]>
    http://i8house3g.com/news/6019/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/6009/ http://i8house3g.com/news/6009/#respond Mon, 07 Apr 2014 06:09:29 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=6009
    2014年4月14日に所内特別講演会を開催いたします。詳細は下記の通りです。
    講演タイトル: ”Urbanization and the Shifting Economic of Disasters”
    講   演   者: Allen L. Clark博士(East-West Center)

     

    ]]>
    http://i8house3g.com/news/6009/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/1834/ http://i8house3g.com/news/1834/#respond Fri, 04 Apr 2014 06:57:04 +0000 http://i8house3g.com/wp/?post_type=news&p=1834 2014年4月15日に、 防災公共政策ブラウンバッグセミナー ”Governance of Disasters” (講演者:Allen L. Clark博士)を開催します。 要事前参加申込です。

    ]]>
    http://i8house3g.com/news/1834/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/1867/ http://i8house3g.com/news/1867/#respond Tue, 11 Mar 2014 08:01:34 +0000 http://i8house3g.com/wp/?post_type=news&p=1867 2014.7.5    10:00-16:00

    阿武山観測所 耐震改修前の最終見学会 事前申込受付中

     

     

    ]]>
    http://i8house3g.com/news/1867/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/2458/ http://i8house3g.com/news/2458/#respond Wed, 05 Feb 2014 04:34:41 +0000 http://i8house3g.com/wp/?post_type=news&p=2458  2014年2月22日(土)に国際シンポジウム「安全と安心のあいだ」(主催:東北大学グローバル安全学トップリーダー育成プログラム)が開催予定で、川崎一朗 京都大学名誉教授が「災害社会:本当に強い社会とは」で講演します。

     

    ※入場無料、事前登録不要、同時通訳有り。

     

    ]]>
    http://i8house3g.com/news/2458/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/2476/ http://i8house3g.com/news/2476/#respond Tue, 14 Jan 2014 05:31:07 +0000 http://i8house3g.com/wp/?post_type=news&p=2476 参加者募集中【参加費無料 事前登録をお願いします】

    ]]>
    http://i8house3g.com/news/2476/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/2515/ http://i8house3g.com/news/2515/#respond Wed, 27 Nov 2013 06:32:08 +0000 http://i8house3g.com/wp/?post_type=news&p=2515  学校における防災教育の重要性が高まる中、対応・行動を学ぶ防災教育や、地震そのものを学ぶ教育が現在広く行われています。ところが、アプローチを誤ると単純に「怖い」といった閉塞感や、漫然とした「軽視」を感じ、教育効果を見込めない可能性があります。本イベントでは体験を通じた気軽なアプローチに着目し、その効果と課題を参加者間で議論します。

     

    模擬実験の参加申込の詳細は ↑ をクリック

    (※ 配布自由です)

    bet988(主催:京都大学防災研究所,後援:関西地震観測研究協議会)

     

    対象: 地震防災教育に携わる方(市民,教職員,自治体関係者),興味のある方,楽しいことが好きな方

    模擬実験: 「大科学実験!子どもたちで校舎を揺らす事ができるのか?!」

    (事前申込制,無料)

    関西地震観測研究協議会(地震防災教育WG)監修の模擬実験を見学頂きます。

    • スケジュール
      • 10:30 – 11:00 模擬実験の紹介
      • 11:00 – 12:00 吉野小学校生徒による模擬実験の見学(参加も可能です)

     

    ディスカッション

    「体験は地震防災教育を身近に感じるアプローチとなるのか」

    会場:大阪市福島区民センター 301会議室

    (事前申込不要,無料)

    bet988(13時受付開始)13時30分開始 15時00分終了(予定)

    ]]>
    http://i8house3g.com/news/2515/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/5224/ http://i8house3g.com/news/5224/#respond Mon, 22 Oct 2012 04:47:16 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=5224
    ※午前の実践授業の見学参加(最大30名)の方は、事前申し込みが必須です。

     

    午後は当日申込可能で直接会場までお越しください(約100名まで)

     

    申込方法、その他詳細については、

     

    午前:申込後、指定場所集合 

     

    午後:キャンパスプラザ4F第2講義室
    ]]>
    http://i8house3g.com/news/5224/feed/ 0
    bet988-Disaster Prevention Research Institute, Kyoto University http://i8house3g.com/news/5228/ http://i8house3g.com/news/5228/#respond Tue, 16 Oct 2012 04:51:50 +0000 http://i8house3g.com/?post_type=news&p=5228
     
    主催:地球温暖化観測推進事務局/環境省・気象庁
     
    bet988 ※事前参加登録が必要です 詳細は

     

    ]]>
    http://i8house3g.com/news/5228/feed/ 0